サンホラを勧めるのに一番向いている方法(曲)はなにか

Sound Linked Horizon

自分が好きになったものは、誰しも自分以外の他の人に勧めたくなるものだ。
それは共感して欲しいから。
「ここいいよね!」と語りかけて、
「わかる!ほんとそうだよね!!」とレスポンスがあったら誰だって嬉しいだろう。

僕は基本的に1人で勝手に何かを好きになって、
誰にも言わずひとりで熱中して、共感とか特に欲さずに独りでさみしk… あれ?

サンホラだけはどうしても理解者を増やしたかった。
このどうしようもない「うおおおおおお!」感を誰かと共有したかったのだ。

しかし同時に分かっていたこともある。
これほど勧めたいのに勧めにくいものはないということも。

なぜ勧めにくいのか

本記事タイトルに対する答えを探す糸口をここからにしてみる。
自分がサンホラを知らなかったときの印象が頼りになる、かな?

自分が友人に強く勧められていたとき

いまでも唯一サンホラ関連の話題で盛り上がれる友人に、まだなんにも知らなかったときから「お前なら絶ッッ対好きになると思う」と言われ続けていた。

でも僕はこう思っていた。

  • 「えーなんかそんなわけ分かんないハードメタルみたいなむちゃくちゃロックとかめんどくさそう」
  • 「ストーリーあるっていったって、音楽ってそういうの求めて聞きたいわけじゃないし。っていうかミュージカル色強すぎて曲っぽいとこは???」
  • 「だいたい曲重すぎ」(今にして思うとたぶんこのときはイーリオンの石を運ぶ辺りの映像を見せられていた)

この友人の勧めるチョイスに関してはツッコまないであげてほしいw
たぶん僕がたまたま覚えているのがそこなだけできっと良い曲も聴かせてくれていた(のだろう)

このときの僕の感想を見ていこう。

ひとつめ。
辛辣すぎて草

ふたつめ。
これはある。つまり、あくまでも音楽を勧める体でいくのなら強く推すのは物語性やストコンとかではないというのは前提として置いておこう。彼は総合芸術的な要素がすごく好きだから、おそらく一番ストーリーが掴みやすいMoiraを選んでその主張を前面に出したのだと思う。相手の立場に立つという意味では気をつける点だ。また、よく話に出る「セリフについて」だが、これに関してはあとで別に設ける。

みっつめ。
このときばかりはさすがに運が悪かったが、曲のチョイスとしてはまず単体で聴いても音楽的に万人受けが良さそうなものを選ぶべき、なのかな?

ただ、これらは僕がいま思っていることだから、そのまま結論に直結させるわけじゃない。安心してください。
だって、変態神官のくだりとか見せたら喜ぶやつだって当然いるんだろう?(白目

なにを勧めたいか

もう一言踏み込むなら、「勧めたい相手が何を好きか」だ。
関わる相手に対してこちらからの働きかけを変えるのはどんな状況でも常套手段だ。

今回の記事で答えを1つだけ出したい以上、そのどれもに対応できるポテンシャルを持つものを探すのが良い方向性ではないか。

ちょっと書き出してみる。

  • Revo節が効いてて誰が聴いても「いい曲だな~」ってなるフレーズがある
  • 音楽の構成としては、歌がない時間がやたらと長かったりしなくて、かついろんなメロディがきける
  • ストーリー性もうかがえてミュージカル的な要素がしっかり入っている。しかし比重を置きすぎていない
  • 歌手にも注意する。女性ボーカルに興味ない人もいるかもしれないし、Revoの特に最近の歌い方みたいのを嫌う人もいるかもしれない。

選ぶ

こんな感じでいくつか適当に曲を抜き出してみた。全然当てはまってないのもあるけど普通にウケが良さそうなのは入れた。条件としては、名義がSoundHorizonってことくらいかな。(ローランの皆様におかれましては異論アリアリだと思いますがご容赦ください)

  • エルの肖像 / Eru no Shōzō
  • 終端の王と異世界の騎士
  • 朝と夜の物語
  • 美しきもの
  • 石畳の緋き悪魔
  • 死せる者達の物語 -Ιστορια-
  • 死せる英雄達の戦い -Ηρωμαχια-
  • 光と闇の童話
  • この狭い鳥籠の中で
  • 火刑の魔女
  • 薔薇の塔で眠る姫君
  • 朝までハロウィン(ちょっと異端ですね)
  • ヴァニスタ2曲
  • 涙では消せない焔
  • 愛という名の咎

んーと、まずRomanまではストコンを意識してつくられていない以上、どうしてもサンホラの良さとしてのミュージカル性が弱くなってしまうように思う。歌い手が少ないことも影響してか、あれっ1期一個しかない…

ハロウィンは、適当なこと言って10/31にでも聞かせてやればいい(適当

ヴァニスタ2曲は、バンド好きな人は多いだろうし、余計なものがないという意味では勧めるのにもってこいだが、サンホラとしての良さがほとんどない上に逆にこれ以降ギャップですぐにだめになってしまいやすいだろう。
この「あれ?意外とふつうでいいじゃん!」からの「なんだよやっぱり変だな、やめるわ」には特に気をつけないといけない。

Neinについては曲の長さがマイナスに出る気がする。というかやっぱり原曲だけ知ってる状態での感動を失って欲しくないし、特にこの2曲を先に聞かせちゃうのはナンセンスってもんだろう。

1曲へ

そんな感じで切り分けていくと6と7の地平線が強くなると思う。
ここからは完全に私情で話が進んでいきますがご了承ください。

まず、7はとっておきの一手にしておきたい。仮の話で、勧めた友人が大方の曲を好きになってくれて波に乗ったと思った辺りでメルコンの映像をぶつけたい。僕がそうだったからなんだけど、それで劇的に曲も好きになる現象のチャンスを奪いたくない。まあたしかに最初に勧められた曲なのにこんないい話だったのか…!ってのもアリだな。。もうなんでもいいか。

そんなわけで結論は、「死せる者達の物語 -Ιστορια-」になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ブーイングが収まるのを待つ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

でもこれ、わりと「おっ」と思ってくれた方も多いのではないでしょうか。
というかそういう曲をなんとか選んでみようっていうのがそもそもの趣旨だし。

一応申し上げておきますが、普段からの好みとかでは選んでません。あくまでも記事の方向に則って客観的に選んだつもりです。

勧める方法

実はまだ終わらない。
本記事のタイトルを思い出し欲しい。まあはやい話映像も見せようというだけなんだけど、ちょっと+αある。

この曲はストコンの映像の中でも完成度1、2を争うと思っている。使う映像は文句ない、と。

でですね、この曲の映像がニコニコにあるんですが、これがコメントの雰囲気含めてかなり初めて見る人に向いているッ!!馴れ合いみたいの好きじゃないとか、そもそもニコニコとかちょっと…って方も一度は見て欲しいなあ。

このページのURLを勧めたい人に「まあ暇があったら見てみてよ」くらいにさらっと送っておけば、次会うときにはローランになっているでしょう。爆

以下曲を含めた評価したい点

  • 曲、メロディーの良さは言うまでもない。いくつもいいフレーズをコンパクトに聴けておいしい1曲
  • Moiraのストコンに出る人は基本全員出演する上に、配置がすごくきれいで舞台としての見栄えがかなりいい
  • これまた歌う人もほとんど登場人物全員揃うのでどの歌手も聴けて聴き応え抜群
  • 単純に舞台の演出が素晴らしい。衣装も印象的でなんとなく物語性があるのも伝わるのに、押しつけすぎずgood
  • ところどころコメント含めたギャグ要素もあって楽しめる
  • コメント全体に初心者ウェルカムな雰囲気があって、どうやらこの曲でハマった人も多いご様子。入り口に最適
  • 最後はバッチリ盛り上がって終わるし、なんと素晴らしい絵になっていることか

いかがだろうか。

ではぜひ見てくれッ!!!
(このプレイヤーだと小さくて表示されないコメントもあるのでできればページを開いて見に行っていただきたい)

最後半音上がるのとかたまらない。。

そしてDVDを持っていない方、いい機会だから絶対に買って見てくれ(露骨な布教

まとめ

と、まあそんなわけで、もしサンホラを勧めたい機会があったら上述の動画を見せてみる、という選択肢をひとつご考慮いただけたらと思う。曲を聴かすよりURL1つ送るだけだし、ぜひ次から実践してみてくれッ!黙したまま何も語らぬ…。それでいい。楽。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。