ケルト音楽を懐かしく感じるのはなぜなのか?

民族音楽、こと北欧の音楽が狂おしく愛おしい。「北欧」と一括りにしてしまうのは忌避されることもあるようなので、今回は一応「ケルト音楽」に焦点を当てるということで話をしてみたい。

一応大ざっぱに付記しておくと、アイリッシュ音楽とかっていうアイルランド系の言葉をより広義に含んでいるのが「ケルト音楽」っていう言葉のようですね。

あの生まれる前から知っている音楽のような懐かしい感じ、自分の身体にはケルト人の血が流れているのでは!?とか前世は北欧の人なのでは!?っていう感覚の正体はいったい何なんだろうか。色々自分の思っていることを話すがてら、たくさんの人の考えも聞いてみたいです。


この懐かしさの正体はなんなのか?

陽気で明るいけれども、独特の雰囲気を漂わせる、郷愁を覚えるあの感覚はどこからやってくるのだろう?

見たこともない風景のはずなのに、音楽を聴くとそれに合わせた情景が鮮明に思い浮かんできて、よく映画とかにある「自分の故郷(くに)へ帰りたい」みたいな気持ちに押しつぶされそうになる。

知らない生活と文化に思いを馳せて、でもなぜかそれが自分のスタンダードで自然な暮らしな気がして愛おしくなる。

例えば、こんなの。↓

あとは、こういうわちゃわちゃした楽しい酒場?みたいな雰囲気もたまんないよね!↓

実は、モンハンの集会所なんかはこのイメージを大切にしている。↓

僕はあまりにも北欧というものに恋い焦がれてしまって、学生の時にいきなり思い立ってフィンランドへ1週間くらい旅行へ行ったことがある。

目の前一面に広がる湖や木々の中で、日本とは匂いも味も違う空気をたくさん吸い込む。しあわせな時間だった。

また、いくつかピックアップしておいた「北欧に行ったらこの曲を聴くぞ」というものを実際に聴きながらその大自然の中に身を置いたときは、なんていうか、生まれてきてよかったって思った。月並みだけれど他にうまい言葉が見当たらない。生を実感したような気分だった。

結局それは「旅行」っていう非日常的なものとして僕の頭では処理されてしまったせいで、残念ながら今までたくさん感じていた郷愁感を味わい尽くせるものにはならなかったのよね。というか旅行としてなんとかこの記憶を刻みつけなきゃ!みたいな義務感みたいなものすらあった気がして、こういうときは自分の理屈臭い頭をぶっ飛ばしたくなる。

将来的には、何度も何度もこういう場所へ訪問して、本当に自然にそこに居られるような感覚を楽しみたい。人生の夢である。

こういうの聞いたら、壮大な冒険とかしたくなんない?笑

音楽的特徴から考察してみる

ぶっ飛ばしたくなる理屈頭であるが、そのおかげか「物事に対する理屈の通った納得できる理由が見つかるとすごく嬉しい」ので、今回も音楽的特徴からその秘密を探っていってみたい。

音階

音階とは音の並びのことだけれど、これの並び方によって音楽の「雰囲気」が変わってくる。日本の伝統的な「四七抜き」とか朝鮮民謡の「アリラン」とかって言えばイメージが湧くだろうか。

伝統的な音階

ケルトの伝統的な音階も実は5音階で、なんとこれは日本の四七抜きと同じである。四七抜きとは四番目(F)と七番目(B)の音を抜いた音階のことで、要はドレミソラになるのである。

まずひとつ、なんだか懐かしさを感じる理由がここにありそうですね。

ただ、僕らがよく耳にするケルト音楽もこのドレミソラしか使っていないかというと今はそうでもないらしい。その辺もふまえて次の項を読んでほしいです。

旋法

旋法っていうのもまあ音階と同じような言葉だと思っていただいてとりあえずいいと思います。もうちょっと言うと、「ある音を基準としたときのそれとの相対的な音階」みたいな感じで、ある種の旋律として成り立っている。基準とする根音からの調、みたいに思っておくと理解しやすいかも。

ただし、今回はピアノでいう白鍵しか使わない音階になる。そして、概ねケルト音楽の基準となる音はD。つまりDから白鍵だけを辿っていく D E F G A B C D という音階になる。これをドリア旋法と呼んでいて、特にDから始まるものをDドリアなんて呼んだりすることもある。

ちなみにこんな音階。それっぽい楽器で。↓

こうやって聞くと、あの明るい音楽に隠れている物憂げな感じがただの音階の中にたしかに出ているでしょう?音階って音楽の雰囲気を決定付けるいかに大切な要素かがよく分かるよね。

ただし構成音自体はC durやA molと同じなので、B→Cみたいな解決をやってしまうと明らかなハ長調の音楽になってしまったりするゆえ、この音階だから必ずしもケルト音楽っぽくなるという訳ではない点に留意する。

で、僕はこの音の並びの時点で既に懐かしさというか儚さみたいなものを感じるんだけど、みなさんはどうだろうか?

もしそうだとするなら、この音階が持つ雰囲気そのものがもうそういうものってことなのかもしれない。

…ってするとこの記事が終わってしまうのでもう少ししゃべらせてください(無計画

拍子、リズム

これは懐かしさの原因探りというより単に僕の好みと考えから話す話なのだけれども。

三拍子

まず、ケルト音楽に限らず民謡は三拍子のものが多い。三拍子はワルツからも分かるように舞踏の音楽なので、民謡を演奏するような機会→踊る→三拍子がやりやすいという図式が成り立ちやすい、のではと僕は昔から思っている。

中でもケルト音楽では6/8拍子の音楽がかなり多い。理屈では同じ三拍子なんだけど、3/4とはやっぱり全く違うものである。この「拍子が約分できる関係にあるときのお互いの“違い”」っていう話は長くなるから割愛するけれども、とにかく「忙しくてせわしない感じは6/8拍子の方がより表現しやすい」ということが今は大切。基準となるビートが短くなるのでノリが軽くなる、っていうのが重要なポイントである。

それこそ酒場のわちゃわちゃした感じとか賑やかな踊りの音楽にはもってこいなのだ。

タップダンスなんかの動きが細やかで素早い音楽にも非常にあっている。みなさんもよく知っている例を挙げるなら間違いなくこれでしょう。リバーダンス。

もう僕はリバーダンス大好きなのだ!特に前半のボーイ・ソプラノのような雰囲気がたまらなく好き。エンヤとか知っている方は近しいものを感じるのでは。ちなみに吹奏楽アレンジだとここはフルートなんだけど、さらにたまらない。

6/8の例として挙げるにはちょっと変拍子すぎたかなw

しかしリズムや構成としては非常に良い例である。同じフレーズの繰り返しや打楽器を根底としたリズムの展開などはケルト音楽の雰囲気づくりとして完璧である。素晴らしい!

でももちろん、三拍子じゃなくて四拍子のものも多い。今のところこの記事に貼ってある楽曲もリバーダンス以外全て四拍子だし。

構成

それとさっきもちょろっと言ったけど、ケルト音楽の特徴として「同じフレーズを何度も繰り返す」っていうパターンも非常に多い。これは、「踊っているときに演奏を途絶えさせないためと同時に、いつでも今の演奏をすぐに終わらせられるため」だと僕なりに考えている。

盛り上がっていって盛り上がっていって…はい、ここで終わり!っていうような踊り方をすることが多い文化というか音楽なので、いつでもタイミングよく終われる状態が望ましいのかなと思っているんだけど合ってるかなあ。

あとは単にすぐに次の曲へ移れるため、とかなんじゃないかなとも思っている。

事実僕が持っているケルト音楽系の楽曲のノリがいい系は、どれもいきなりスパッと曲が終わる。まさに映画とかで流れそうなイメージだ。

楽器

最後はここ、ケルト音楽で主に使われる楽器について。これはけっこうイメージがつく人が多いのかな?

ティンホイッスル、アイリッシュフルート、アイリッシュハープ、フィドル(バイオリン)、マンドリンなどなど。バグパイプもそうだね。あと忘れちゃいけない、民族音楽において重要な要素となる打楽器群。

これらの楽器にも実は秘密が隠されていて、例えばティンホイッスルやアイリッシュフルートなんかは基本的な指使いで吹くとDメジャーになるようになっている。つまりD管なんですな。

でも僕がティンホイッスルを買ったときは「指使いの種類がそんなにないから、基本的には吹く曲の調によって楽器も移調させてね」ということで、ほぼ全調のティンホイッスルが売っていた。僕が買ったのはEs管(Eの♭)。これで演奏できる曲が多かったので。音域もそんなに広くはない(息をめちゃめちゃ入れるとオクターブ上がるけどかなり苦しいw)。

ちなみに持っているのはこれ。

ティンホイッスル

一応参考までにどぞ↓。僕は知り合いから楽器屋さんに卸してもらったけど。

これら笛の音が聞こえると一気に北欧を感じさせる音楽になるよね。よくよく思い返してみると、「ああ~いい曲だなあ~」って思うときはだいたい笛の音が鳴っていて、僕はたぶん笛の音色が自分でも信じられないくらい好きなんだろうなと思った。

ティンホイッスルだと分かりやすいのはタイタニックとかだろうか。これはいいところを全部ソプラノサックスかな?が持って行ってて、う~んって感じだけど。↓

篠笛とかと一緒で、同じ音の区切りはタンギングではなく指打ちという方法を使うことが多くて、このときにちょっとだけ聞こえる別の音程がいい“味”を出すのである。譜面上、装飾音符なんかが多いのもこうした奏法の特性から来ていると言えると思う。ケルトっぽさが如実に現れるよね。

さっきのリバーダンスなんかはほんとに良い例で、この辺の楽器や奏法はだいたい全部使われている。もちろん打楽器も込みで。

まとめ

まあ始める前から分かってはいたんだけれど、当然のことながらそれらしい理由なんか見つかりもしなかった。強いて言うならドリア旋法をそれっぽい音で聞いただけで「例の感じ」がしたので、やっぱりあの音づかいがそう感じされるのかなと思います。

実は個人的には、「なんでこんなに懐かしい感じがするのか」っていうより、単に「なんでこんなに好きだと思うのか」の方が謎だった。

でもこの記事を書くときに色々聞いたりしていたら、「曲が流れた瞬間からそれを感じる」ので、ケルト音楽に使われる楽器群がすごく好きなんだろうなと思った。あとは和音とかだろうか。

とにかく、好きだったケルト音楽のことについてあれこれ書けたので自分としてもスッキリしたところが大きい。冒頭でも言ったけど、みなさんが考えていることも聞けたらいいなあなんて思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!それでは!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。