自宅では普段サイレントだけど電話だけは鳴らしたい(Android)

家に居るときはケータイがきゃんきゃんうるさいのが嫌でサイレントにしている人も多いよね。僕もそのひとり。でも電話に気付けないのはまずいと思って、「電話がかかってきたときだけサイレントを解除する方法」を実現したので紹介する。


準備

アプリをひとつだけ導入する。「えぇ…」と思った人、待って欲しい!これから紹介するアプリはなにもこのためだけのものではなくて、むしろ「なんでも自動化できちゃう最強ツール」なのだ。しかもroot化いらずで簡単。

Automated Device

その名も「Automated Device」、まんまや。一応下にアプリのダウンロードリンク貼っておきますね(画像からどうぞ)。

Automated Device

本当になんでも設定可能で、欲しい機能の起動条件も数が凄い。条件のandやorもできるし、入れ子構造みたいに「自作したルール1が実行されたらルール2を実行」なんてこともお茶の子さいさい。もちろん実行できる機能も盛りだくさん。

たとえば僕は家に帰ってきたらサイレントにするとか、イヤホンを挿したらミュージックアプリを起動して既定の音量にするとか、電源を入れたときに自動でこのアプリ立ち上げてね、とかそういう風に使っている。

で、同じくこれを使って、例にも挙げたように「自宅にいるときはサイレント」になってしまうのを解除する。たぶん方法はいくつもあるけど、なるべくシンプルな方が動作のことを考えてベターでしょう。とは言ってもこのアプリの動作信頼性は100%なんですけどね。今までちゃんと正確に動かなかったことはない。

※現状taskerを使っていない理由は明確には説明できないのだけど、こちらのアプリだとうまくいく確率が高い。設定方法によるのだとは思っているけれど。

アプリの設定

起動して権限うんぬんをクリアすると緑色の画面が出てくるはず。

1.ルールの新規作成

その状態で左側からスワイプでメニューを引っ張ってきて「Rules」をタップ。すると空っぽの画面になるはず。ここには今後作成したルールが並んでいきます。

そして右上の+ボタンか上部の「Tap here to create a new rule」を押しましょう。こんな画面が出てくる。

ルール設定の一覧

ここでは上から、

  • このルールの名前(自由、日本語OK)
  • このルールの説明(同上)
  • ルールの起動条件
  • 起動条件が満たされたときどんな動作をさせたいのか
  • 起動条件が満たされなくなったときどんな動作をさせたいのか

を設定していく。下3つをひとつずつ見ていきましょう。ちなみに一番下の「Enabled」のチェックを外せばこのルールだけを無効化できる。更にその下の「Priority」はそのまんま優先順位のことで、ルールの強弱関係を設定できる。まあ普通の使用なら要らんでしょう。使いたい人は意味は分かるはず。

2.ルールの起動条件

要は「端末が△△の状態になったら○○しますよ」っていうのの△△の部分の設定。開いてみれば分かるけど、この時間帯になったら、このロケーションに入ったら、充電中、通信状態、画面の明るさ、通知を受けたとき、特定のアプリを起動したとき、その他諸々…といった感じ。どれも簡単な英語だから大丈夫でしょう。

基本的にさっきのルール新規作成と同じように起動条件を追加していくだけ。andかorかっていうのは上部にあるラジオボタン(スマホでもこの名称で合っているんだろうか)で選択できる。追加されたものは、今その起動条件が満たされていれば背景が緑色、逆なら赤色で表示されているはず。

  1. 新規作成を押したらちょっと下に行ったところにある「Phone state」をクリック。次にこれを「Riniging」に。要は鳴っているときってことだね。
  2. お次は自宅判定。これがないと外でバイブモードにしてようがサイレントだろうが音が鳴ってしまうので防がなければならない。新規作成→「Wifi connected network name」→ラジオボタンが「Connected」になっているのを確認して、いつも自宅で接続しているSSIDを手入力するか下から選ぶ。
起動条件
上段は電話がかかってきたら、下段は僕の場合の自宅判定(=特定のWi-Fiに接続しているとき)。

削除したい場合は長押し→Remove。で、たぶんなんだけれど、条件は上からチェックしていくんだったような気がする。たしかどこかで読んだんだよなあ。まあそんな複雑な発生条件を考えることはそうないでしょうけど。

3.起動条件が満たされたときどんな動作をさせたいのか

メインの部分で、前項の条件を満たしたときどんな動作をさせるかを決定する。

  1. 例によって新規作成をしたら、「Speaker」→「ON」→なにもいじらず端末の戻るキーなり上の左向き矢印で戻っておk。こんだけで「電話がかかってきたらスピーカーをONにする」の設定が終わった。

    動作項目

  2. そして次に、もう一つ「電話が鳴っているときの着信音量を1以上にする」設定を加える。今まではサイレント状態だったわけだから、スピーカーをONにしても着信音量は0のままになっているからだ(そうじゃないパターンもあるかもしれないが、どうせこのあとで元の状態に戻すので設定しておいて損はない)。
    という訳で「Set sound level」→「Ring」の項目を1以上に。頻繁に電話がかかってくる人で、不用意に他の通知音量などを変更したくないときは左端の「Ring」以外のチェックを外しおくといい。

4.起動条件が満たされなくなったときどんな動作をさせたいのか

ここを一番忘れてはいけない。なぜなら、条件が満たされなくなったときどうするか、つまり電話が終わったら戻さなくていいの?っていうことをまだ設定していないからだ。これをやんないと外でマナーモードを解除したまま行動することになってしまうので非常に危険。

というわけで同じ運びで新規作成→「Speaker」→「OFF」で終わり。

動作項目2

確認

ちゃんと動作するか確認する。固定電話、近くの家族・友人などを利用しよう。どちらもない寂しい人はなんと同じ端末内のIP電話からかけても確認できる(僕)。

しっかりステータスバーのアイコンで目視するのと、音が出ることを確かめよう。そして通話が終了したら戻るかも。たぶん問題なく動作するはずです。なにか上手くいかないことがあったら、コメントでも直接ご連絡でもお気軽にお問い合わせくださいませ!

またひとつAndroidが便利に使えるようになったところで、ご覧いただきありがとうございました、ということで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。