プロパンガスはなぜ高いのか

都市ガスに比べて費用がかかるとよく言われるプロパンガスだけど、素直になんで?と思う。知り合いの不動産関係者(なんと社長)に話を聞いてみた。ガスじゃなくて不動産業界のことに詳しい人に話を聞けたのが今回の報酬だった。ぱっと見ネットにはなさそうな話もあったので、興味ある人は読んでみてくださいな!

 


おさらい

まず、都市ガスは国が決めている一律料金なので基本的に価格の差は生まれない。これはそれぞれの地域に都市ガスの供給会社が1つしかないゆえ価格競争が起きないから。まあここまでは納得がいく。
(※2017年4月にガス自由化となり、現在はこの限りではありません:2017/4/17更新)

それに対しプロパンガスはいくつも業者が存在するため価格の設定は自由。自由であるってことはつまり、価格競争も起きるけどそれと同時にカルテルみたいなことが起きているかもしれないことを意味する。現に、他の様々な有形・無形サービスとは違ってガスに対しては文句はあっても疑問を抱かない消費者は非常にいいカモだと言われている。
すごくネガキャンしてるけど、もちろん全部が全部そうではないし僕はこんなひどい印象は持っていないことは先に言っておく。

ちなみに、ガスの自由化は2017年からとなんとなく思っている人も多いかもしれないけどこれは都市ガスの話で、プロパンガス業者は原則好きなものを選べるから、不当な請求をされていると感じる人は業者の変更を検討してみるといいと思う。そのとき管理会社や大家さんとの色々な問題をクリアするのが大変なんだけどね…。

価格の差

色んな話を直接聞いた後に自分でも調べてみたら、世間でも近いことが言われているようだった。その辺を実際の話を織り交ぜながら紹介していきます。

人件費の上乗せ

これは理屈を考えると当然かな。都市ガスは一回引いてしまえばガスの供給に人間はいらないけど(もちろん0ではないと思う)、プロパンガスはボンベを持ってこなきゃいけないから運送費・人件費がかかるよね。

まあそれにしたって住所によって都市ガスかプロパンガスかの選択権はないことがほとんどなんだから、その辺も含めて良心的にやってほしいって本音では思ってるけどね!!

設置費用の上乗せ

ここと、この次がポイント。

ガス供給に伴う設備の設置費用が、初期費用としては無料となっていても実は月々の料金に上乗せされているのでは、という話。もし本当にあるんだとしてもここは「基本料金」というくくりになるんだろうから真偽は分からないし、色々サービス料だと思えばここもまだ許せる。価格は各社自由なんだからこちらに文句を言う権利もないしね。

と、いうのは世間よく一般で言われている部分。僕が聞いた話は少し違っていた。もちろんどっちもあるってことなんだろうけど。

さっきの説明ではこの設置の初期費用はプロパンガス業者が負担するっていう話だったけど、実はそうではないパターンがあるらしい。どこが払うのかというと、大手の不動産仲介業者。駅前にたくさん店舗を構えて、窓ガラスにたくさん物件貼ったりしている、たぶんみんながすぐに思いつくようなああいう会社のことでしょうね。

これはつまりどういうことかっていうと、「うちが持っている大量の物件を全部お宅の業者で申し込みしてあげるし、その初期費用も手伝ってあげるから、代わりに毎月ちょっとずつちょうだいね」っていうことである。たしかにどちらもWIN WINになっているのが分かるだろう。ただし1つ忘れてはいけない、1人だけ損を被っている人がいることを。そう、紛れもなく僕たちだ。

大手の不動産業者はとにかく物件の在庫が大量にあって、それを埋めるのが目的らしい。なにをそんな当然のことをって100%思うだろうけど、僕らが思っている以上にこの目的にやっきになっているみたいだ。特に人気がなくて売れない物件から入居してもらいたいから、あの手この手でそういうところを勧めてくる。物件の内覧行ったことある人は分かると思うけど、絶対自分が希望したのと違うところ勧められるでしょう?1つめはすごく条件が近いやつだけど、2つめ3つめは「ん?」ってなってくじゃん?笑

こうすることのメリットは大きくて、どの物件でも入居が得られれば、条件は変わらずさっきの「マージン」が手に入るから、「なるべく安く」て「ずっと売れ残っている」ところを契約させたいんだと。お肉と違って在庫過多でも廃棄は必要ないから、非常によくできたやり方だなと思った。

つまりプロパンガスが都市ガスに比べて高い部分は、そういった不動産管理会社へ払っているケースが往々にしてある、ということである。この次の項目は、このことも含んだ上での話だからね。

管理会社(もしくは大家さん)へのマージン

さっきみたいな大口の話ではなくて、個々にこういう「うちを使ってくれてありがとう料金」をやっている業者があるよ、というのが一般的に言われている高い理由3つめ。また、プロパンガス会社が設置等の初期費用を投じたケースなら、長い間契約してもらうことなんかを条件にリース料みたいな感じで料金の上乗せが起こることもあるらしい。ただしこの場合のお金の流れは管理会社(もしくは大家さん)→ガス業者である。どっちにしろその高くなっている金額を誰が払っているかは変わってませんがね(白目

で実際どうなのかというと、やっぱりあるみたい。でもどっちかっていうとその社長さん曰く、この「(ガス業者側が)新規顧客の獲得のため最初に投じたコストの回収」をやっているだけであって、そこまで問題ではないとのこと。ただし、それらの回収が終わったのにもかかわらず基本料金が明確に下がったりする訳じゃない点はどうかと思う、みたいなニュアンスでしゃべっていた。同意ですね。

プロパンガス代を安上がりにするための対策

以上の話から考えるに、対策は以下の2つ。現実的なのは他のサイトに任せますw

1.不動産業者で物件を選ぶ

これたぶん一番重要。そして住居に関する話に枠を広げても最も大切にすることだと思っている。絶対に対応してくれる人間(会社の質)で選んだほうがよい。

地域密着型のいい所と出会えれば儲けもの。ガスの話でもなんでも聞いてみるといい。信用のあるところなら全部話してくれるだろうし、もしこちらから業者を変更したいと打診しても相談に乗ってくれるはずだ。お金をもらっていないんだからね。そしてそれはつまり既にガス代も安いことを意味している。

2.強気で交渉(価格なり業者変更なり)

これは全然やっていい。なんか言われたらおそらくなにか変えて欲しくないことがあるんだろうから、平均の価格を調べて叩きつけるとか「なら出て行きます」とか、やってやれ(適当

交渉先がガス業者なのか管理会社・大家さん側のどっちになるのかは住居によるだろうからなんとも言えません。

プロパンガスのメリット

僕は今はプロパンガスになったんだけれど、正直満足している。というよりむしろ、支払総額が少し割高になる以外は全てこちらに分があると言ってもいいかもしれない。エネルギーとしてのレベルは全然プロパンガスの方が高品質だと思われる。

  • エネルギー効率が格段に良い。たしか2.2倍くらいあったはず。実際、はじめてプロパンガスでお湯を沸かしたときはやくてびっくりした。色んな物理のルールによって、単純に使うガスの量が都市ガスに比べて半分になるわけではないけれど、理論上はそんなに価格が変わるはずはないということは知っておくべき。
  • 災害時に最強。過去の大地震でも、どんなライフラインより先に復活している経歴を持っている。なんでかって、もうすでに家の周りに使えるガスが置いてあるんだから単純な話である。緊急時も停止、そして再開は相当にスムーズで、地下に配管がないゆえに安全性も良いと言われている。
  • なんか沸かしたお湯がいい匂いがする気がするw
    あの、コテージとかに旅行行ったときの暖房の匂いみたいなイメージをシャワーから感じていた。どうでもいいね。

まとめ

ガス業界だけの話ではなかったということですね。こういう風に、詳しい人から直接聞ける話っていうのはなによりも価値があると思うので、そういうものこそネットで伝えていきたいな、と改めて思った。

ちなみに僕はいい住居、いいガス会社に恵まれたのでガス代は以前の都市ガスと比べて全然高くなっていない。浴槽にお湯を張らない人なので差は出にくいかもしれないけどね。でもその分普通の男性ひとり暮らしよりかは間違いなく料理をたくさんしているのでどっこいどっこいでは、と思っている。

不当なものにはバンバン言っていけるような風潮が生まれるといいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。