頭の中で勝手に未知の音楽が作曲されていく現象

副交感神経マックスで本当にリラックスしているとき、静かな夜中に目をつむると、頭の中に自分の全く知らない音楽が流れてくることがある。しかもジャンルや演奏形態、楽器編成などは毎回全く異なっていて、これが完璧な音楽の構成を持って僕の頭の中を巡るのだけれど、この現象は一体なんなんだろう?

これは自分だけ?

なんでこんなことを記事にしたかっていうと、理由はこれだけ。「他の人にもこの現象は起きているの?」っていうこと。

僕の場合、

  • 本当に完全に知らないメロディ、フレーズ、和声進行、イントロから間奏までが全てオリジナル
  • 先のメロディを想像してるとかも全くなく、なにも考えていなくても完成された音楽がリアルタイムで流れてくる
  • 曲の構成、パート数、ジャンル、楽器編成などは毎回違っていて、とてもじゃないけど全てをどこかで聞いたことがあるとは思えない
  • むちゃくちゃじゃない、本当にありそうな音楽である

ってな感じで、自分でも信じられない現象だと思っている。

時にはオルゴールだけのメロディだったり、ハープとフルートの情緒豊かなアンサンブルだったり、、
本当に驚きます。

ただ、楽器の構成やら全体のまとまりやらを見ても、自分の趣味にすごくマッチしたものがよく現れている点になにか意味があると思う。ひょっとしてこれは願望なんですかね?こういう音楽があってほしいな、という。それを、今までの自分の経験と合わせて脳が自動で作曲しているんじゃないかと考えた。なんとなくこの辺が結論な気がする。

よく眠りの前後だから夢であるとか、そもそも錯覚だとか、もしくはどこかで聞いたことがあるからっていう意見が多く言われるようなのだけど、僕の場合どれでもないと断言できる。

この現象が起きているときは、たしかに意識がはっきりしていて他の考え事もできるくらいだし、そのとき思い浮かんだメロディを頭の中で譜面に起こすこともできるくらい鮮明である。流れてからすぐなら同じメロディを辿って自分でも歌えるし、到底気のせいとか錯覚系の話とは思えない。

まとめ

譜面としても追える状態ではあるのでどうにかして再現をしてみたいんだけれど、メロディくらいは譜面に起こせても残りのパート全部もってなると量的に無理だし、さすがに同じ部分を何度も頭の中で再生はできないので、やっぱり非現実的である。
脳から直接録音はできないしなあ…。

ということで、みなさんはどうでしょう?似たような事例はいくつかネットでも見つけられましたが、当然ながらここまで長ったらしく書いているものは見当たらなかったで、ぜひ他の人の話も聞いてみたい。

思い当たる節がある方は、よろしければツイートとかして周りの人にも共有してみてほしいです!

それでは!

 

4 件のコメント

  • 先日、この現象になりまして静寂時の耳鳴りについてはたくさんの記事をみつけたのですが、なぞの曲が流れてくることについては、なかなか見つからなくて…。
    milkさんのブログみて、他にもその現象を感じた人がいるんだ!って嬉しくなりました。
    私も耳から流れる曲は色々その日によって流れますが、”聞いたことありそうで知らない曲”という感じがします。自分が聴いたことのあるジャンル同士を混ぜてるような気もします。(ロックっぽい曲の中でホルンの和声が聞こえたりする)
    不思議ですが、聞こえてくる曲は好きなので面白かったりもします。

    • コメントありがとうございます。
      たしかに、意外にもこのタイプの記事はあんまりみつからないですよね。
      やっぱりその人の潜在的なものが流れてきてるのかなあと最近は思っています。
      それでも、自分が考えたこともない構成の音楽が流れてくると興味深いですね。

  • はじめまして。
    私もこの現象起こります!
    知らない曲だけど本当にありがそうな感じなんですよね〜

    • コメントありがとうございます~
      ちなみに、それはメロディラインだけではなくてしっかりとした合奏体形になっているものですか??
      僕はクラシックやロックやポップス、なんでもあるんですよ笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。