【2019年最新版】カーナビの選び方と各メーカーのラインナップを紹介!

【2019年最新版】カーナビの選び方と各メーカーのラインナップを紹介!

この記事では「今度新しくカーナビを買ってみようかな」と思い立った人向けに、知っておいてほしいことやメーカーごとの特徴などをまとめています。

僕も昔は「カーナビがどこに売っているのか」なんて考えたことすらない人間だったので、興味がない人はみんな似たり寄ったりな状況なのでは?と今でも思っています。
そんな中カー用品店買いに行ってもなんにも分かるわけがないんですよ。販売員が在庫処分したいものを売りつけられて終わりです。

間違っても「性能差は特にない、機能の種類と値段で選んでいいよ」などという考えを鵜呑みにしてはいけません。

というわけで、本記事では「カーナビを購入して無事使い始められること」をゴールにして必要な情報をまとめていくこととします。単なる情報まとめ系サイトではないので、どれも僕の感想や経験がベースになっているものであることをご理解ください。カーナビの販売側にいた経験を活かして執筆しています。

はじめに

この記事の本題に入る前にちょっといくつかお話を。大事なので読み飛ばさないことをおすすめします。

カーナビの仕組み、ちゃんと知ってる?

なんとなく買いに行こうと思っているけど、そもそも「カーナビってなにをどうしている製品なのか」よく理解できていますか?

いきなりお店へ行っても商品の上っ面なスペックだけに踊らされて、満足のいく買い物ができないのはなんとももったいないことです。だいたいのイメージを掴むためだけでもいいので、ぜひどういう仕組みで実現されている製品なのかを知っておくといいと思います。詳細は以下の記事に書きました。

「どうせつまんねー理屈の話だろ」と思っているそこのあなた!!買い物をするときに実際に役に立つような話がちゃんとあります。一応全体的にそういう視点でまとめているつもりなので、さらっとでもいいのでぜひご一読ください。

スマホのナビアプリや安さゆえにポータブルナビを検討している方へ

ここは注意してほしいところです。

現在のスマートフォン発展事情を考えると「スマホの地図アプリで十分だ」という意見も至極真っ当ですが、そう思うまでは自由にしろ、それで実際に後悔しないかどうかはその人の車利用事情によって激しく異なります

また、ポータブルナビの購入に関しては特別な事情があるわけでもない限り問答無用でおすすめしません。特別な事情とは、「マイカーではなく一時的に業務用で乗る」「軽トラなので通常のカーナビは取り付けできない」などのようなものが挙げられますが、ならばそれこそスマホのナビアプリで十分と言えるでしょう。ポータブルナビにお金を払う選択肢は賢いとは言えないと考えています。

「そんなこと言われたって、一体自分はどうするべきなの…?」という方のために、以下の記事を用意しました。

上記記事では、具体的な差もピックアップしてお伝えしています。せっかくこの記事までいらっしゃって「カーナビを買おうかな?」とお思いなら、ぜひそうするべきだと僕は思います。

同じカーナビでも純正品ではなく社外品にしよう

ここは、この記事へ辿り着いている方には既に不要なおせっかいかもしれません。

カーナビには「純正品」と呼ばれるものと「社外品」と呼ばれるものの大きく2つが存在していますが、性能で選ぶならぜひ社外品のナビを選ぶようにしましょう

見た目や表面的な機能だけでは分からない、自分の位置の測位精度やより賢いルート案内など、市販されているナビはカーナビメーカーのノウハウがたくさん詰まっています

詳細な比較、もしくは「純正品と社外品、どっちを選んだらいいの?」という解説記事は以下のリンクからどうぞ。

カーナビ以外で必要なもの

ここ重要。

カーナビ本体を自分で取り付ける場合を除き、多くの場合はカー用品店などで必要なものを含めた見積もりをもらうはずです。

「必要なもの」とは、主に「取り付けキット」などと呼ばれるもので、車とカーナビを接続するための配線とその他部品などが入っています。これに加え、たとえばバックカメラが付いているならそれとナビを接続するものも必要だし、ステアリングスイッチと連動させたいならまた別の配線が必要になるし…など、初めてだとびっくりするくらい色んなものが必要になります

こちらに関しては情報量が膨大なため、例によって別記事にまとめました。どうぞご一読ください。

お店の人に乗っている車と今ついているナビ・オーディオ、これから買いたいものを伝えれば全部教えてくれるので、必ず聞くようにしましょう。必要なものが自分で分かるなら、全てネット等で安く買って自分で取り付けても良いですね。この場合、大抵持ち込み取り付けは工賃が跳ね上がるので注意です。

選び方の手引き

さてさて、長くなってしまいましたがここからがこの記事の本題です。

ここまでにご紹介したような記事をもし読んでいただけている場合は、だいぶ「カーナビ」というものに対するイメージも具現化してきているはずですので、以降ご紹介する各社のラインナップを眺めているだけでもなんとなく絞れてくるかもしれません。

もしくは、お店に行ってみる気がしてきている方もいらっしゃるでしょう(実際のところそれをおすすめします)。

カーナビを購入するお店については下記の記事をご覧ください。

そうは言っても「全く知らないものを選びぬく」というのは大変だと思いますので、以下いくつかカーナビの選び方として説明してみます。「カーナビだからこそ」の選び方というわけでもなくて、モノを買うときはだいたい同じような気もしますが…

優先順位から絞っていく方法

というわけで、まずは「一番最初にカーナビを必要と感じた当初の目的」に沿って考える方法を提案してみます。カーナビに限らず、ひいては買い物に限らず、なにかを進める上で目的を明確化させてゴールを制定するのはとても大切なことです。

つまり今回で言うと、カーナビが持つ仕様に優先順位をつけていくということになります。自分にとって何が一番大切かを考え、そこから絞っていくというスタイルです。

  • もっと良い道案内がほしい
  • 今のナビはとにかく位置がズレたり精度が悪い
  • いい音で音楽を聞きたい
  • 映像系のコンテンツをより便利に見たい
  • もっと大きい / きれいな画面が欲しい
  • サクサク動くものが欲しい
  • スマホと強力に連携できるものが欲しい
  • とにかく安くていいからカーナビが欲しい(←ポータブルナビを買って帰ってこないようにしてくださいね笑)

などなど、書き出したらこんなところでしょうか。

このあとにも書きますが、この第一優先事項によってほぼメーカーまで絞れます。ですので、そこからあとは「お財布との相談」というような自然な流れになるのでだいたいすんなり決まります。

そして、お店の人に相談してもこのパターンと全く同じルートを通るでしょう。

ちゃんと質問をしてくるお客さんには店員さんもしっかり答えてくれますので、良いところも悪いところもバッサリ答えてくれるでしょう。実際のところ、行き着く先はメーカー的にもほぼ2社程度といったところです(経験談)。

グレードと価格のバランスから絞っていく方法

上記の方法だと、「先にメーカーが絞られてしまうために横断的に探せない」というような弱点はあるかもしれません。

というわけでここの方法は「具体的に数字で表せるようなスペック」と「価格」のバランス、つまり「コストパフォーマンス」から選んでいくというものです。

カーナビ売り場には必ず以下のような「機能比較表」というものがあって、これによって「どの機能に対応しているか」「それぞれの仕様の数値はいくつか」がひと目で分かるようになっています。

auto-backs-car-navi

たとえば

Bluetoothは欲しいけどCD録音なんてもう今はしないよな

とか、

イコライザーの設定は豊富なのがいいけど、テレビはあんまり見ないからフルセグ(地デジ)じゃなくてワンセグでいいな

など、人によって千差万別の需要があるでしょう。ここに価格を掛け合わせるのです。

カーナビの価格は店舗によりピンキリですし、各種キャンペーンなども頻繁に行っているのでこのブログ上で簡単にお伝えすることはできないのですが、先ほどのような需要と自分の経済状況を照らし合わせれば、必ずベストな選択肢が見えてくるはずです。

ここは「豊富な機能有無によって細かくグレード設定が分かれている」カーナビならではの選び方と言えるかもしれません。

「もう手っ取り早くいい奴を教えてよ!」の人へ

「そういう細かい話も興味ないし、いちいち考えるのめんどくさいんだよ!」という方には、市場のカーナビをほぼ全て把握している僕がピックアップしたものをまとめた以下の記事をどうぞ。

ただし、他の情報をよく読まずにここから選んだのに「買って使い始めたら全然思ってたようにいかないんだけど!!」と言うのはご法度ですよ。そうならないためにこのブログではカーナビに関する記事をいくつもご用意しています。

これ以降をお読みになった上で上記おすすめ記事も参照するのが上手な使い方かと思います。

各カーナビメーカーの紹介

では、ここからは各メーカーごとのラインナップを紹介していきます。あまり細かくなりすぎないようメーカーごとの特色をメインに書いているつもりです。

※「代表モデル」では各社の売れ筋モデルを紹介していますが、ほぼ必ずと言っていいほどそれぞれに「180mmモデル(7インチ)」と「200mmモデル(7インチワイド)」が存在します。これらは取付可能な車種が決まっていますので好きなものをどれでも選べるわけではありません。8インチ以上のサイズは「車種専用モデル」といって汎用のものではないのでこの記事では扱いません(8インチなら、かなりの数の有名車種に対応しているモデルもあります : ex.パイオニア「楽ナビ」シリーズ、アルパイン「BIG X」シリーズなど)。
サイズの概要と、自分の車に取り付けられるサイズを知る方法などについては以下の記事で説明しています。
「自分の車には何インチが付く?」カーナビのサイズについて全てまとめてみました
ただでさえややこしいカーナビの購入まわりの事情諸々ですが、それをさらに難しくしているのが同じモデル/機種の中にたくさんある「サイズ違い」という存在でしょう。 本記事では、 カーナビの「サイズ」というものの概要と種類 ...

以下、「カーナビとしてのブランド名(メーカー名)」という見出しで紹介していきます。

carrozzeria(パイオニア)

cybernavi_80th

概要

一番始めにご紹介するのはカーナビ業界でトップに売上を上げているcarrozzeria(カロッツェリア)。メーカーはオーディオで有名なPioneer(パイオニア)で、carrozzeriaはそのカーエレクトロニクスブランド名です。

最も歴史あるカーナビとして、会社のキーワードにもなっている「世界初」な技術をたくさん提供していきます。その甲斐あってか一段とファンの方も多く、「何十年も前からcarrozzeriaしか使っていないよ」と言っている方もたくさんいました。お店でもかなり大きく販売面積を取っていることでしょう。

autobacks-pioneer

みなさんが予想するcarrozzeriaのカーナビの一番のウリは、もともとオーディオメーカーということもあって「高音質さ」などだろうと思うところでしょうが(実際にその向きもあります)、僕が思うずば抜けている点は位置測位精度の圧倒的な高さです。

このあたりは以下の記事に詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

大きく分けると2つのラインナップが存在しており、フラッグシップモデルである「サイバーナビ」、エントリーモデルである「楽ナビ」から自分に合ったものを選ぶことができます。

代表モデル

こちらがフラッグシップにあたる「サイバーナビ」という方で、機能全部入りの最強ナビです。型番末尾が0のものより最新のものがおすすめ(2019/1/10現在最新の902はAmazonで取扱なし)。

こちらはエントリーモデル扱いの「楽ナビ」。地図情報と位置精度は上の「サイバーナビ」とほぼ同じ性能と思って問題ありません。詳しく違いを知りたい方は先ほどの記事リンクへどうぞ。

機能対応表

 サイバーナビ900系楽ナビ900系楽ナビ700系楽ナビ500系楽ナビ300系
Bluetooth 
AUX音声/映像入力 
iPod,iPhone接続端子
HDMI入力端子    
HDMI出力端子    
USB音楽再生
地デジ フルセグ  
地デジ ワンセグ
ブルーレイ再生     
DVD再生
CD再生
ハイレゾ対応◯(901以降)    
イコライザー31バンド13バンド13バンド13バンド13バンド
VICS WIDE(渋滞情報)
音声検索    
MapFanコネクトナビ連携    
地図差分更新    
地図全データ更新    

Strada(パナソニック)

car-navigation_strada

概要

carrozzeriaと売上をしのぎ合っているのがPanasonicです。綾瀬はるかさんでおなじみの広告で、通常カーナビである「Strada」(ストラーダ)シリーズ、ポータブルナビで有名な「Gorilla」(ゴリラ)シリーズの2つを大きく展開しています。

strada-rx-series2

なによりBlue-rayを見られるカーナビはPanasonicだけ!という絶対的なアドバンテージを持っているのが最大の特徴でしょう。

また、メーカーレベルで見た場合前述したポータブルナビ「Gorilla」は凄まじい売れ行きです。このブログでもポータブルナビについては一切書いていませんし、僕自身推奨しないのは随分上でも話した通りですが、ここは、さすがPanasonicというところでしょう。

その他詳しいラインナップ等は以下の記事をご参照ください。

お店へ行くと画面の精細さに思わず足を止めてしまうのは、このStradaかもしれません。

代表モデル

実は今Panasonicが主力としているのはこういった特殊形状モデルで、「はめ込むサイズは通常の7インチの窓口でいいのに9インチの大画面を楽しめる」というコンセプトの製品です。詳しくは上記リンク記事でどうぞ。

つくりも頑丈で、ディスプレイの角度を半自由に設定できることからも意外と利便性はあります。顔とナビの距離が近くなることもメリットと言えるでしょう。しかし車内デザイン性にこだわりがある方はよく検討することをおすすめします。お店にはこのナビの装着イメージ図が展示されていることが多い(有名車種のみ)です。

R◯シリーズが、ストラーダの通常モデル。Rの次の文字がXだとブルーレイ対応、Aはミドルクラスのコスパモデル、Eはエントリーモデルという位置づけです。わざわざストラーダを選ぶということはブルーレイの強みを活かすべきなので、RXモデルが対象になるでしょう。

機能対応表

 CN-F系CN-RX系CN-RA系CN-RE系
Bluetooth
AUX音声/映像入力
iPod,iPhone接続端子
HDMI入力端子  
HDMI出力端子  
USB音楽再生
地デジ フルセグ
地デジ ワンセグ
ブルーレイ再生  
DVD再生
CD再生
ハイレゾ対応◯(F1-XVDのみ)   
イコライザー13バンド13バンド13バンド13バンド
VICS WIDE(渋滞情報)
音声検索  
地図差分更新   
地図全データ更新 

彩速ナビ(KENWOOD)

kenwood-navigation

概要

KENWOODからは「彩速ナビ」という名前でカーナビがブランド展開されています。

文字通り「彩」は画面のきれいさ(それ以外も含んでいるかもしれません)、「速」は操作のサクサク感・速さを表していると考えられます。

なにより驚くのはその速さで、初めてこのカーナビをお店で触ったときには感動して唖然としてしまうかもしれません。僕にはそれくらい衝撃な操作感でした。

タッチ、フリック、スワイプ、ピンチイン・ピンチアウトなど、ナビ画面で本当にスマートフォンのような感覚で使えるというのは想像以上に快適なのです。カーナビという、昔からのなんとなく野暮ったいイメージを完全に払拭してくれます。

kenwood-audio-main

そしてこちらももともとオーディオメーカーであるように、音の面にも様々なこだわりが見られます。音質重視の方でも満足いく1台を探せることでしょう。

その他詳しい情報は下記記事にまとめてあります。

代表モデル

フラッグシップのメイン売れ筋モデルがこちら。これといって目立つ特殊機能があるわけではありませんが、前述したとおり「素早さを兼ね備えながら機能は削ぎ落とさず全部盛り」っていうのが最大の強みと言えます。「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応しています。

こちらは前述よりひとつ下のモデル。ほとんど性能に差がないのにかなり安いのが見逃せないポイント。最上位モデルから1段階下がっているにも関わらずハイレゾ対応している点も素晴らしいですね。

最後はエントリーモデル。動作の速さで彩速ナビを選ぶ場合で、簡素なものでいいかという場合に候補に入るでしょう。

ちなみにこれよりもさらに下の「MDV-L405」というモデルも存在しますが、テレビがフルセグではないなどかなりシンプルなモデルのためここでは割愛します(下記表には記載)。

機能対応表

 MDV-Z系MDV-M系MDV-L500系MDV-L400系
Bluetooth 
AUX音声/映像入力
iPod,iPhone接続端子
HDMI入力端子   
HDMI出力端子   
USB音楽再生
地デジ フルセグ 
地デジ ワンセグ
ブルーレイ再生    
DVD再生
CD再生
ハイレゾ対応  
イコライザー13バンド13バンド13バンド13バンド
VICS WIDE(渋滞情報)
音声検索 
地図差分更新   
地図全データ更新

ECLIPSE(デンソーテン)

denso-ten-Eclipse-navigation

概要

以前は富士通グループの「富士通テン」というメーカー名でしたが、現在は「デンソーテン」というメーカーに。発売されているのは「ECLIPSE」(イクリプス)というナビで、フルフラットなデザインにボタンの少ないシンプルな設計、そして自動で地図を更新してくれるという機能を持っているのが特徴です。

eclipse-navi-flat

地図更新機能のコストパフォーマンス含め、使いやすさや画面UIの見やすさなどは光るものがあるのですが、ナビ方面はイマイチな部分もやや目立ちます。

収録されている地図は道路情報が他社のものより少なめで、位置の測位精度も甘い方です。

本体価格がかなり安めなのでパッと見で購入される方が多いようですが、「結局あまり役に立たなかった」と買い換えるパターンもよく目にしました。

自分の目的をよく吟味し、候補に入れましょう。

代表モデル

上位モデル。しかしなにが上位かというと実はナビ自体には性能差はなくて(全く同じもの)、「通信ユニット」というものがセットになっているという点で上位の位置づけとなっています。

このシリーズのナビの一番の特徴として、前述のとおりいつでも最新の地図を利用することができるというものがメインとしてありますが、それに付随した細かい機能が利用できるようになるユニットのイメージです。

ちなみにこのひとつ下の「AVN-D系」モデルが「ドラレコセットモデル」である。という、カーナビとドラレコの連携に重きを置いたモデルです。

こちらは最も安いモデル。ドラレコ等は他社も連携含めて存在しているため、実質候補に入るとしてもこの「AVN-R系」だけだと思われます。

機能対応表

 AVN-S系AVN-D系AVN-R系
Bluetooth
AUX音声入力
iPod,iPhone接続端子
HDMI接続
USB音楽再生
地デジ フルセグ
地デジ ワンセグ
ブルーレイ再生   
DVD再生
CD再生
ハイレゾ対応   
イコライザー7バンド7バンド7バンド
VICS WIDE(渋滞情報)
地図差分更新
地図全データ更新

DIATONE SOUND. NAVI(三菱電機)

DIATONE_SOUND_ NAVI

概要

三菱電機から発売されているこの社外品カーナビとは思えないほどの高価格なナビは「DIATONE SOUND. NAVI」(ダイヤトーンサウンドナビ)。

笑ってしまうくらいの音質面に全フリしたカーナビで、公式サイトへ行こうがカタログを見ようが9割が音の話です。実際、サウンド評論家に「カーナビ機能が付いているカーオーディオ」と言われてしまっています。笑

DIATONE_SOUND_ NAVI-review

しかしそれだけ音質面でのステータスは驚くほど高く、設定項目の数なども相当なものがあります。

見た目の高級感も他とは一線を画している感じがあり、実際の価格もかなりお高いです。

カーナビとしての性能は、使っている人をほとんど見たことがない上に、ネット上もほとんどオーディオの話ばかりなので正直僕もまだ分かっていない点が多いです。

一応各種センサの搭載など主要なナビゲーション宣伝項目は見つけることができますが、やはり「カーナビはおまけでいい」人が使うナビなのでしょう

ちなみに、いわゆる普通のモデルたちも存在します。あまり紹介する必要がないと思っているので今回はスルーです。(参考→公式HP

代表モデル

こちらが噂の最新モデル。市販カーナビとは思えない信じられない値段してます。骨董品の勢いです。

こちらがまだ手が届きそうないい感じのモデルです。この他にも少し上位な「NR-MZ200PREMI-2」というのがあります。

機能対応表

 MZ-300PREMIMZ-200PREMIMZ-200PREMI-2
Bluetooth
AUX音声入力
iPod,iPhone接続端子
HDMI接続
USB音楽再生
地デジ フルセグ
地デジ ワンセグ
ブルーレイ再生   
DVD再生
CD再生
ハイレゾ対応
イコライザー31バンド31バンド31バンド
VICS WIDE(渋滞情報)
地図差分更新
地図全データ更新

まとめ

さてさて、いかがでしたでしょうか。

このページは冒頭に貼った色々な記事へのリンクも含めて、カーナビに関する情報を体系的に知っていただくための足がかりになりたいものです。そういう意味では、少しだけ皆さんの中にカーナビの世界が広がったでしょうか?

最終的な判断は色々な情報を総合して考えよう

一応この記事の主題は「各メーカーごとのカーナビの特徴をまとめる」というところに置いていますが、冒頭でも言ったように、全体の目的としては「カーナビを購入して無事使い始められること」にしていますので、前半で紹介したような記事も併せつつ、良い買い物をしていただければいいなと思います。

それでは!

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ

  1. ルートの前にナビ迷う より:

    みるみさん
    まさに最速の返答アドバイス有難うございます。
    ドラレコは仰せの通り連動出来るかという事ですがダメなのですね(T ^ T)
    そこは諦めて測位に定評のあるカロッツェリアにしたいと思います。
    みるみさん、カーナビに詳しいんですね。
    感銘を受けました。
    私は昔アルパインのDVDナビを使ってました。インダッシュモニターの首振りするやつで当時新品価格が315,000円でした、、、
    みるみさんのブログにはアルパインナビについては掲載がありませんね。
    もう時代遅れなのかな?w

    • みるみ より:

      ルートの前にナビ迷う、おもしろいです笑
      こちらこそありがとうございます。
      いえいえ、そんなことありません。実際のピットの作業員の方とかはもっと専門的ですし!
      アルパインですが、実はクラリオンと合わせて今後執筆予定です。それぞれのメーカーの詳細記事も検討していますのでぜひ!(と言ってももう購入が決まっていたら数年は必要ないですね笑)
      昔はとにかくカーナビが高かったですね…。インダッシュとかも懐かしいです笑

      この度は僕のブログをお読みくださりありがとうございました。良いお買い物を!

  2. ナビ悩む より:

    初めまして。
    つい先日アルトターボrsにネットで高評価のケンウッドL505を取り付けてもらったのですが、交差点間際のピンピン!って案内に違和感を覚えて設定変更出来るかメーカーに問い合わせたのですが無理との事、、、
    そこでカロッツェリアの楽ナビRZ902に買い換えようと思ってるのですが、GPSアンテナや地デジアンテナ等はケンウッドの物でそのまま使えますでしょうか?
    ちなみにその際、アンテナ感度等に影響ありますか?
    ドラレコはケンウッド製の物です。
    ご教授お願いします。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。
      ケンウッドのMDV-L505いいですね!彩速ナビのエントリーモデルですが、テレビもフルセグで魅力的ですよね。

      RZ902のアンテナ類は基本的に互換性はありません。ケンウッドのアンテナは端子が四角型、carrozzeriaは丸型が多いです(正確にはカプラーの形状が違う)。
      L505とRZ902の完璧な端子形状は保証できませんが、おそらく使用できないはずです。

      しかし、カーナビ本体に購入付属品として付いてくるものに「GPSアンテナ」と「地デジアンテナ」は含まれているので、本体を単品で中古入手するなどの特殊な状況でない限り考慮する必要はないかと思います。実店舗で購入すれば店員さんももちろん新しいものに付け替えてくれます。

      アンテナ自体の能力ですが、大差ありません。GPSアンテナはわずかに性能差がある話も聞いたことがありますが、割り合い的に大切なのは処理をする本体自体ですので気にする必要はありません。地デジアンテナに関しては全く心配に及ばないレベルだと思います。

      最後にドラレコを記載されていますが、どういう意味でしょうか?
      ナビとの連動機能は当然メーカーが違えば使用できなくなります。映像を見たいなどのことでしたら、ナビのRCA入力端子から写すことは可能です(現実的ではないですが)。

      以上、ご質問のお答えになりましたでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

  3. mimi より:

    はじめまして 楽ナビとサイバーナビとでは位置情報の正確性は同じですか? また楽ナビ上位機種と下位機種では位置情報の優劣はありますか?お分かりでしたら教えてくださいませ。私はナビに求めるのは基本のナビ性能、案内の正確性のみです。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。ご質問にお答えしますね。
      楽ナビとサイバーナビですが、メーカーとしては「サイバーナビの方が精度はより良いです」と説明していますが(高性能チップレグルスなど)、たしかにそのようです。GPS周りのセンサ類などの部品から、それらを構成する基板レベルでより最適化されています。
      ただし、楽ナビで位置情報に不満を感じたことはありませんし、楽ナビの時点で位置情報の強みでは他社より抜きん出ています。また、楽ナビ内では優劣はありません。
      また、「ナビに求めるのは基本のナビ性能、案内の正確性のみ」とおっしゃっていますが、それならなおさら楽ナビがおすすめです。ルート検索自体は双方に差はないはずで(機能的なものは除く)、その考え方なら楽ナビで要望が満たせると思います。
      よろしくお願い致します。

  4. 通りすがりのトヨタ派 より:

    トヨタ支持者ですので、少し贔屓目ですが、
    イクリプス(テン)が「取柄が無い」というのは
    少々投げやりな気がしますね…。

    確かに一昨年前のモデル(2016年以前)は、
    正直、何をしたいのかが分からない感は否めませんが、
    そもそもオーディオとナビを一体にした今の在り方を
    築いたのはイクリプスです。
    また、しばらくは目新しい新機能はありませんでしたが、
    昨年からのモデルで、ドラレコを内蔵される、という
    アイデアを打ち出しています。
    ドラレコの連動については賛否両論あるものの、
    連動をさせているのは、イクリプス、カロッツェリア、
    ケンウッド、パナソニックで、それぞれが違う方法で
    連動をさせていますから、ユーザーの選択肢によっては
    イクリプスの方法もありかと思います。

    また、カロッツェリアは確かに高性能ですが、如何せん
    高性能過ぎて価格も高めです。
    価格が安いというのも1つのウリで、悪く言えば
    「安かろう悪かろう」ですが、あまり多くを求めていない
    人からすれば、安くてそのメーカーのフラッグシップモデルが
    手に入る、というのは魅力だと思います。

    • みるみ より:

      改めて読み返してみると後半に随分適当さを感じるのはうなずけますね…
      そこは申し訳ありませんでした。良いと思っている方にとっては不快だったこと、お詫び申し上げます(現在は記述訂正済み)。

      ドラレコナビ、たしかにそうですね。連動はともかく、フロントカメラもセットで録ナビとして打ち出しているのはイクリプスだけだったと記憶しています。
      これで値段の安さも絡めばたしかに購入される方もいらっしゃるのでしょうね。