これからブログ/アフィリエイトを始める人は絶対良いPCを買うべき!

これからブログ/アフィリエイトを始める人は絶対良いPCを買うべき!
この記事はこれからブログやアフィリエイトを始める方へ向けた記事、という前提です。僕の個人的な考えなので、検討の一要素として読んでみてください。

ブロガー、アフィリエイター的にはこんなに逆風MAXなのもいつぶりでしょうというくらい過酷な環境だと思いますが、それに反して新規ブロガー/アフィリエイターはバカスカ急増しています(ソース探したけど最後のまともな調査は2008年止まりでした。体感ではここ数年でもまだたくさん増えていると思う)。

始める理由は多々あるだろうけど、そのうちの大きな要因のひとつに「PCとネット環境だけで始められる」という手軽さが挙げられるでしょう。

で、PCを使うわけだけど、ブロガーを始めると想像以上に色んな作業が発生するんですよ。ただ文字をタイピングするだけじゃないんだよね。やっている人は分かると思いますが。

そんなわけで、せっかくなら良いPC買いなよ!というお話です。

個人的な主張であることは自覚しているので、反対意見を頂いたら全て同意いたします。

ブロガーがPCで行う作業はどんなものがある?

記事の原稿をひたすら書き続けていそうなブロガーですが、じゃあ他にどんな作業をしているの?っていうのを書き出してみます。

画像編集

art-paint-edit

これは一番多いかな。

記事内に載せる画像は当然として、アイキャッチ(サムネイル画像のこと)をその辺で拾ってきた画像そのままで使うなんて、色々な観点から考えて超もったいないです(というか著作権的にも危険)。

僕は常にフォトショ(Photoshop)を起動しっぱなしだし、Windowsのペイントも死ぬほど使っています。

あと、継続的に使うわけではないけど「サイトを立ち上げるとき」や「デザインをするとき」にも画像の編集はかなり必要になります。

「サイトロゴを作る」とか「自分のアイコンを作る」っていうのは、作業の問題とは別に美術的能力などを必要とするので一般的には外注してイラストレーターさんとかに描いてもらいます。外注の仕方など諸々気になる方はこちらの記事をどうぞ。
「ココナラ」で外注!Twitterのオリジナルアイコンを手数料無料で!
「外注」って言葉、かっこいいじゃん?(唐突 「たとえばTwitterのアイコンを用意したいな」と思ったとき、著作権フリーの画像とはいえ、ネット上の "ありもの" で作るのはなんだかオリジナリティがなくてちょっと嫌ですよね。 ...

リサーチ・分析関連

digital-marketing-graph

まだサイト運営というものを始めていない方にはピンと来ないと思いますが、一番大事な作業は原稿の執筆ではなくて調査や分析です。

なにを調べるかというとそれは本当に多岐にわたるのでここでは説明できないけど、

  • 自分が書いた記事がどうやったら読んでもらえるか
  • 自分が記事を書くことでどうやってもっと収益を大きくできるか

などの目的のためにリサーチをします。

具体的には、単に他のサイトをネットサーフィンするものから、特定のワードの検索ボリュームを調べたり、自分の記事の検索順位を調べたり、ライバルサイトの競合分析などなど…。

この過程で色んなツールを使ったりもするので、PCのスペックが全く関係ないとは言えないわけです。

それらプラス、PV数と広告掲載結果からのデータをExcelに並べてPDCAサイクルを回す…なんていうことも僕はやっています。まあ、もっともっと稼げるようになってからやる方が意味はあるんだろうけど、今も機会損失はしたくないので…。

こっちはちょっとやってる人珍しいかな。技術者なので、データ大好きなんです。

コーディング

programming-code

これはたぶんやっている人の方が少ない。

僕はデザイン編集でのcssだけじゃなくて、WordPressのテーマファイル(php)から結構いじくりまわすし、JavaScriptも書くしで相当サイトをカスタマイズしているので、他の人よりたくさんの余計な時間と手間をかけていると思います(そんなことするより良い記事たくさん書くほうが10000倍大切ですからね)。

「それもただ文字打つだけだろ」ってお思いでしょうが、細かい色んな作業は発生するんです。

ブラウザがかけるPCへの負荷が過酷

browser-puts-a-strain

YouTuberと違って毎日動画の編集やエンコードをするわけじゃないけど、そういうイメージを持っておいた方がいいのが「ブラウザがPCにかける負担」の部分。

全ての作業のうち80%以上はたぶんネットを使う、つまりブラウザ上で行うことになると思います(僕は原稿執筆はWordPressのエディターではやっていないので幾分かマシ。詳しくは【質の良いコンテンツのために】ブログ記事執筆のオススメな進め方の記事で)。

で、その他WordPressの管理画面やらAdSenseやらアナリティクスやら画像素材サイトやらTwitterやらライバルサイトやら……

とかどんどん必要なタブが増えていくので、メモリを信じられないほど喰っていきます。

貧弱なパソコンだと、フリーズしないまでも動作はモッサリ・ノロノロなんていう状況にすぐなっちゃいます。それとも、毎日見たいページなのにいちいち開いて閉じてってやりますか?

ちなみに、Chromeを使っている人が多いかと思いますけど「メモリ食い過ぎるしすぐにフリーズして落ちる」という問題で困っている人はぜひ僕がおすすめするブラウザ「Vivaldi」についての渾身の記事を読んでください。

中身はChromeまんまなので、使わない理由はありませんよ。

とにかくネットを使いまくる

internet-online

ちょっと毛色が違いますが、ほぼ全ての作業にインターネット接続が必須なので、PC自体のスペックはもちろんインターネット環境のスペックはかなり作業効率に直結します。

同じ時間あたりで作業できる量が変わってしまうのはもちろん、なにより通信速度が遅いのはストレスになってしょうがないんです。このイライラがさらなる作業効率の低下を招くのは言うまでもないでしょう。

speed-test-1

speed-test-2

どちらも僕の実測値。このくらいのスピードが維持されていればかなり快適で、ネットでは困りません。

僕の家の光回線はかなりゴキゲンで、常時400~450Mbpsくらいのスピードが出ます(上の画像は平日夜のゴールデンタイム20時での計測。全然落ちないので素晴らしい)。

もう一つ大事なのが、サイト運営の作業はダウンロードだけじゃなくてアップロードもとても多いということ。

画像なんて1記事投稿するのに何枚も上げることになるので、その度に長い時間を待たされてちゃ話になりません。回線環境は重要。契約を変えられないなら、ルーターの配置や有線での接続などを検討しましょう。

ちなみに回線は@nifty光です。速くて安い、おすすめ。

バックアップ、資料整理

backup-data-files

サイト運営を続けていると、色んなメモやデータをまとめた資料、バックアップしてきたものなどなど、かなりファイルが氾濫してきます。

この辺はわりと普通の仕事と同じかなと思っている。

これらの整理と適切な管理ができると、メインの作業を邪魔されないどころか、より効率がアップするのは経験上間違いないです。

あと、よく「Officeなんて無料の代替ソフトで十分だ」と言われますが、僕は反対派。

普段仕事で使い慣れているOfficeソフト(ほぼExcel)の使用感をそのまま自宅でも展開できるのは想像以上に快適です。

僕ももともと「WPS Office」という安価な代替ソフトを使っていた経緯がありますが、色々考えて検討した結果、今はOffice 365 Solo(Officeソフトとその他のサービスを使える個人版)を契約しました。

メールのやりとりにOutlookを使えるという点と、月額料金の一部はSkypeの無料通話60分サービスでけっこう補えるという点を考えると、超安いと思います。今後自分のPCでなにかを始めたいという人にはぜひおすすめしたい。

じゃあどんなPCがいいのよ?

home-office-pc-machine

今のところこの記事の説得力が超微妙なのは分かっているのだけど、とにかく想像しているよりたくさんパソコンは使うんだよということを伝えたい雰囲気くらいは感じてもらえましたでしょうか…。

とまあそんなわけで、「10年選手になるオンボロノートPCしか持っていないけどブログをちゃんと始めたい」とかっていう人は、ぜひ「それなりなPC」を買ってもらいたいです。

くだらないことでブログを諦めてほしくないので!

「それなりなPC」のスペックの目安(ちょい欲張りセット)

デスクトップ 同じスペックを用意するならノートPCの2/3くらいの価格で手に入る。
部品ごとに買える、変えられるなどメリットは多い。できればBTOがいい。
また、ノートPCにしてしまうとキーボードの変更がきかないのが痛いです。
※持ち歩くのが憧れなら別で買うことをおすすめします。
CPU Intel Core i5以上 既成品ノートとかじゃないとあんまりi3以下はお目にかからないし、迷っても素直にi5以上を推奨。
ここを下げてメモリに費やすというのはアリ。
メモリ8GB以上 ブラウザの問題しかり、メモリが一番作業効率に影響する度合いが強いです。
SSD(最低128GB) データの保存はHDDでいいので、OSとProgram FilesはSSDにインストールしましょう。目ん玉飛び出るほど起動が速くなります。

このくらいでしょうか。

自分が慣れているからっていうのもあると思うけど、たぶんこれだけ用意できたら十分すぎるくらいです。

でも、この先

「なんとなくPCさわりたくないからなんとなくブログのモチベーションが上がんない…」

なんていうことにだけはなりたくないですよね?

別にサイト運営にしか使えないわけじゃないし、これくらいの出費は良い投資になると思いますよ。

 

以上のようなことが満たせていれば、普通の作業を続けるレベルならしばらくは困らないでしょう。

「ブログで稼げるようになったら自分へのご褒美にマシンをアップグレードする」っていうのも楽しい選択だと思いますよ。

僕のマシン環境

「じゃあお前はどんなPC使ってんだよク◯野郎」って絶対みなさん思っていると思うので、最後に僕の環境も軽く紹介しておきます。

ここはPC以外も含めた作業環境全体の紹介記事をいつか書くつもりなので、今回はさらっと行かせてください。

my-pc-daiv-creator

PC本体はこれ。

「は?ノートパソコンなの?散々偉そうなこと言ってきて意味わかんない◯ねよクソ雑魚」

と思った方を納得させるだけの説明はあるんですけど、僕がわざわざデスクトップを選んでいない理由はブログ以外のことも関わってくるのでちょっと割愛させてください。

当初は記事を書く予定だったんですが、「ゲーミングノート」っていうワードだけですぐ炎上するっぽいのでやめた経緯があります(ちなみにこれはゲーミングノートではなくて「クリエイターPC」というものだけど)。

とはいえスペックは通常使用範囲での最高ランクです。

  • Core i7-7700HQ
  • メモリ16GB
  • グラボあり(GeForce GTX1070 / 8GB)
  • 4Kディスプレイ
  • もちろんSSD
  • LAN:1000BASE-T GigaBit-Ethernet
  • USB2.0 × 4個、typeC、Thunderbolt 3(PD)などなど

これだけあれば普段のサイト運営の作業は超快適です。お金払っておいてよかったです。
ちなみにパソコンのメーカーは マウスコンピューター というところ。

「クリエイターPC」という名前の通り、出歩きがあるクリエイターのために作られたPCのようです。マルチメディアを扱う人のPC作業は重いからね。だからグラボも乗っているわけです。

地味にYouTubeもやっているので動画のエンコもやります。かなり助かってます。

あとはDAWも触ります。打ち込みもやるし録音もします。音源読み込むことを考えると本当はメモリは32GB欲しかったなあ。

などなど…。

 

よくあるゲーミングノートのアンチ意見として「発熱で部品が死ぬ」というのがありますが、それはゲーミングデスクトップでやるべきゲームを日常的に使った場合であって、通常使用で使う分には全く問題ありません。部品が逝ったときに単品で直せないというのは間違いなくデメリットですが。

普通の人には絶対おすすめしません。高いし。

その他外出用に普通のノートPCも1台持っています。これの使用用途は原稿執筆とネット閲覧くらいです。

昔は10万くらい払ってウルトラブック買ったりもしたんだけど、モバイル用はスペックの公称値だけ見ても全然信用ならないですね。フリーズしまくって使えたもんじゃなかった。Intel CPUの型番末尾の「U」と「Y」には注意した方がいいです(省電力版でクロックも落とされている)。

以上!

あとがき

「PCとネットさえあれば初期投資ゼロで始められるのがブログ!」というのは間違いではないけど、いくらなんでも程度っていうものがあります。

「そういう些細な問題が積み重なって合計としてモチベーションが下がっていく」という現象はかなりよくあることなので、整えられる環境は気付き次第ベストを目指すのがおすすめです。

とは言っても、

「これから始めるのに、結果が出るかも分からないのに、いきなりそんなに高いPC買えるかよ!」

という意見も至極まっとうです。そのバランスはご自分で考えてくださいね、というところでしょう。(適当

それではまた!

関連しそうな記事  もうひとついかが?
みるめも

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ