このブログはなんなのか

いろんなこと書いてます。
以上。

…というのはさすがにあれなので、なんかまあいろいろ。

 

文章を書くのが好きでした。
でした、というのは、そうだったんだけど自覚してなかったみたいな感じかな。とあるブログを読んで、「自分の興味ある内容について良い文章を読んでいるだけで楽しい」と初めて気付いた。そして自分がこういう文章を提供できるようになれたらもっと楽しいだろうな、とも思ったという感じ。

もともとブログなんか読んだ経験なんてほぼ皆無だし、もちろん有名人のとかネット上の知りもしない人の考えなんかおよそ興味がなかった。まあそこは今でも考えは変わっていないけれど。

そんなとき、さっき言ったとあるブログに突然出会い、おお、と思った。ブログや個人サイトなんて今まで調べ物くらいにしか使っていなかったし、ましてや娯楽目的というか、それをひとつのエンタメとして見るなんて考えもしなかった。TwitterをはじめとするSNSなんかも長年馴染めなかったし、知らない人とやりとりしたり、誰かの思っていることを受信したりするメリットを今までは感じられなかったんだけど、間違いなく良質なコンテンツを一定量提供している人たちがいる、とようやく気付き(ここでいう彼らは自分の得のために活動しているわけじゃない人)、自分にも変化が訪れた。

 

 

っていう感じで誕生したのがこのなんでもブログです。よくある特化系ブログとは真反対にいるようなもので、どれか1記事でも誰かの検索に引っかかって読んでもらえたらなと思って書いています。逆に僕の全記事をおもしろがって読んでくれる人がいたらそれは僕とすごく近い種類の人間ということで、だいぶ変な人だろうと思う。

あと、せっかくこんなページを用意したんだから自分のことについてもっと色々書いたりしてもいいのかもしれないけど、誰も読まないだろうということを抜きにしても必要はないと思った。

僕は起業系のブログとか大っ嫌いなんだけど、唯一いいと思うのが、「自分の(おそらく似ている)顔イラストを載っけて経歴やらちゃんと自己紹介している」という点。「こういう人が言っているなら自分もやってみようかな」っていうためにやっているものだと思うけれど、僕にはそれは必要ない。僕が自分の承認欲求のために書いているものを、一人でもおもしろいと思ってくれたらもう満足なので。

ただ、なにか文章を読んでいるときって、それを書いている人のイメージがより湧きやすい方が中身が頭に入ってくるし、著者像がはっきりしているほど親近感を覚えるというか、斜に構えずリラックスして読めるとは思っているから、キャラクターみたいのは大切にしたいと思っている。

 

そんなわけで、この文章を読んでいただけたのも何かのご縁だと思いますので、なにか1つでも興味のありそうな記事を読んでいってくだされば跳ねて喜びます。

それでは。