料理を手軽に味わい深くおいしくする魔法の調味料「ガラスープ」の素晴らしさ

料理を手軽に味わい深くおいしくする魔法の調味料「ガラスープ」の素晴らしさ


今日は疲れたからさっと炒め物だけで済ませたい…。そんなときでも、この調味料をちょっと足すだけで一気に安っぽさを回避できるおいしい料理に早変わり!そんな「ガラスープ」の素晴らしさをご紹介。

ガラスープとは?

別に大したことを紹介する記事じゃないんだけど、僕が普段からお世話になっている調味料の1つなので素晴らしさを書いておきたいって感じ。

世間一般で言われているガラスープの素っていうのは鶏ガラスープのことで、その名の通り鶏とその“がら”(骨のことね)を煮込んだダシと、野菜エキスを粉末にしたもの。

既にダシの味をぎゅっと詰め込んでいるから入れるだけで簡単に味のコクが出るし、深みも増す。こんなにお手軽でハイリターンな調味料は他にないのでは?

どんなときに使える?

一般的にはスープに使ったり、「液体」系の料理に使うことが多いみたいだけれど、僕は炒め物、それこそ野菜炒めとかにだって入れちゃうときもある。単なる塩こしょう味の野菜炒めを食べたくなるときもあるけどね。

炒めているときにさっとふりかけるだけ。入れすぎても「さしすせそ」みたいに味が濃くなりすぎたりっていうことはまずないので、わりと白い粉末がしっかり見えるくらい振りかけていいと思います。炒め物とかなら、野菜がしんなりしてきたくらいにかけるのがベストだと思います。

さっと炒め合わせて召し上がれ!味の違いを感じることでしょう。

おすすめのガラスープ

おすすめのっていうか、逆に僕はこれ以外買ったことはない。

間違いなく家に常備しておくものの1つと言える。切らしていた方もぜひこの機会に。

まとめ

って、普段から料理している方からしたらこんなものは知っていて当然だし、スーパーで買い物するだろうし、需要のないクソみたいな記事になってしまいましたね。いつものことですが。

ひとり暮らししてて、なんとか自炊しているけれどおいしくできない上に作るものも単調でさすがに飽きてきた…くらいの方にはうってつけの情報になれましたかね?

こういうの知ると自炊楽しくなりますから、世のひとり暮らし男性諸氏、明日からぜひお料理を楽しんで。笑

それでは!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。