みるめも

理系職のメリット:状況に基づく冷静な判断ができるようになったので自分の思考を分析してみる

理系職のメリット:状況に基づく冷静な判断ができるようになったので自分の思考を分析してみる
みるみ
\ Follow Me! /
みるみ

大手電機メーカーで技術職をやっています。専門はデバイス制御系。

こういう背景があり、このブログでは技術職の魅力を多くの人に知ってもらうべくリアルな情報を色々書いています。

最近、主にブログ運営など副業の分野で重要な判断/選択や、アイデア出し系の検討をやることが増えています。

こういうときに、過去の自分はどういう方法で進めていけばいいか想像すらできないレベルだったんですが、最近はかなりスラスラと的確な判断を高い精度で下せるようになってきました。

この理由は絶対に理系職的な仕事、エンジニア的な考え方が自分の中に養われてきたからだと感じています。

今回はその話を「技術職になるメリット」と紐付けて話してみまーす!

重要な選択を差し迫られるとき

「重要な判断」ってなんだよ、っていうところからなんですが、これはその選択によってどれだけの大きな時間を失ってしまうかで線引きしています。

線引きと言っても別に「このライン以上は"重要ね!"」とかやってるわけじゃないんですが、この感覚は大切に思います。

例えば雇用されている立場での選択はさして重要ではありません。

仮に失敗しようが最悪ボーナスの査定が下がるかちょっと風当たりが悪くなるかそんなもんでしょう、いくらでも挽回できるし、できない状況だとしたらそれは既に別の問題があると見るべき。

では例えば管理職、いや会社の経営者ならどうでしょう?

その人ひとりの判断が経営を傾かせ、株価を下げ、取引先から罵倒され、世間からヤジを飛ばされ非難される。一般に言う「重要な判断」とは主にこれらのことを指すでしょう。

しかもここに時間をかけられない。トップに立つ人は次々と決断を迫られます。

トップに立つ人は次々と重要な選択を迫られる

これって今からできるようになってたらめちゃめちゃ有用な能力だと思いませんか?

で、今回僕の場合はこれが「本当に限られた僅かな時間しかない副業タイム」に当てはまりました。

個人的に人生設計というか色んな都合で具体的な目標と期限を立てていて、「それまでにクリアできなかったら副業へ時間を費やすのは全てやめて素直に会社員を続ける」と決めています。

そうなると実際に手を動かしていない時間は1秒でも減らしたい。
しかし今後の方針を決めたりここぞという二者択一などにも頻繁に差し迫られる。

これを何度も繰り返しているうち、自分の中でかなりこの作業がすんなり進められるようになってきていることに気付いたので今回まとめてみます!という背景です。

次行きます~

最近実際にやっている重要な選択決定、判断方法

参考になるかは別として、ここ最近の検討方法を紹介してみます。一応この後の話にも繋がるので。

1.考える要素、現在の状況、懸念点、など全て書き出す

notebook-list-up

まずは自分の頭を整理するために現状についてあらゆる情報をノートに書き出します。

実際に書くのは

  • 何をしたいか
  • なぜそうしたいのか
  • 現在の課題
  • 考えられる対策
  • 対策それぞれのメリット・デメリット

あたりが多いです。

ちなみにですが、こういう系の作業では僕はデジタル機器は一切使いません。アナログ推奨派なので全て紙とペンだし、PCのあるデスクからもなるべく離れます。理由は色々ありますが脱線するので割愛します。。

2.整理して1つずつ内容を確認していく

whiteboard-categorize

書き出した内容を整理していきます。

整理の順番は以下。

  1. 目的をハッキリさせる ←これ超重要!
  2. その目的のために何をすればいいか考える
  3. それぞれの対策で目的を満たすか、さらに余計な問題を生まないか?考える
  4. 紙に書いてある他の全ての内容に目を通し問題がないことを確認する

という感じ。

勉強の方法にも似ていますね。

昔書いた暗記のコツの記事でも似たようなことを書いた記憶があります。

今見るとあまりおすすめしたい記事ではない気もしますが、興味ある方はぜひ…!

アナログの唯一の弊害と言えるのが書いたものの場所を移動できないことですが、これはある程度慣れで回避できます。

個人的に思うポイントは「視覚的に整理することではなく頭の思考を整理すること」にあるので、紙に書いてある内容は別に整頓されていなくても問題は感じません。

みるみ
みるみ

これは個人差が超あると思いますので説得力がないことは重々承知しております…。

3.優先順位をつけて、本当に考えるべきものを洗い出す

decide-priority

やることが明確になったら、考えるべきことの優先順位をつけます。

この一連の作業で明らかにしたいのは「本当に考えるべき事柄」と「その判断材料」なので、それを出していくイメージですね。

ここがいくつも出てくるようだと、情報の整理が甘いということで前の手順に戻ることが多いです。

ここが2~3個くらい?になったら、いよいよそれらについて決断をしていきます。

4.選択/判断/決断は「お風呂」でする

bath-spa

一番重要なこの最後の手順でいきなり世界観が変わるんですが(笑)、本気で思考と向き合うときはお風呂に籠もります。

これは高校生の頃から勉強方法でやっていることなんですが、

  • まわりに集中を阻害するものが何もない
  • 視界に何も入らない
  • 副交感神経が優位になりリラックスする、脳が落ち着く

などの理由からとにかく本気で頭を回したいときはお風呂に入って湯船に浸かりながら考えます。

基本は自宅のお風呂で行いますが(邪魔が最も入りにくい)、リラックス目的も兼ねて外の温泉で行うことも結構あります。僕もともと温泉好きなので。

ここまでの時点で

  • 本当に決断を下さなければならないものは極力少なくなっている
  • それ以外の情報がクリアに整理されている

などがあるので、あとは気合いで結論を出すだけです。

「最後が気合い?ナメてんの?この記事クソじゃん」

と思われてしまうと正直返す言葉がないんですけど、どこかで自力で検討する瞬間が絶対に来る以上、その量と難易度を最小限にするこの方法は実利的じゃないかと思うんです。どうでしょうか…!

もっと言うと「ここまでの過程(リストアップ→絞り込み)がとてもドライ&論理的にできるようになった」というのがこの記事の主題には近いです。

 

まあこの方法自体の良し悪しは今回の議題ではないんですが、それを言うと元も子もない感じもあり、あぁ、久しぶりに記事設計ミスったかな…(説得力ゼロ)

なぜこのやり方が勝手に身についたのか

で、話したかったことはですね、「なんでこの方法が知らないうちに自分に身についていたか」です。

もっと言うと現在の情報を全て洗い出して整理していく過程の部分ですね。

上記の記事では「プログラミングというものに慣れ親しんでいく過程で思考が階層化されていくので頭がとてもクリアになる」という話をしています。

今回はこれよりもうひと回り大きい括りの話。

技術職をはじめとする理系的な職種というのは、常にデータや数字に基づく客観的な視点が求められます。

「そんなん全ての仕事が一緒やろ」

と思うかもしれませんが、例えば営業を見てください。

全てがそうではないでしょうけど、「気合い」や「情熱」で乗り切れるシーンも多いし、「あの人の営業力は強いから」という理由で何か業務指針が決められることも普通にあるでしょう。

みるみ
みるみ

営業職も一応経験があるので適当に言っているわけではないですよ!

開発に携わる技術職がそれをやったら終わりです。

「祈ったら製品の試験パスするから…!」

とかノー勉の期末テストみたいなもんです。

 

そんなわけで、何年も技術的な仕事をしているうちに「冷静な状況判断」と「それらの客観的評価」ができるようになったということを結論として言いたい!

この一文を言いたいだけの記事なんですが、これまでの部分が少しでも説得力向上に繋がっていればいいな…!(自信ない)

 

さっきの記事みたく「プログラミングをやりまくっていると思考が変わってくる」っていうのは本当に分かりやすい例だし、マジであるあるだと思います。たぶん経験者みんな言うんじゃないでしょうか。「同じものを無性にまとめたくなる」とかw

そういうのが積み重なって、日々の思考や選択/判断に良い影響を与えているよ、ということでした。

だからこれも技術職の大きなメリットだと思うんですね。

僕はこういう理系的な仕事を続けられていることをとても誇りに思うし、嬉しく思います!

おわりに

「自分の思考とか考え方について書く」というのは実はすごい好きなんですが、いかんせん「誰だか分かんないお前なんかの意見を聞くやつがいるわけないだろ」という問題があるので、需要を考えると全然ブログ記事にするモチベーションが湧きません。

しかし今回は「技術職の魅力」という側面からこの話をできたので、とても嬉しい。

仕事は間違いなくその人の人間を形作る土台になり得ますから、自分にもこういう良い影響があったんだなと思うと紹介してみたくなったんです。

というわけで短いですが今回は以上!
ありがとうございました~

みるみ
\ Follow Me! /
みるみ

大手電機メーカーで技術職をやっている人。専門はデバイス制御系、最近はプログラムばっかり書いてます。

ブログ「みるめも」を運営、技術職の魅力を多くの人に知ってもらいたいと思い、リアルな情報を色々まとめています。

ブログ自体に興味を持っていただけた方は はじめましての10記事 から読むのがおすすめ!

みるめも
関連しそうな記事