【2019年最新版】社外品カーナビのおすすめモデル5つを厳選!

【2019年最新版】社外品カーナビのおすすめモデルまとめ

「色々調べてみたけど、結局カーナビはどれを買えばいいのよ!!」というあなたに送る、社外品カーナビのおすすめ決定版です。厳選しているゆえに数は少ないです。

上記記事ではそれぞれのカーナビメーカーの特徴やラインナップの紹介を主軸にしていますが、本記事は「そういうのめんどくさいからとりあえず良いやつ教えてよ!」という需要に応えるものです。

そうは言ってもやはり求めるものでおすすめ自体もいくつかのパターンに分かれてしまうのは必然なので、今回はそのパターンに沿って進めていくこととします。

なお、僕はカーナビの販売経験がありますので、どのメーカーのモデルに対しても「お客さんの声」や「実際の使用感」などリアルな情報をお届けできていると思います

はじめに

カーナビを買うにあたっていくつか疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、簡単なFAQというか表を用意してみました。それぞれ記事のリンクになっていますので、どうぞご活用ください。

カーナビ以外に必要なものってあるの?【ネットでは調べられない!!】カーナビと車を接続するときに必要なもの【保存版】
カーナビを買いに行くお店って、そもそもどこに行けばいいの?カーナビはどこのお店に売っている?ネットでも買える?【カーナビの購入方法まとめ】
同じ型番でも色々サイズ違いがあるみたいだし、そもそも自分の車にはどれが付くの?「自分の車には何インチが付く?」カーナビのサイズについて全てまとめてみました

さて、それでは以下おすすめカーナビの紹介です!

1.カーナビといったらcarrozzeria!「サイバーナビ」シリーズ

cyber-navi

サイバーナビ 公式HP

カーナビといったらcarrozzeria!お店へ行くとだいたいここの商品が一番大きく目立つように並んでいます。

そんな中でもフラッグシップモデルとして長年のファンを多く持つ「サイバーナビ」シリーズは、トップクラスのハイスペックさです。

carrozzeriaは「自車位置精度」と呼んでいる「現在位置の測位精度の高さ」がウリですが、もともとオーディオメーカーということもありその高音質さや音響セッティングの豊富さも度々話題に上がります。

上記の「902」シリーズは、サイバーナビの唯一の弱点と言えたであろう「動作のモッサリ感」を払拭した、新発売のモデルです。ハイレゾにももちろん対応、地図更新も3年間分の無料サービスです。

トップクラスの性能を持つだけあって価格はやや高めですが、ボーナスシーズンによく開催される「carrozzeriaシリーズのセット購入キャッシュバックキャンペーン」などを上図に利用してサイバーナビを数万円安く購入できれば、「絶対に失敗しないカーナビ選び」となるでしょう。

2.ぶっちぎりのサクサク感のKENWOOD!「彩速ナビ」シリーズ

kenwood-navigation

彩速ナビ 公式HP

KENWOODから発売されているナビも、きっとお店へ行ったら虜にされてしまうでしょう。

シックでかっこいいデザインに惹かれ、近寄って触ってみると驚愕のサクサク感が得られるからです。初めて触った方なら「これが本当にカーナビか!?」と絶対思うと思うことでしょう。

しかもこのモデルなら、「彩速ナビ」のサクサク感を享受しつつ、同じくオーディオメーカーであるKENWOODの音楽も最高音質で楽しめる全部盛りです。

KENWOODはドラレコとセットで購入すると数千円~数万円安くなるキャンペーンをよく行っているので、お店に相談してみましょう。さらにおトクにカー製品を購入できるでしょう。

キレのあるカースピーカーはファンも多く、オーディオ系の製品をKENWOODでまとめて揃えるのも楽しいカーライフになるかもしれませんね!

3.映像で選ぶならPanasonic!「ストラーダ」シリーズ

car-navigation_strada

ストラーダ 公式HP

carrozzeriaと激しい売上競争をしているのはPanasonicの「ストラーダ(Strada)」シリーズです。Panasonicから発売しているカーナビは基本的に全てこのシリーズと思って良いです(ポータブルナビは「ゴリラ(Gorilla)」シリーズ)。

その売上のヒミツは圧倒的なコストパフォーマンスの良さにあります。

お店へ行ってみて、機能と価格をうまく見比べて絞っていくとここへ行き着くケースはかなり多いでしょう。

そしてなにより、DVDプレイヤーやBlue-rayプレイヤーで培ってきたPanasonicの映像技術のおかげか、画面の綺麗さ(画質)・明るさなどは目を見張るモノがあります

そしてそして、この記事を執筆時点で、ブルーレイが見られるカーナビはPanasonicのストラーダシリーズだけです。

これはナビ性能とオーディオ機能もバランスよく取り入れつつ、価格はいい具合に収まっている売れ筋の「ベストコスパモデル」です(Amazonだとやや高価に見えますが、実売価格はもうワンランク低いと思います)。もちろんブルーレイも見られます。

車の中でブルーレイを見たい方はもうこの時点でPanasonicに決定ですね!

4.地図更新が自動で無料!デンソーテンの「イクリプス」シリーズ

denso-ten-Eclipse-navigation

イクリプスナビ 公式HP

以前は「富士通テン」というメーカー名でしたが、一転し「デンソーテン」というメーカーに。

ここの「イクリプス」シリーズの最大の特徴は、地図更新を常に最新のものに毎月自動で更新してくれる機能です(グレードによってWi-Fi接続が必要な場合があるのでご注意ください。スマートフォンのテザリングで十分更新可能です)。

そして、上記公式HPなどを見ていただくと分かるのですが、表面の「フルフラット」なデザインを推しにしていて、車との一体感を損なわないシンプルなレイアウトが特徴です。画面も非常にきれいで、情報や文字などUIの見やすさはトップクラスな印象です。

しかしカーナビとしての性能、地図の情報量などについてはイマイチな点が目立つので、あくまでも「カーナビはとりあえず付けたいけれど、地図更新も含めてとにかく安くしたい!」という人向けのナビと言えます。それでもポータブルナビやスマートフォン/タブレットなどよりは賢い選択でしょう。

本体価格も圧倒的に安いです。

5.筆者の個人的なおすすめ!carrozzeriaの「楽ナビ」がバランス型!

最後になりますが、僕の個人的なおすすめも紹介しておきます。あくまでも僕の金銭感覚や需要での1品なので、参考程度にご覧ください。

raku-navigation

楽ナビ 公式HP

紹介するのは、carrozzeriaの「楽ナビ」というシリーズです。上述した「サイバーナビ」よりエントリーモデルなイメージです。見た目も幾分か優しい感じになっていますね(上の写真はワイドモデルというものなのでボタン類が横にありますが、通常のサイズのものはいつものように下に並んでいます)。

エントリーモデルということで価格は随分抑えめになるのにも関わらず、carrozzeriaの持つ測位精度や豊富な地図情報は(ほぼ)サイバーナビと遜色なく得られるのが最高のポイントです。

カーナビが持つ基本的な機能やオーディオ系のスペックを満たしたフルモデルを最上位として、細かく機能の有無でグレードが少しずつ区分されていくラインナップなので自分に合ったカーナビを見つけやすく、結果的にかなりの節約へ繋がります

rakunabi-lineup

出典:パイオニア公式HP

例えば、僕は車でテレビは見ないのでワンセグで十分ですが、音楽は絶対にスマートフォンで聞くのでBluetooth接続機能は欲しいところです。その結果上記の「AVIC-RZ102」という型番でお得に(4万円ですよ!)ハイスペック機を見つけることができます。

みなさんも、迷ったら楽ナビから探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は「需要別にパターンをいくつか分けて」のカーナビおすすめモデルの紹介でした。

実は、冒頭でも紹介した「カーナビの選び方とメーカーごとの特徴」の記事でも結局同じことを言っています。今回の記事のように「手っ取り早くおすすめを教えてよ!」という場合ですら、最低限いくつかの中から選択するべきということです。

しかし今回紹介したカーナビ、もしくはその類似モデルから自分の目的に合ったものを選べば失敗はないでしょう!

みなさんが良いカーライフを送れることを祈って、今回はこの辺で。
ありがとうございました。

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ