【Windows】作業効率を激上げするPC便利フリーソフトとかおすすめ24選

おそらく多くの人は「フリーソフトを導入して作業をしやすくする」なんていう発想がそもそもないだろうと思う。別に否定しているのではなくて、ネットサーフィンくらいにしかPCを使わない人たちからすれば当然のことだと思う。

しかし!もしあなたがネットサーフィンしかしないタイプなのだとしても、今日この記事を見てくれたからには、PCというものが驚くほど使いやすくなるものなんだっていうのを知ってほしい!

まあそんな人はここへは来ていないだろうというツッコミには耳を塞ぎつつ、紹介を始めます…

クソみたいな導入で申し訳ないけど、中身は保証します。ただ、タイトルにも地味に「とか」って書いた通り、便利ソフト以外の普通のフリーソフトなんかもあるからよろしく。それと、それぞれのソフトの画像にダウンロード先のリンクが貼ってあります

そんじゃようやく始めます。順番に特に意味はないです。


かざぐるマウス

順番に意味はないと言ったけども、こいつは一番最初に書きたい。今回紹介する中で僕が最も恩恵を受けていると感じるソフトだ。

マウス操作に関する「あったらいいな」を全て叶えてくれるツールというか、もう僕はないと無理なんだけど、とにかく便利。まじでやばいよ(語彙力

ちょっとここではスペースが足りないので、どんな機能が良いのかとか、使い方はどうなのとかは、こっちでまとめてある。

正直このソフトを導入してくれたらもうこの記事の残りは読まなくていいよまである。(読んでね)

素晴らしいことにインストール不要のポータブル仕様なので、自分が触ることになるPCには全て導入できる。もちろん設定ファイルもエクスポートできますから安心してください。

とにかくこれは使うべし。本当に作業効率格段に上がりますから。

2018/8/7 追記:Windows10では正式に全機能が対応していないので、本当に残念だけどこれからは少し下り坂な未来かもしれない…。だけど上に貼ったリンク先記事で書いたような「目玉機能」のいくつかは引き続き使えているので僕は継続利用している。タスクバー関連で使えなくなった機能は「7+ Taskbar Tweaker」というフリーソフトで代用できるケースが多いのでお試しあれ。

手軽に透明png

手軽に透明png

お次は画像系。

画像の背景を手軽に透明化できるというもの。Windows標準のペイントでも一応可能だし(ちょっと難しいけど)、フォトショでもいいけど、ソフトも軽いしやり方も簡単なので僕はずっとこれを使っている。

別にクリエイター関係者とかでなくとも、会社の発表資料にちょこっと画像を載っけたりするときに「色が合わない…!」ってこととかよくあるじゃん?

こいつも実行ファイル単体で動くのでとりあえず持っておくといい。色範囲の許容度や隣接のオンオフとかもできるのでけっこう優秀。

KeyPointer

KeyPointer

キーボードでマウス操作をできるようにするソフト。なんじゃそりゃ?って思うかもしれないけど、それは僕も同感で(笑)、そういう用途では使っていない。

どう使うかというと、キーボード最下段の好きな不要キーに「左クリック」を割り当てている。

キーボードメインでなんか作業をしているときに、どこかをクリックしないといけないシーンってけっこうあるのよね。そんなとき、いちいちマウスに右手を動かすのはすこぶる面倒なわけで、こういうソフトに辿り着いた。蛇足だけど、その点ノートPCは便利だよなあといつも思う。

似たようなソフトはいくつかあるんだけど、僕が見た限りでは「左クリック一発をキー1つに割り当てる」っていうのの実現はこいつしかできなそうだった(調査不足だったらごめんなさい)。

ちなみに僕は「無変換」キーか「右Win」キーを利用している。

2018/8/7 追記:ノートPCのタッチパッドの魅力から離れられなくなって、ついにスーパーハイエンドノートPC(30万)を母艦にしたゆえ左クリック云々はもう解決した。いずれこの記事からは抹消される運命と思う。

KeySwap

keySwap

引き続きキーボード関係。

その名の通り、あるキーと他のキー、ないしはショートカット的なものをスワップ(入れ替える)することができるソフト。

これがまた便利で、よく使用する電卓を使わないキーにセットしたり、「半角/全角」キーを「Delete」にしたり(日本語入力ソフトによっては「変換」キーで切り替えられるので要らなくなる)、「Caps Lock」を「Enter」とか、「Insert」キーに「Tab」キーとか、かゆいところに手が届く感がすごい。

この「左手側にDeleteとEnter」っていうの、使ってみると「ああ、なるほどね」ってにやりとすると思うから、ぜひやってみるといい。僕がフリーソフト導入でかなり便利になっていると感じているランキング上位。

HotkeyP

hotkeyp

キーボード系のソフトというとたぶんこちらのほうが有名で、できることもたしかに多い。

こちらのメリットは、「好きなショートカットに好きな操作やパラメータを割り当てられる」こと。操作というのもだいたいやりたいことは揃っているはずなので困ることはないでしょう。

組み合わせでけっこうマニアックな使い方ができるのでいつか紹介したいと思っている。入れて損なし。

自動クリックツール

AutoClickPositions

おそらく説明は要らないだろうっていうくらいご想像どおりのソフトである。

思いつく使い道は人によって違うでしょうけど、それぞれでご活用くださいな。

クリックするポイントや頻度とかを設定できる。

Mouse Recorder Premium

Mouse Recorder Premium

ますます上のソフトの紹介の必要あったのかっていう感じになるのだけど、こちらはマウスに関する操作を全てマクロ化してくれるもの。

要は全部記録できて、好きなときに再生できるというスグレモノ。もちろん細かい編集も可能。まあ多くの人は使い道すら思いつかないような代物だけど、ほら、そこの君、なんか悪いこと考え始めちゃったでしょ?

AudioSwitcher

AudioSwitcher

なんか名前通りのソフトばっかりだなあと思うけどまあそりゃそうだよね。

「通知領域に常駐して、クリックするたびに再生デバイスを切り替えたりすることができるソフト」で、これはそこまで万人向けのものじゃないかなと思う。

例えばイヤホンジャックとLINE OUTとUSB DACとかのデジタル出力と、みたいに色々挿している人にはたぶんかなり便利。

ちょっと設定がややこしいというか挙動が変というか、それなりにコンピューターリテラシーが要求されるかも。

CoolBlockInput

CoolBlockInput

来た!これならなんのソフトか分からないだろ!!(謎の競い

なにをブロックするかというと、インプット全て、つまりマウスとキーボードの操作を一時的に全て無効化できるというもの。

なんのために開発されたソフトなのか知らんけど、僕は掃除するときとねこが机に乗ってきたときに使っている。もう書くことないよねw

あ、解除パスワード忘れるとまじで詰むので気を付けてね。(もう3回くらいの強制シャットダウン経験者)

Flexible Renamer

Flexible Renamer

これ作った人すごいと思った。自分で作った色んなルールのもと一括でファイル名を変更したりするツールなんだけど、今まで救われたシーンはかなりある。

細かい説明しても伝わらないと思うので一回触ってみてほしいんだけど、たとえば順番がバラバラになってしまった写真データをExifから撮影日を抽出してファイル名にしてソート、なんていうシャレたことができちゃう。あとは拡張子を一気に変えたり頭の要らない番号だけ消したり記号だけ抜いたりとか…。

ファイル名変更規則はたくさん用意されているのでなにか困ったときはこいつのことを思い出してみるといい。

WindowBlack

window_black

起動すると画面が真っ暗になるだけのソフト。使い時分からない人が多いんじゃないかと思うけど、諸事情あって今の僕の環境はモニターをオフにするわけにはいかないので基本こいつを使っている。

その他軽い紹介と利用環境はこちら。

DF

DF テキスト比較ツール

テキスト比較ツール。

2つのファイルを同時に開いてそれぞれの「差異」がどこにあるか分かりやすく表示してくれるというもの。サイト運営者やプログラマーはかなり利用価値があると思う。

2つのファイルで同じ箇所を同じ段差に揃えるような仕組みになっていてすごく見やすい。リポジトリのコンフリクト解決と似ている、と言えば伝わるかな。

ちなみにテキスト以外にも使えたりもする。

Orchis

Orchis

これもベスト3入るくらい相当お気に入り。ランチャー系のものなんだけど今まで全く眼中になかったので、便利さに気付いたとき「なんでもっと早く使い始めておかなかったんだろう」とかなり後悔した。

以前はフリーソフトとかの類を、全部ショートカット化したものをあるフォルダにまとめておいてそのフォルダを右下とかに登録しておく、みたいなことをやっていたんだけど、あるときようやく「これってまさにランチャーソフトでやることじゃね?」って気付いたのだった。

なにがいいって、「サッと出てきて、起動したいものクリックしたら勝手に消えてくれる」ってとこよ。

こいつは機能設定がものすごく豊富で、ランチャーの出し方もたくさんバリエーションがあるし、表示場所とかも決められるよ。あなたのPCライフに合ったセッティングを提供してくれることだろう。

あと忘れちゃならないのが、グラフィック重視の作りじゃないのでとにかく軽いってこと。昔はデスクトップ用に見た目の装飾も兼ねてRocketDockってのも使っていたけど(紹介記事は↓に貼っておきました)、こういうのはやっぱり目的が違うよなって思った。アイコンが並んじゃうからそんなに量も登録できないし。

ああ、まだあった。なんとアプリランチャーとしてだけではなくて、ファイルランチャーとしても使える。要は簡易エクスプローラーみたいなイメージで、フォルダ(「デスクトップ」や「マイコンピュータ」とか含む)を登録しておくとファイルの一発起動とかができる感じ。

作業中にデスクトップのファイルを見たい!ってとき、新しいエクスプローラーを開いたりせずに済むというわけ。通常の右クリックメニューとかももちろん使えるし、フォルダ自体をエクスプローラー画面で呼び出すこともおk。

Google日本語入力

Google日本語入力

たまにはこういうのも入れてみよう。

IMEというものを知らない方のために説明しておくと、文字を入力するためのソフトのことで、日本語変換がどれくらいお利口さんかという話になってくる。

でも大切なのは変換や搭載辞書うんぬんではなくて、キー操作なんかのユーザビリティの方だと僕は思っている。まあそうは言ってもこいつの予測変換の優秀さはやはり世界一のトップ企業であることを体現しているとは思う。正直ビビる。

そんな中Windows標準搭載のIMEは、僕の三大死ぬほど嫌いなクソソフトにアサインされている。ちなみに他の2つはIEとiTunes。
…待って全部「i」から始まるじゃん。これから「3i」なんて呼んじゃおうかな。いやでもMicrosoft IMEだけ微妙か。うん、超どうでもいいね。

今まで僕はけっこうATOK信者だったんだけれど、どうもおばかさんになってきたのが否めなくて、一瞬Googleに浮気したらもうだめだった。決め手だったのは、「一番気に入っていたATOKのキー操作をなんと引き継げた」こと。これでもうATOKを使う理由はなくなってしまったし、お金払ってたの馬鹿みたいだ。Google恐ろしや。

あ、でもAndroidだけはATOK以外絶対ありえないとまだ思ってるよ。

SmillaEnlarger

SmillaEnlarger

画像拡大ツール。そのまんまのもので、残念ながらこのソフトに関して言うことは特にない。でもこれじゃない他のオンラインツールはぜひ紹介したくて(笑)、画期的なものだから一度試しにアクセスしてみて。

SmillaEnlarger 例

こんな風に拡大するデメリットを逆利用してデザイン加工したみたいにすることも可能。

これらはきっとライトユーザーでも触れる機会があるのでは。

DAEMON Tools

DAEMON Tools

仮想ドライブを実装するソフト。

仮想ドライブとは、あらかじめCDやDVD、BDといった光学ディスクの中身を丸ごとディスクイメージとして取り込んでおき、それを仮想的なCD/DVDドライブに入れることによって、あたかも本物のCD/DVDドライブからデータを読み込んでいるように動作する仕組みのことです。 (丸コピw)

これも多くの人にはなんじゃこりゃシリーズで、「iso」とか聞いてピンと来る人とかじゃないと必要ないのかなあって感じ。

Moo0 ボイス録音器

Moo0 ボイス録音器

PCが再生している音声自体を録音したり、PCをマイクと見て周囲の音を録音したりすることができるソフト。2つの複合もOK。

人によって色んな用途があると思います。会議の録音とかにも使えるんじゃないかな?まあ絶対聞かないと思うけど。

MPC-HC

MPC-HC

動画や音声のプレーヤーって言えばいいのかな。かなり有名どころで、例によってWindowsのクソプレーヤーを使っていない人の何割かはここに落ち着いているのでは。

これも特に言うことはないけど、Windowsから逃れたい人にはおすすめである。

MusicBee

MusicBee

これは僕がメインで使っている音楽管理ソフト?っていうのかな?iTunesみたいなのって言えばいいのだろうか。

他にもfoobar2000とか有名なのはいくつかあるけど僕はこれを選んだ。理由は外部端末との連携の良さで、Androidを音楽プレーヤーとして使うならかなりおすすめする。iTunesみたいに同期機能があるんだけど、あんなクソみたいな不自由するのとは雲泥の差で、CDのリッピングからかなりスピーディーにスマートに行える。

タグ編集や再生機能なんかも有能で、その上かなり軽いです。

iPhoneにも使えるのかな。調べる気すら微塵も起きないけど、iTunesに辟易している人は試してみたらどうだろうか。

Mp3tag

Mp3tag

mp3のタグ編集をパワーアップさせるもの。

当然手持ちの音楽ファイルの整理で一役買うことになる。しかもオーディオファイルのタイトルタグ名⇔ファイル名みたいな双方向の置き換えもできるので、CDのインポート時にオンラインタグ取得ができなかった「Track 01」みたいのを一気に曲名でリネームできたりする。これ感動するよ。

オンラインタグ取得も強化されていて、Amazonを含むいくつかのデータベースから適合するものを検索して自動で適用することができる。

ez-HTML

ez-HTML

HTMLを含むいくつかのテキスト形式ファイルを強力に支援するエディタ。cssやJavaScript、PHPなんかもサポートされていた気がする。補完はなかったんだっけな?いずれにしてもタグの種類による色分けやインデント補正なんかは全てちゃんと機能する。

これもまた非常に軽いのが特長で、いくつものファイルをタブで開けるのも優秀なところ。

まあ他に優秀なIDEを持っていて、Web系もサポートされているなら要らないかもね…

DVDFab 9

DVDFab 9

紹介するかどうか随分迷った。理由については、使用法に関してはあえて説明しない、という説明で察してほしいw

これがあれば基本OK、とだけ言っておく。あとは自分でなんとかしてくれ。僕は逃げるので。

※最新版は10だけど、たぶん9の方がいい。はず…

CCleaner

CCleaner

相当有名じゃないかな?いわゆるPCクリーニングソフトで、その他スタートアップの無効化だとかなんとかみたいなこともできる。

実は一度このソフトのとあるバージョンで脆弱性が見つかって、いくらかの被害が出たのが話題になったことがある。公式はすぐに対策バージョンアップを出したし、このソフトの開発が悪いものであったとはそこまで思っていない。代替ソフトもなかなか見つからない分野なので継続して使用しているけど、かなりPCの深いところまで触る性質のソフトゆえ、常に最新バージョンにしておくことを強く推奨します。

Audacity

Audacity

これも有名かな。最後だけど申し訳ない。

waveデータをいじるといったらこのソフトが代名詞くらいの定番&強力さで、実際機能の豊富さはお金取っていいレベルだと僕も思う。

気に入った曲を耐久用BGM(延々ループバージョンのこと)にしたり、ばらばらになっている楽曲を1つに繋げたいときとか、そんな風に使っている。手軽なノイズ処理とかもこいつ一本でオッケーだし、ライン録音から書き出しまで全然いける。

ちなみに、よく勘違いされているようだけどwaveじゃなくてmp3も開けるよ。

まとめ

有名なソフトもまあまあ混じっていたけど、けっこう「おお、これ良さそう!」ってのあったんじゃないでしょうか。ぜひ便利なPCライフを手に入れてくださいな。

それと、ご自分のおすすめありましたらぜひぜひ教えてください。こういうのって自分から新しい世界を広げていくの、アテがなくてなかなか難しいじゃないですか。こういう機会を大切にしたいんですよ。ここに書いてあるのと全然関係ないジャンルでもお待ちしています~。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。