まな板が滑らないようにする工夫

まな板が滑らないようにする工夫


まな板をサッと出してパッと切りたいときに、滑らないように濡らしたタオルや布巾をいちいち敷くのって、イマイチめんどくさい。「ちょっとだしいいや」と思って切り始めて、やっぱりうまくいかなくて「最初から敷いとけばよかった」とかっていう風になってさらにストレスを生んだりする。第一スマートじゃない。料理は見た目だって大切だ!

そんなわけで、僕がやっている方法をご紹介。大したもんじゃないけど。

買ったもの

この滑り止めを使っている。

色は、まな板の木の色に一番近いかと思って黄色にした。いつもだったら黒とかにするんだけど、料理に使うものだからなんとなく嫌だったってのと、黒だけAmazonプライム対象外だったからというのも理由。とか思ってたらあとでこんなのを見つけた。

そんで、これを四隅に貼る。こんな感じ。

まな板 滑り止め 使用例

これだけでいい。もちろん水にも強いので洗っても大丈夫だし、滑り止めの効果は抜群です。
うちの場合、まな板が滑るっていうよりシンク台が微妙に真っ平らではなかったのが原因のようなんだけれど、それも見事一発で解決。もともと檜板って滑りにくいはずだしね。事実他の平らなところではほとんと滑らなかった。

当然まな板両面使いしている方にはおすすめできない…と思いきや、単に両面に貼ればいいだけ!!(当然
ちょっと見た目は悪くなるけどね。ご覧いただければ分かるとおり、僕の場合はよくある肉・魚用と野菜用みたいな感じで分かれているやつなんだけど、こっち側は使っていなかったので表は貫禄ある檜の面しか見えていないというわけ。

貼るだけ簡単、お試しあれ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。