【Androidカスタマイズ】iPhone風ホーム画面を作ったがダサかったので一味変えてオシャレにしてみた

【Androidカスタマイズ】iPhone風ホーム画面を作ったがダサかったので一味変えてオシャレにしてみた

ちょっと日記的な記事。

このブログではAndroidカスタマイズに関する記事を探しておられる方が多いということがデータでも分かっていますので、大した内容でもなんいですが共有してみます!

ちょっとだけ背景の説明

僕がかなりのAndroidオタクであることはこのブログを読んだことがある方はわりと理解していただけると思っているんですが、なぜか急にiPhoneを買おうと思い立ちました。

昔はアンチだったわけですが、よく考えたら今ってそこまで差がないし、そもそも使ったことがないものを否定しているのってこの上なくダサいということに今さらながら気付いたんです。それで興味半分・面白半分で買ってみようかなとなりました。

ちなみに色々考えて買うのは来年(2020年)です。いつもの正式ナンバリング9月モデルまで待つ予定だけど、iPhone SE2が2020年上半期に出る説が超濃厚らしいので、場合によってはそっちも検討するかも。

購入したらたぶん相当色々記事書くと思うのでどうぞお楽しみに!
(Android派の人も欲しくなっちゃうような内容を贔屓無しで目指します!)

前置き長くなりました。(いつも

で、なんとなく新幹線移動で暇なタイミングがあったので「ホーム画面だけでも試しにiPhone風にしてみるか」と思い立ち、久しぶりに、そう、本当に久しぶりに自分のホーム画面をいじることにしました。

Nova-Launcher-my-customize-home-two-tone

今まではこういうホーム画面。細かいアプリの配置を変えたりフォルダの中身はちょこちょこ変更がありますが、基本はもう何年も変えていない。

利便性では自分的にはもう最高峰だし、シンプルさの究極なので「デザインに飽きる」ということもありませんでした。正直Nova Launcherなんて全然触ってなかったです(そういう記事書いているのにすいません笑)。

でも、iPhoneの色使いの多さと最近の「スマートフォン≒iPhone」というあまりにも強い流れに微妙に心が揺れ、試しにやってみたらどういう雰囲気になるかな?みたいな感じで作ってみるに至ったわけです。

やろうとしたこと

そんなわけで、方法はともかく「iPhoneっぽい画面」を作ります。

まず最初に考えたのは「iPhone風ホーム画面」みたいなしょっぱいアプリを入れること。

Android 4.x時代とかだとこういうアプリは腐るほどある上に、そのどれもが本当に腐ってました。どストレートで言わせていただくとまじでクソ。そもそもインストールしたあとにちゃんと動くものを引き当てることすら難しかった記憶があります。

…というイメージがとても強かったので全然期待してなかったんですが、Playストアで検索してみると意外にもヒットしたそれっぽいのは数個だけ。

ios-launcher_Google Play-Store

なんとなくだけど、基本的に一番新しい「iOS13」を選択基準にしてます。

しかも評価すげー高い。全部サクラかと疑ったかそうでもなさそう。

ios-launcher_13

これなら「とりあえず試してみるか!」という気になります。そんなわけでインストール。

ランチャーiOS 13

ランチャーiOS 13

LuuTinh Developer無料posted withアプリーチ

結果はこう。

my-setting_IOS Launcher

※ステータスバーとナビバーもお見せしてます

…コメントしづらいー!!!

見た目はともかく、中身はけっこうしっかりしていた。

ios-launcher_13-2

左画面へスワイプするとiPhoneっぽい機能、

ios-launcher_13-3

下へスワイプするとこれまたiPhoneと同じような検索UIが登場。

ただ、「ホーム画面カスタマイズアプリ」ではないので気に入らないアイコンを個別に設定したりすることはできません。あくまでも単なる「きせかえアプリ」みたいな感じです。

なので実際には、

ios-launcher_13-4

有名じゃないサードパーティ製アプリはほぼこんなんになっちゃいます。1番最初に見せた画面のスクショは僕が純正アプリだけうまい感じに集めてちょっとズルしたものです。

my-setting_IOS Launcher

一番下の電卓だけわざとずらしている通り、iPhoneみたいに「アイコンは上にしか溜まっていかない仕様」ではなくて、好きなところに配置できるようにはなってました。

ちなみに、

ios-launcher_13-5

その他「iPhoneっぽい機能」は個別のアプリをインストールすることで使えるようになります。ロック画面は試したけどちゃんと動いた。今どき珍しいなあ。
※ロック画面アプリはどんどん淘汰されている背景があります。僕のブログで紹介していたロック画面カスタマイズアプリもことごとく消されました。

 

と色々紹介したものの、あまりにもかっこよくないしNova Launcher時代に使えてたジェスチャーなど諸々のカスタマイズが一切利用できないというのは論外なので即座に検討中止。まあこういうまともなアプリがまだストアに残っているというのが分かっただけでも収穫です。

ここまでは想定内なのでさすがにこれで終わりじゃないです、まだ内容は続きます。

最終的に今回やったこと

んで、当初から頭では考えていた通り「Nova Launcher(+アイコンパックなど)を使ってiPhone風画面を作る」をやります。

まずはアイコンパックの調達から。

アイコンのきせかえなどについては以下の記事でまとめていますのでまだお読みでない方はこの機会にどうぞ。

今回使ったのはこのアイコンパック。

iOS 11 - Icon Pack

iOS 11 – Icon Pack

iEvil Dev無料posted withアプリーチ

アイコンが角丸の四角で、標準アプリはiOSのものを豊富に用意してくれているパックです。

アイコンパックをスタンドアロンで起動すると

android_iOS-11-Icon-Pack

こういう画面になりますが、Nova Launcherを使っている場合「一括適用」(上のスクショでいう「IOS Icon Pack 11を適用」のこと)を押してもうまく動作しないことがほとんどです。ここはどこの設定同士がどう絡んでいるのかずっと謎です。面倒で実験する気も起きない。

どっちにしろ自分で好きなアイコンを選んでいきたいのでアイコンは1つずつポチポチやっていきましょう。というかそのアイコン選びが楽しいんだもん。

アイコンは、Nova Launcherのホーム画面上で

Nova-Launcher-icon-edit-1

①編集したいアイコンを長押し。ものによってUIが上図のように2パターンあります。

Nova-Launcher-icon-edit-2

②アプリアイコンの部分をタップ。

Nova-Launcher-icon-edit-3

で、一覧から選べます。

Nova-Launcher-icon-edit-4

ただ視覚的に全部探すのはさすがにだるいので、

Nova-Launcher-icon-edit-5

右上のアイコンをタップして、

Nova-Launcher-icon-edit-6

この画面から検索しましょう。右上の虫眼鏡アイコンからは好きなキーワードで検索可能(英語)で、あとはタブグループごとにだいたいまとまってるのでそこから選ぶこともできる。アイコンパックアプリの多くがこのインターフェースに則ってます。

というのと、今回はiPhone風を目指すために「ラベル」も付加します。

my-setting_IOS Launcher-label

これ。

今まで僕はラベルを非表示にしていたので、

label-setting_Nova-Launcher

Nova Launcher設定のここから、

label-setting_Nova-Launcher-2

label-setting_Nova-Launcher-3

ラベルを有効化。

ついでに未読バッジも合わせておきましょう。

unread-badge-setting_Nova-Launcher

こんな感じで。

で、結果はこう!

like-iphone-home-by-Nova-Launcher

うーん、、、、、、、なんて微妙なの。

幾分かは雰囲気出たけど、それにしても微妙…。やっぱりiPhoneのあのクオリティは三位一体というか、ハード含めた他の全てがブランド化できているからなし得る業なのかも。

あとは

  • アイコンもちゃんと選んでない
  • アイコンサイズや質感が微妙に違う
  • ラベルの雰囲気、書体(フォントは僕の好みなので気に入ってるけど)

とか色々差異はあります。

これではただの「iPhone買いたいのにお金なくて買えない残念な奴」でしかないので、これまた即刻ボツ。

結局こうなった

しかしせっかく数年ぶりにホーム画面カスタマイズをやったのでなにかしら結果は出して終わりたい!

というわけで、

  • カラフル感は残す
  • 今までの自分のホーム画面はアイコンが小さくて “余裕” が感じられなかった
  • スマートさは追求する

などなどの条件から考え、

  • アイコンは真ん丸形状に
  • 色の色彩感は出すけどゴテゴテのパステルカラーなどにはしない
  • ラベルは非表示
  • アプリのグリッド数(縦×横の表示数)はiPhoneに準ずる

という設計内容で新規作成することに。

結果はこう!

new-android-ios-Hybrid-home_by-Nova-Launcher

どうでしょう!!けっこう自信作というか気に入っているんですけど!!

色んな良いところをいただいてきているので、これなら「Androidを持っててもiPhoneを持ってても普通の人は持ち得ないスマートなホーム画面」に近づけた気がします。少なくとも僕にとっては。

使っているのはNova Launcherなのでもちろんジェスチャーとか細かい挙動のカスタマイズは従来のものを引き継いでいるし、利便性は問題ありません。

Nova-Launcher-my-customize-home-two-tone

今まではこうやって「全部片手で操作できるようにアプリを下部に置いていた」のですが、それもよくよく考えると本当に片手だけで常用しているものは少なかったので問題なしです。

new-android-ios-Hybrid-home_one-hand

こういう風に左上の領域も上手く使えば変わらず片手でも使えるし(僕は左利き)。

そんなわけで、飽きなければ来年にiPhoneを買うまではこれでいってみようかなと思います。

またなんか新しいカスタマイズ内容を思いついたら投稿しまーす!

おわりに

今までは「自分が長いこと使い込んできた完成されたもの」しか紹介しないスタンスが少なからずあったんですが、これからは今回みたいな「こういう実験をしてみました!」という情報も積極的に発信していこうと思ってます(スマホのカテゴリに限らず)。

なにか実験やカスタマイズの要望などあったらお気軽にメッセージくださいね~。Twitterでもどうぞ!

ではでは、今日はこの辺で。

関連しそうな記事  もうひとついかが?
みるめも

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ

  1. より:

    正直ブログ主の白黒のちっさいアイコンのも、その後の丸アイコンのホーム画面もクソダサい。iPhone批判するなら、まずiPhoneを買おう。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます~
      そう考える方がいらっしゃるのも当然ですよね!うなずけます。
      特に「iPhone批判するなら、まずiPhoneを買おう。」は本当におっしゃる通りだと思います。
      来年また出直してきます。