「頭の中で勝手に知らない曲が作曲され、それが流れていく現象」の謎

頭の中で勝手に未知の音楽が作曲されていく現象
追記

2019/11/11:意外や意外、今まで僕の人生で周りの人間に話してきた中では一度も共感なんかされたことがなかったのに、この記事を投稿して以来、多数の方から似たような体験談のコメントをいただいております!

副交感神経マックスで本当にリラックスしているとき、静かな夜中に目をつむると、頭の中に自分の全く知らない音楽が流れてくることがある

しかもジャンルや演奏形態、楽器編成などは毎回全く異なっていて、これが完璧な音楽の構成を持って僕の頭の中を巡るのだけれど、この現象は一体なんなんだろう?

これは自分だけ?

なんでこんなことを記事にしたかっていうと、理由はこれだけです。
「他の人にもこの現象は起きているの?」っていうこと。

僕の場合、

  • 本当に完全に知らないメロディ、フレーズ、和声進行、イントロから間奏までが全てオリジナル
  • 先のメロディを想像してるとかも全くなく、なにも考えていなくても完成された音楽がリアルタイムで流れてくる
  • 曲の構成、パート数、ジャンル、楽器編成などは毎回違っていて、とてもじゃないけど全てをどこかで聞いたことがあるとは思えない
  • むちゃくちゃじゃない、本当にありそうな音楽である(というか完璧)

ってな感じで、自分でも本当に信じられない現象だと思っている。

時にはオルゴールだけのメロディだったり、イケイケのロック調バンド曲だったり、ハープとフルートの情緒豊かなアンサンブルだったり、、、
本当に驚きます。

ただ、楽器の構成やら全体のまとまりやらを見ても、自分の趣味にすごくマッチしたものがよく現れている点になにか意味があると思う。

「ひょっとしてこれは願望なのでは?」というのが最近の僕の中での有力な説。「こういう音楽があってほしいな」という。

それを、今までの自分の経験と合わせて脳が自動で作曲しているんじゃないかと考えた。なんとなくこの辺が結論な気がする。

追記

2019/6/30:大変興味深いコメントをいただきまして、「脳がトランス状態(一種の覚醒状態のようなもの)になっているのでは?」という意見に気付かされました。なるほどなるほど、その線はかなりありそうですね。
いずれにしろ個人で真相を究明することはできませんが…。

よく眠りの前後だから夢であるとか、そもそも錯覚だとか、もしくはどこかで聞いたことがあるからっていう意見が多く言われるようなのだけど、僕の場合どれでもないと断言できる。

この現象が起きているときはたしかに意識がはっきりしていて他の考え事もできるくらいだし、そのとき思い浮かんだメロディを頭の中でなんとなく譜面に起こすこともできるくらい鮮明です。流れてからすぐなら同じメロディを辿って自分でも歌えるし、到底気のせいとか錯覚系の話とは思えない。

まとめ

譜面としても追える状態ではあるのでどうにかして再現をしてみたいんだけれど、メロディくらいは譜面に起こせても残りのパート全部もってなると量的に無理だし、さすがに同じ部分を何度も頭の中で再生はできないので、やっぱり非現実的です。

ということで、みなさんはどうでしょう?似たような事例はいくつかネットでも見つけられましたが、当然ながらここまで長ったらしく書いているものは見当たらなかったで、ぜひ他の人の話も聞いてみたいです。

思い当たる節がある方は、よろしければツイートとかして周りの人にも共有してみてほしいです!

それでは!

関連しそうな記事  もうひとついかが?
みるめも

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ

  1. 望夢 より:

    先日、この現象になりまして静寂時の耳鳴りについてはたくさんの記事をみつけたのですが、なぞの曲が流れてくることについては、なかなか見つからなくて…。
    みるみさんのブログみて、他にもその現象を感じた人がいるんだ!って嬉しくなりました。
    私も耳から流れる曲は色々その日によって流れますが、”聞いたことありそうで知らない曲”という感じがします。自分が聴いたことのあるジャンル同士を混ぜてるような気もします。(ロックっぽい曲の中でホルンの和声が聞こえたりする)
    不思議ですが、聞こえてくる曲は好きなので面白かったりもします。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。
      たしかに、意外にもこのタイプの記事はあんまりみつからないですよね。
      やっぱりその人の潜在的なものが流れてきてるのかなあと最近は思っています。
      それでも、自分が考えたこともない構成の音楽が流れてくると興味深いですね。

  2. 匿名 より:

    はじめまして。
    私もこの現象起こります!
    知らない曲だけど本当にありがそうな感じなんですよね〜

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます~
      ちなみに、それはメロディラインだけではなくてしっかりとした合奏体形になっているものですか??
      僕はクラシックやロックやポップス、なんでもあるんですよ笑

    • CD900ST より:

      私もかなり似た体験をします。
      オカルト好きな中学生の時期に明晰夢体験に挑戦しまして、ネットでの訓練方法を実践しつつ、月に1、2度できるようになっていました。ときとして瞑想状態になることがあり、コメント欄のMDRさんと似て、エアコン程度の雑音下でゆったりと覚醒度をおとしていくと脳内作編曲と言えるこの現象がまれにできます。
      自覚したのは高校生のときでしたが、楽器経験もなければそれほど音楽にハマってもいませんでした。むしろ脳内で作れる音楽に感動したことが動機となって高校卒業後に作編曲を勉強し始めました。

      複雑なコード進行を含むアニソン風の歌モノやEDM・ベースミュージック等の打ち込み音楽が、完全な編成で、リアルタイムに構成されます。頭の中で鳴るというより、イヤホンで聴いているような音量感があります。
      音楽をたくさん聞くようになり耳の感度が高まったのか最近はAメロ・Bメロ・サビを意識した展開を作れるのでかなり楽しいです。麻薬ですよこれは。

      完全なフルアレンジでの作編曲は瞑想状態のときに限りますし、起きた頭ではできません。
      音楽経験が浅いのでメロディの耳コピが多少できても和音への耳感度が悪く、頭の中のコード進行を実際に打ち込むことはなかなか難しいです。

      明晰夢の探求とともに脳内作編曲ももっと究めていくつもりです

      • みるみ より:

        コメントありがとうございます。

        なんと、またもや明晰夢などと関わりを持つ方が現れるとは。笑
        そしてそれがきっかけで音楽を勉強し始めたのですね、とても素敵です。

        ご存知か分かりませんが私も明晰夢など意図的に意識をコントロールする種の操作は得意ですが、今までそういったときにこの現象が起きたことはありません。とても気になりますね。

        あと気になるのは
        >頭の中で鳴るというより、イヤホンで聴いているような音量感があります。
        というところ。ここはだいぶ僕らとは違う視点な気がします。単に音量という意味でおっしゃっているなら分からなくもないですが、僕の場合は「どこから聞こえてるかなんて意識されない」という感じです。まあ音場感のあるイヤホンならそうなりますが…。

        ぜひその新たな作曲体験を究めていってください!

  3. あやの より:

    頭の中で一曲全部が完成されて流れているのでしょうか。すごいですね。
    私も部分的にか、未完成な短い曲ですが、色々な楽器や歌声で音楽が鳴っています。
    最近知ったのですが、モーツァルトの作曲方法が、頭の中で音楽が鳴っていて、それを五線譜にコピーするという方法だそうです。
    モーツァルトについて調べたら大いに共感すると思いますよ。
    ゲームをしながら作曲したという曲も残されているようです。
    音楽幻聴ともイヤーワームとも違う。脳内で作曲しているのでしょう。
    いずれにせよ、聴覚が高度に発達しているのではないでしょうか。

    • みるみ より:

      お読みいただき、そしてコメントしていただきありがとうございます。
      一曲全部と言いますか、とめどなくずっと続いていく感じですね。しかしながら明確な構成を持っていて、その流れているのを聞いている中では起承転結も確認できています。笑

      モーツァルトのお話、承知しています。
      彼は頭の中で鳴った音楽を譜面に起こすのが長けていたようで、一種のインスピレーションなのでしょう。
      私も逐一音楽としてアウトプットできたら…と思うのですが。笑

      長年音楽をやっていますし、多種多様なジャンルと関わっているのはたしかにありますが、「聴覚が高度に発達している」なんて言われてしまうと少し恥ずかしいですね笑

      御意見ありがとうございました!

  4. けい より:

    今今、寝かけてる時に

    宇宙人?を思わせる感じの
    さんじゅう位の音が
    言葉だったら
    あわいあわいあわい
    ??
    繰り返して
    スッと消えて何も聞こえなくなりました!

    毎日夢を見てるから起きたら夢占いみる癖があるので
    この音も検索してみたら
    出てきました^ – ^

  5. あだち より:

    すみません、、、名前を入れずにコメント送信してしまったので再送します。

    この現象、自分もたまにおきます。昨日も起きて、昨日はロック調の楽曲でした。パート数は3か4かな。ギター・ベース・ドラム・ボーカル、みたいな編成でした。
    女性ボーカルの曲と男性ボーカルの曲が1曲ずつ流れて、そのあとは寝落ちしてしまったようです。
    昨日は寝る直前だったのですが、日中仕事で会議しているときも脳内で流れたりします。
    状況的にすぐに口で歌って録音する、というのが難しいので残せてはいないのですが…。

    あと不思議なことに(?)、僕自身楽器もギターが多少弾けるくらいで作曲なぞできないし、コンピュータで楽曲を作ることも未経験です。
    なのにちゃんと聞ける、むしろ保存して日常的に聞きたいと思えるような曲が流れるのは、不思議だなと感じています。

    ホント、脳内から直接録音できればいいんですけどね。。。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます(1投目の同内容コメントは削除させていただきました)。

      最近、続々と色んな方からこの現象の報告を受けて、少々驚き始めています。
      あだちさんは、交感神経が優位であろう日中の活動中にも起こるのですね。それは相当珍しいと思いますし、一体どんな感じなのか僕には想像が難しいですね(そもそもお互いで思っているこの現象が同じものである保証なんかどこにもないんですけどね)。

      音楽の経験もそこまで深いわけではないということで、これまた貴重な情報となりそうです。
      どうもありがとうございました!

  6. より:

    はじめまして、私も全く同じことが起こります。私の場合はピアノのことが多いのですが、自分の趣味にマッチしている点も、リアルタイムで流れてくる点も、非常に共感しました。確実に夢ではないと思います。
    どうやら脳の働きはぼーっとしているときに最も活性化することが科学的に明らかになっているらしいです。これまでに蓄積された知識が無意識につなぎ合わせられているように感じます。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。
      今まで色んなケースの方の報告をいただいておりますが、そこまで共感していただけたのは珍しい気さえします!
      その「無意識のうちに勝手に紡がれていく」というのは僕も考えていた意見でした。脳が極度にリラックスしているときに起こりえることなのでしょうね。

  7. MDR より:

    はじめまして。
    マッタリとしていた一昨日の晩に同じような現象が起き、気になったので検索したところこちらのサイトがヒットしましたのでコメントさせていただいております。

    状況と致しましては
    扇風機の音が微かに響く部屋で布団にダイブし脱力しきった身体でボーッと(うとうとではない)していると唐突に
    全く聞いたことのないクラシックのような曲が脳内に流れました。
    驚いて、どこから流れてきたのか辺りを確認しましたが頭からだと再認識。
    再びボーッとしていると次はHouseミュージックのような電子的な音楽が流れてきました。

    何も考えずともどこからともなく湧き上がるこれらの音楽はしっかりとメロディが組まれていてとても心地よかったです。

    扇風機の音は認識できていましたし、寝ているとは言えないほど脳は覚醒していました。扇風機の音がベースになってるのかなと思いましたがそんな訳もなく….(音楽ジャンルがあまりにも違うので)
    ただ、聞き終えた直後は記憶にあったのですが数時間後にはメロディすら思い出せなくなりました。
    まるで夢を見たことは覚えているけど詳細が思い出せない、あの感覚です。

    また当方は音楽は大好きですが楽器はギターを軽く嗜む程度であり全くの素人です。作曲なんて尚更無縁の人間なのでなぜこのような現象が起きたのか不思議でたまりません。

    生きてきた中で聞いた曲を脳が勝手に編曲でもしたんでしょうか。。

    とにかく不思議な経験でしたが同じような方がいらっしゃるようで興味深いです。

    余談ですが私は瞑想によりトランス状態に入ることができます。一昨日の感覚はそれに近かったような気がします。トランス状態で音楽を聞くと耳ではなく脳と身体が音楽を嗜む感覚が得られます。(深度によっては音楽が映像として見えることも)これを入力とした時、一昨日の経験は出力だったのでしょうか。。
    とにかく謎は深まるばかりです。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。

      今まで色々な方に状況報告を頂いておりますが、まずMDRさんの場合で興味深いのは「初期状態で頭の中で流れていると思ったわけではない」というところですね。

      僕の場合は少なくとも「リアルに音楽が聞こえてくるものではない」というのは自明で、あくまでも頭の中で起きる現象というものでした。この明確な違いは非常に興味深いです。

      そしてなにより気になるのが「瞑想」の件です!

      実は僕もその手のものが得意というか大好物で、このブログでも「明晰夢/体外離脱」というカテゴリで瞑想などの話題を扱っています。僕は瞑想のみでトランス状態に行けるまでは訓練できていないのですが、近いことは幾度も経験があります。

      その状態で聴く音楽はたしかに「聞く」というより「身体で音楽の中に入っていく」感覚であることを僕も思い出し、かなり「おおお!」と思っています!

      一種の脳が覚醒している状態なのでは?という考察もかなり強くなってきましたね!「リラックス」がいつもキーワードになっているのも良いヒントな気がします。

      しかもそうだとすると音楽経験の有無なども関係ないことの裏も取れそうです(強いショックで芸術的才能が開花する事例は有名ですが、擬似的にそういう状態になっているのかも)。

      聞こえているものに関して、

      >生きてきた中で聞いた曲を脳が勝手に編曲でもしたんでしょうか。。

      というのは大いにあると思っています。ここは僕の今の考えにもけっこう近くて、賛成の意を示したいです!

      今回は大変貴重なコメント、ありがとうございました。

      続報がありましたらぜひ!

  8. ガイル より:

    35歳の男です。音楽経験は全くありません。
    「自分以外にもこんな夢を見る人はいるのかな?」と思い、検索してたどり着きました。
    先ほど昼寝をしておりましたところ(笑)、またあの現象が!
    今回は雨が似合いそうな悲しいピアノ曲でした。
    しかしみるみさんのような「状況にマッチした曲」ではなく、
    「サバの味噌煮の皿を前に、親父が文句を言っている」というシュールな絵面。
    そして私の場合はほとんど「夢」ですね。たまに眠りに入る直前に流れたりもしますが、
    それは夢の見始めだと思っています。今日は眠りから目覚める直前でしたけど。
    あと、私のは1曲全部ではないですね。というか「この曲を目覚めても覚えていよう!」とすると、
    脳がどんどん覚醒して、目が覚めてしまうんですね。だから起きた時に覚えている曲はサビ1つ分くらいです。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。
      どうやら完全に夢寄りな感じのご様子ですね。

      夢の中だとまたけっこう話が変わってくると思っていて、その辺のことは僕のブログの「明晰夢・体外離脱」というカテゴリで色々書いています。ご興味あれば覗いてみてください。

      ともかく、自分の経験によらない音楽が無意識に紡がれるのはやっぱり興味深いですよね!

  9. ちはる より:

    初めまして。記事を拝見させていただきました。
    私も最近、このような体験を致します。

    私の体験からしますと、寝入りの直前で、普通に物事を考えられる状態で聞こえます。
    聞こえるというより、イヤフォンをして音楽を聴いているのと同じ様な状態です。

    ジャンルも様々で、投稿者様のように自分の好きな曲に偏ってはいませんが、完璧な楽曲です。
    クラシックのようなものから、きちんと歌詞が付いているJ-POPのようなものまで。更には、英語や中国語など、語学に堪能ではないものまで流れます。編成やコードも完璧です。
    私もどうにかして覚えたまま譜面に起こしたいのですが、全て覚えていることは不可能なようで、覚醒するうちに次第に思い出さなくなります。
    因みに、自分で好きな曲を思い浮かべると、それを聞くことも可能です。

    また、私は音楽だけでなく、ラジオを聞いたりテレビまで見えてしまいます。出演者は、見たこともない方ばかり。また、海外の未来のような情景とかも見えたり…
    これはもしかしたら、未来が見えるのかな?とか、変なことまで考えが及んでしまいますが、これまでの経験上から構成されたものかとも考えました。
    けれど、全く経験も記憶もないものまで見えるので不思議ですよね。

    加えて、明晰夢もよくみます。とにかく、好きな夢を見られるし、コントロールも可能。
    好きなものを食べたら美味しいと感じるし、触ったりするとリアルな感触も得られます。
    でも、神経を集中させなければいけなく、かなり脳に負担がかかるので起床時にはかなり疲れています。あまり良くないみたいですね。

    私はなんだか恐怖さえ感じますが、同じような方がいらっしゃって安心しました。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。

      ほほう、これはまた新しいタイプの方ですね。笑
      大変興味深いです。

      歌詞があるというのはいささか疑問なんですが、それは本当に意識しているレベルで言葉を認識できているんでしょうか?もしそうだとすると今回の僕の記事で書いた範疇を超えるようなレベルな気がします…。覚醒度が落ちて夢に近い状態になっていることはありませんか?

      映像も見えるというのは、まさに夢な気がします。

      ちはる様は明晰夢の体験も多いとのことで、覚醒度が高い=自分の意識が強いので夢を見ている感覚が薄い、という流れで夢とごっちゃになっている線があるのでは、と感じました(僕自身もそこはすごく共感できます)。

      と、憶測だけで色々書いてしまいましたが夢の制御力もかなりの手練れとお見受けしますので、僕以上に色んなものを体験されているのだと思います。羨ましいです…。

      P.S.
      >因みに、自分で好きな曲を思い浮かべると、それを聞くことも可能です。
      これについては別でかなり考察をしたことがあるので、いつか記事にする予定です(今回とは全然違う話として、です)!

  10. たけけ より:

    初めまして。記事を拝読させて頂きました。

    以前から、知らない曲が頭の中でかかったりする事がちょくちょくありました。
    ふとこういう現象が他の人にもあるのか気になって検索を掛けたところ、こちらにたどり着きました。

    良かったです。
    突然、頭の中で知らない曲がかかる現象は、もしかして精神的な病気なのかとふと気になったので。
    他にもそういう体験をされている方が多く居り、かつその現象を楽しんでいらっしゃる様を読めて、ほっと安心できました。

    今まで、どの様な時にそういう現象が起こるとか気にしたことが無かったのでハッキリとは分かりませんが、私の場合は、少しボンヤリしている時に起こっているような気がします。
    知らない曲が頭の中でかかってるなと認識したところから、だんだんと曲がぼやけていって(あーまた頭の中でかかってたかー)と認知する感じです。
    かかっていた直後でしたら曲の一部を追うことは可能ですが、すぐにぼやけてしまって後は思い出せません。

    それから、最近はありませんが、お話が突然降ってくることもありました。
    サスペンスのドラマを見ているように、複数の登場人物が入れ代わり立ち代わりで登場し、複雑な話が展開されていくのです。
    とても面白いのですが、ただただ展開を追っているうちは話は進行していきますが(どうなるんだろう)などとストーリに対しての自分の考えが表に出てくると、急速にぼんやりとしてしまい話を追えなくなってしまいます。
    ただし、自分の考えを表に浮かび上がらせずにストーリーを追うと、だいたいはちゃんと最後まで展開されました。

    何回かストーリーを書き起こそうとしましたが、話が長めのためか、終わることにはストーリーの最初の方がぼやけてしまっており、書き起こせませんでした。

    1回、あまりの面白さに、頭の中でストーリーが展開しているその最中に話を書き起こしてみましたが、書いている最中も頭の片隅ではストーリーがどんどん展開されてゆくので、こちらの筆のスピードが追い付かず(あーっちょっと待ってちょっと待って)と思っているうちに遂に終いまで展開されてしまいました。
    展開が終わるとどんどんぼやけていくので、その後も書き進めましたが、結局最後の最後が思い出せず、悔しい思いをしたことがあります。

    それから、さきほど“ドラマを見ているように”と書きましたが、実際は見えておりません。
    日中に活動している最中だったりするので、視界は普通に毎日の風景を見ています。
    なのでどちらかと言うとラジオドラマの方が近いかもしれません。
    ですが、ラジオドラマの様な「Aがドアを開けた」「Bが転んだ」などと行動を読み上げるナレーターはいません。
    そこは、頭の中で勝手に展開されるいるだけに、どれだけ複雑に何人もの登場人物が出てきて其々がどれだけ動き回っても、ちゃんと認識出来てましたね。
    ただ、行動を認識しているだけなので、彼らがなぜそういう行動をしたのか、何を考えてそうしたのかは、ストーリーで明らかにならない限り、私にも分かりませんでしたけど。
    それから、登場人物の容姿なども全然わかりません。
    なにせ、頭の片隅で勝手に展開されるいくストーリーを認識しているだけで、見ているわけではないので。
    (視界は日常の風景のまま、なので)

    コメントされている方の中にテレビが見える方がおりましたが、私は見えているわけではないので、その方とはまた違う現象なのでしょうね。

    最近は、話が降ってくることはないのがちょっと残念です。
    知らない曲は今でもちょくちょくあるんですけど。

    すっかり長文になってしまいました。
    申し訳ありません。
    長々と失礼いたしました。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。

      >他にもそういう体験をされている方が多く居り、かつその現象を楽しんでいらっしゃる様を読めて、ほっと安心できました。

      そうなんですよね、みなさん意外と体験されているようです。笑

      音楽のところに関しては僕と随分似ているところがありそうですが、「お話」の件はさすがに別の話題のような気がしますね…。
      日常生活は普通に続いているのにストーリーは追っている、って、一体どんな感じなんでしょうか?笑
      それはそれで非常に興味深そうな研究対象になりそうです。

      ご体験談、ありがとうございました!

  11. 共感しすぎー より:

    こんばんは。私は昨日と今日、寝起きのときに、聞いたこともない音楽が聞こえたので、調べてここにたどり着いたのですが、もっと凄いのを経験した人たちがたくさんいることに驚いています。

    昨日は、お経が混ざったようなちょっと不気味な感じの音楽で、今日は荘厳なクラシックでした。寝起きに、目覚ましのように、遠くから聞こえてきてだんだん大きくなる感じです。

    耳を済ませると、いくつかの家電の音が混ざったおとが聞こえるので、それを素材にして、勝手に脳が作曲したのかなと予想しています。

    ただ、おかしなことに、目が完全に覚めた後も音楽が鳴り止まず、外から聞こえてるのかも、と窓を開けても外からの音ではなさそうなのです。みなさんと同様に、雑音が組み合わさったにしてはうまくできすぎてると思いました。
    自分が知覚しているものを現実かどうか疑ったことは、今まで一度もありませんでした。

    人間の脳とか、意識や無意識の世界というのは、不思議なものですね。

    コメントいっぱいきすぎて大変ですね、
    自分の変な体験を書けただけで満足なので、コメントなくても大丈夫ですよ!

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。
      もちろんちゃんとお返事させていただきますよ。笑

      そうなんです、なんだかこの記事もみなさんの共感コメントがメインになってきていて、毎回コメントをもらう度に面白いなあと思いながら読んでいます。笑
      (コメントくださるみなさん、本当にありがとうございます!僕の記事なんか全くもってどうでもいいので、どんどん共感の場にしちゃってください~)

      今回気になった記述は
      >自分が知覚しているものを現実かどうか疑ったことは、今まで一度もありませんでした。
      ですね。思わず「うーむなるほど」と言ってしまいました。

      どうやら完全に脳が覚醒している状態なのに音楽が鳴っているようなので、たぶん僕とは随分違う状態なのか、もしくはもっと高度な事象なのかも。それは体験してみたいなあと思います。

  12. やぶ より:

    中学生の時、この現象が起きたことがあります。

    夏休み最後の日、私は後回しにしていた宿題()を深夜までやっていたのでした。終わったのは明け方近く、さっきまで寝たらダメだと頭をフル回転させていた為、かなり疲れていたのに布団に入っても寝付けませんでした。
    そうしたら頭の中で音楽が聞こえてきたんです。
    私の場合は全て英語の曲で、メドレー編集したようにいろんな曲が終わりなく次から次へと流れていく感じでした。ミディアムテンポのロックやポップだったような…その全てが全く知らない曲で、でもデタラメではなくどこかに実在してるでしょ、ってくらいしっかり曲として成立したものでした。
    感覚としては、どこからか聞こえてくるというより、はっきり自分の中から生まれてきてるってわかる感じでした。(イヤホンの方に近いかもです)
    なんだこれすごい、私どうしちゃったんだ…??って暗い部屋の中でそれをぼーっと聴いていたのを覚えてます。ぼーっとしているのにその音楽たちを意識すればする程覚醒するような感覚でした。
    洋楽を聴くことはありましたが、作曲できるほど聴き込んでいる訳でも英語が得意なわけでも作曲経験もありません。
    それ以来10年くらいこの現象に出会っていませんが、知らない音楽が頭を流れてぼーっとそれを聴いている時間は不思議とかなり心地いいものでした。また起こらないかななんて思ってます。
    ちなみにその翌朝は寝坊し、せっかく宿題は終わらせたのにそのまま体調を崩して休みました。笑

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。

      ふむふむ、よく聞くタイプの体験談ですね。
      しかし僕の場合は結局宿題はクリアせずにどうやって言い逃れするかを考えるのが最終日の恒例行事でしたが。(最低

      「イヤホンのような感じ」はコメントを見ているとおっしゃっている方がたくさんいますね。僕は「頭の中で鳴っている/聞こえている感じ」の方がしっくり来るのですが、ここはひょっとしたらみんな同じことを言っているかもしれませんねー。

      しかし10年も前のことを覚えているとは、余程衝撃的な体験だったんですね。宿題もちゃんと提出できればよかったのに…。笑

  13. ありす より:

    はじめまして!私も時々この現象が起きる時があります。明け方まで起きていて、うとうとしている時に一瞬、ワンフレーズだけ脳内をよぎるという感じです。曲はまさに完成されていて、ジャンルもロックからJ-POP、民謡まで様々です。また、時々夢の中でも音楽が聞こえてくる時があり、それは知っている曲だったり、全く知らない曲で、J-POP風なメロディーで歌詞までついていて、しかもその歌詞がその時の自分にとってのメッセージ的なものだったりします。こんなことが何度も起きるのですが、やはり周囲に話しても共感は得られず、こちらにたどり着いた次第です。音楽とは違いますが、画家のサルバドール・ダリも、うとうとしながら見た夢?であの不思議な絵を書いたそうです。何かあるんでしょうね。不思議です。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます~

      やはりありすさんも眠りの近辺なんですね。しかもコメントを拝見した感じ僕の現象にかなり近いタイプかも?と思えます!
      しかし歌詞は聞こえたことがなくて、言語的にそんなものが勝手に生成されてしかも意識できるって、すごいですね…。

      ダリの絵ってひょっとして「記憶の固執」のことですか?
      その話は知らなかったのでちょっと調べてみたところ、そんなようなことを言っているサイトはたしかにありました。

      やはりこの現象は芸術と縁があるようです…。

  14. 岡山から より:

    はじめまして

    自分は 朝 起きた瞬間に 息を 吐くとき

    腹筋に 少し 力を入れて 喉を しめたときに

    どうも その曲の キー が決まるみたいで

    そこから 勝手に 曲が 作られていく

    そんな 感じです。

    そして 目の前に 一本 曲のキーの

    棒が 見えます。

    腹筋や 喉の 緊張で 音を 覚えていたり

    していませんか?

    長く なりましたが 自分も 曲が流れるので

    同じ人がいて 安心しました

    それでは また です

    • みるみ より:

      なんというか、初めてのご報告ですね。笑
      コメントの雰囲気も独特で、僕も不思議な気持ちになりました(?)
      ありがとうございます!

  15. ミヤ より:

    私も中2くらいに似た経験がありました!!!
    ピアノの曲でした。完璧に構成されていたので、驚いてしました。
    当時の私は、何かが目覚めたかもしれないって思っていましたw
    譜面かなんかに書こうと思っていました。しかし、いろいろと忙しかったので、結局しませんでしたw
    あと、睡眠の前後とかじゃなくて、ぼーっとしている時に起こりました。
    あれ以来、起こっていませんが、
    また起こったら録音しようかとw

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。

      やっぱりみなさんこういう経験されているみたいですね。これはまだ解明されていないだけで新たな発見なんじゃないか?とか最近思ってます。笑
      「自分だけ何か才能があるのかも!?」って思いますよね!笑

      僕も最近は寝ていなくても落ち着いているときには起こるようになりました。
      あまり睡眠は関係なさそうですね。

MENUみるめも
書いている人PROFILEこのブログについてABOUT
とじる