世界が変わる!!超おすすめ高級イヤホン「ER-4PT」で新しい音楽を

あなたはイヤホンにどこまでお金を出したことがあるでしょうか。もしスマートフォンに付属しているイヤホンしか使ったことがないとか、せいぜい1万円くらいまでのものしか買ったことがないなんていうことがあったら、あなたは人生の8割は損していると僕は思う。

今まで何度も聴いてきたお気に入りの音楽も、この「ER-4PT」で聴くことによって全く聞こえなかった美しい音がたくさん溢れだし、あなたの耳に極上の幸せを与えるでしょう。「イヤホンにお金を出すなんて」というあなたにこそお届けしたい、新しい幸せを伝えるこのページ。


そもそも高いイヤホンはいい音がするの?

イヤホンに限らずオーディオ全般に全く興味がなかった人からすればまずはここが疑問になっていると思う。

結論から言う。劇的に変わる

分かりやすいところで言うと、まずは価格が1万をちょっと越えるくらいのものを使ってみると差がよく分かると思う。ポイントとしては、定価が1万以内に収まっているものとそうでないもの(目安12,000くらい)ではかなり違う印象がある。まあ実際には「ER-4PT」を買った方がいいのでこの辺のものは買わなくていいけれど。

その辺のクソみたいなイヤホンで音楽を聴いている人間があまりにも多すぎて僕はげんなりしている。だからスマートフォンにイヤホンを最初に付属させたやつを僕は許したくない。

だって普段聴いている音楽のうち聞こえているのは何割かしかない上にバランスも音場も解像度も悪いなんて、もったいない以外の言葉が見つからなくないですか?

とまあ愚痴はこれくらいにしまして、今回は「これくらいの価格帯ならこれだけランクが違うよ」みたいなよく見る図の紹介なんかはなしにする。たくさんの高級イヤホンを使い分けるようなオーディオオタクでもない限り、「ER-4PT」1本を買えば全てが円満に解決するからだ。

僕もこれより高いイヤホンは持っているけれど、正直ほとんど使っていない。これのバランスが良すぎるからだ。

※購入先としてはサウンドハウスなども非常におすすめなので、こういったAmazonなどと値段を比べてみて検討しましょう。Amazon/楽天はそもそも商品の有無から値段までかなり変動幅が大きいので常にチェックを推奨。

「ER-4PT」ってどんなイヤホン?

さてさてじゃあその「ER-4PT」ってなんなのよ、という話に入っていく。一応再度申し上げておきますが、この記事の対象は「ほとんどイヤホン、もしくはオーディオになんて興味も知識もない」っていう方達です。イヤホンの紹介をする以上、多少細かい話も入ってくるかと思いますがご了承願いつかまつる!

ダイナミック型とBA(バランスドアーマチュア)型

超簡単に言う。中に入っている音を出す「ドライバー」というものの違いと思ってもらえればいい。詳しく知りたい人は調べればいくらでも出てくるのでどうぞ。

ダイナミック型はドーンと迫力があるが繊細さは劣る

BA(バランスドアーマチュア)型は鮮明さと解像度(音のくっきり度)は素晴らしいが低音など迫力は控えめ

もちろん一長一短であって、どちらの方がいいということはないけれど、1つ言うなら高級イヤホンにはBA型が多い。もともとコストがかかりやすいっていう点を除いても、BA型のデメリットを補うためにドライバーをいくつも搭載しているモデルなんかがある。当然高くなるよね。

今回紹介する「ER-4PT」もBA型。なにより世界でもピカイチなくらいの解像度と忠実な再現度がウリのイヤホンなのでもちろんである。プロのレコーディング現場やアーティストがライブ中に使うイヤモニ(ググってね)にも多数利用されている。それくらいこのイヤホンの鮮明さは認められているものがあるということ。

「低音弱いのかー。じゃあいらんな。」と思ったそこのあなた。甘い。

実は「ER-4S」っていう型違いの商品があるのだけれど、世界中で大ヒットした名器は実はこっちの「ER-4S」。これはとにかく解像度にステータスを全振りしたイヤホンなんだよね。でもその代償として「低音の迫力はかなり乏しい」、「インピーダンスがとにかく高い(音量が小さいってことだと思ってください)」せいで日常には向かなかった。

っていう背景の元iPhoneやポータブルプレイヤーでそのまま使うことを目的として生まれたのが実はこの「ER-4PT」なのである。解像度をほとんど損なわずに見事に迫力と低音を補った上でなんと音量も充分に取れるようになっている。なんといっても、サブウーファーで増強したような安っぽい低音じゃなくてあくまでも自然なバランス感で全体をまとめているのは本当に見事。

しかもなんとER-4PTを買うとこのER-4Sの音が聞けるようになる「S化ケーブル」というものが付属してくるのである。ちなみに10cmくらいのこのケーブルだけで4000円くらいする。(上の図だと左上の袋に入っているやつ)

er4pt付属品

S化ケーブル

聞こえ方

これはもう言葉だけ、しかも文字だけとなると伝えきれないというレベルじゃないんだけれど、とにかく初めて聴いたときはまさに“唖然と”するでしょう。しばらく動けなくなると思う。

今までりんごイヤホンとかしか使ったことない人からすると、「音」というものにここまで差があるということ自体が知らない世界だと思うので、まさに蛙が海を見るようなことになるでしょう。

すべての楽器がぶつかり合うことなく聞こえてきて、どれもこれもが素晴らしいバランスとブレンド感で混ざり合います。極めつきは音量を上げてもうるさくない上に特定の楽器、音が聞こえなくなることがないということ。音量というのは大きすぎるとなにがなんだか分からなくなるものなのだけど、これはそれがない。

なにより音が明るく、高域はきらきらとしながらも耳に刺さらず高い解像度で聞こえてくるのに、しっかりと土台を造り上げる低音感もはずせないポイント。

あと言っておきたいのは、「おれは低音ブンブン鳴らすのが好きなんだぜ」って人ほど一回騙されたと思って聞いてみてほしい。ブンブンの君も、きっとノリノリのダンスミュージックだけじゃなくてロックやJ POP、きっとバラードだって聞くだろう。そんなとき、こいつのことを思い出して欲しい。きっと「ああ、生まれてきてよかった…」って思うだろう(大げさじゃなくて今でも僕はこのイヤホンをするとこう思う)。

普段使っている僕の感想

たぐいまれな遮音性能

あえて説明していなかったんだけどまず先に言っておきたいのは、その特殊なイヤホン形状に慣れるまでにちょっと時間がかかる。3分くらい。要はすぐw

この密閉度の高い構造のおかげで、かつて誰も経験したことのないだろう遮音性を体験できる。耳栓とかしたことある人は、あれの比じゃないくらいなにもまわりの音が聞こえなくなると思ってもらって構わない。本機を使用中、目をつぶってホームで電車を待っているときに気付かずに乗り過ごしたこと数知れず。目の前で特急が通り過ぎてもなにも聞こえない。だから道を歩くときはかなり周りに注意を配るクセがついた。何度も車に殺されそうになっているので。考えられる唯一のデメリットかもねw

しかもなにが面白いって、サウンドハウスの商品説明に

・外部ノイズの低減は、危険な音量でのリスニングによるリスクを軽減します。

ってある。要はこれって「まわりの音がなにも聞こえなくなるから音量が小さくても充分聞けるよ」って言っているんだけれど、なにもリスクは低減されていないから笑えない。

まあ冗談はさておき、この遮音性の異常な高さゆえ他のイヤホンをもう使いたくなくなっている自分がいるんだよね。これくらいのクラスのイヤホンになるともう音質の優劣って一概に付けられなくなってくるので、この特徴にハマってしまうのと他のものが選べなくなる。

極めつきは「イヤホンから音が聞こえている」っていう感覚がゼロであること。なにを言っているかっていうと、「聞こえてくる場所が耳の方ではなくて、頭の中で鳴っているというか、もっと言うと音楽の空間の中に自分がいるような聞こえ方」なのである。

この感じはもう言葉では言い表せないほどの感動で、全身で音楽を浴びているような気持ちになれる。僕の人生の中でもとても大切な時間。

静かな場所ではさらに威力を発揮する

僕はなにか嫌なことがあったときとかに、夜寝る前に部屋を真っ暗にしてイヤホンで音楽を聴く。とっても静かな環境である。同じことをやっている人も多いかな?

いくら遮音性能が著しく高いとはいえ、周りが本当に静かかどうかは大いに影響がある。というわけで、このイヤホンの真骨頂を体感できるのだけれど、もうすごい。聴く度にこのイヤホンの素晴らしさに涙を流しそうになるくらい感動する。笑

細かい聞こえ方を専門的に説明するのは省きます。探せばいくらでもあるだろうし、僕が伝えたいのはそういうことじゃない。第一聴かなきゃ分からないからね。「百聞は一見にしかず」ではなく、「百見は一聞にしかず」である。

端子形状やケーブルなどその他の部分

イヤホンを選ぶ際ここは非常に重要なファクターとなる。長さはどれくらいなのか、Y字型かU字型なのか、端子の形はどうなっているか、ケーブルは絡まりにくいか…etc

これも一応僕なりの意見を交えて解説しておく。

長さ

およそ150cm。平均的な長さであるんだけれど、Y字型であることも合わせてそのまま付けると歩くときに超邪魔。しかもこのイヤホンの性能的なデメリットとして有名な「タッチノイズ」(コードにものがあたると耳にその騒音が聞こえてくる現象)も合わさって最悪なので僕は以下のような付け方を提案する。

付け方

青いのがケータイなりプレイヤーでそこからの赤い線がイヤホン。ポイントは首のところで後ろから一周というか半周というか首に掛けているのである。

こうすることによってタッチノイズはほぼ起こらないし、ちょっとイヤホンを外さなきゃいけないときも外せばそのまま首に掛かる。しかも平均的な身長なら少し首に巻くことによって余分な長さがなくなりケーブルの煩わしさもなくなるおまけつき。

まあ文字だけだと何を言っているかよく分からないと思うので、ご自分でも色々試してみてください。

端子

写真で見て分かるとおり、L字型である。これは普段このイヤホンを差し込む相手がなんなのか、もしくはどこにイヤホンジャックがあるかによって利便性が変わってくる。僕は真っ直ぐ派なので、付け替えた。

以下のような端子部分だけの製品が売っているので、イヤホン屋さん(代表的なのだと秋葉原のe-イヤホン。試聴もたくさんできる)に持って行くと作業してくれる。

ちなみに僕のER-4PTはこんな感じ。

ミニプラグを付け替えたER-4PT

まとめ

とまあそんなわけで、僕の感想とかをメインにお伝えしてみました。とにかくこの世界を知らない人にこの驚きを知って欲しいんです!!その一心でこの記事書きました。ぜひよろしくお願いします。

それとちょっと前でも言ったけど、購入は色んなところを覗いてみることをおすすめします。試聴に行くのももちろん大切ですが、試聴では本物の感動の10分の1も味わえないということをお忘れなく。僕はぜひ買って欲しい。「この感動を1人でも多くの人に知ってもらいたい」という目的以外のなにもないので。

今まで色々なものにお金を払ってきたけれど、これはいい買い物だったと思うランキングでひょっとしたら1位狙えるんじゃないかくらいの勢いで僕は気に入っている。本当にこの気持ちをたくさんの人と共有したいと思っています。

ちなみに、というか実はこの1年以内くらいにER-4SとER-4PTのそれぞれ後継機がリニューアルで発売されている。僕もそのうち買おうと思っているんだけれど、完全に上位互換っていうことはないだろうから(少なくとも少しずつ性質が変わるはず)新しい方を買えば間違いないってこともないだろうと思っている。説明は例によってサウンドハウスの以下のページが詳しい。

http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/217962/

それでは、ぜひぜひ良い音楽ライフを!人生変わりますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。