みるめも

ジョジョ好きのためのフリーゲーム「ディアボロの大冒険」が面白すぎてヤバいことを思い出した

ジョジョ好きのためのフリーゲーム「ディアボロの大冒険」が面白すぎてヤバいことを思い出した
みるみ
\ Follow Me! /
みるみ

1歳のときファミコンでゲームデビュー。話題のFPSとかより、鬼畜2Dアクションとかが好き。あと無類のゲーム音楽オタクです。

最近はインディーズゲームにお熱。

今回は僕のブログとしては珍しく、遊んだレビューでもなければ考察をするでもなく、ただあるゲームの存在を紹介したいというもの!

その名も「ディアボロの大冒険」

ジョジョは好きでもこのゲームは知らないという人はまだまだたくさんいるはずなので、期待して読んでください~~~

なにそれ?

diablo-adventure-screenshot-2

いわゆる「同人ゲーム」です。

パソコン(Windows)で遊べる無料のフリーソフトで、特殊な環境はなにも必要ありません。ダウンロードしたらすぐ遊べます。

公式の配布はとっくのとう(2008年)に終了していて、現在は正規の入手ルートはないようです。一応見つけましたが、あまりいいことではないかも…。
※もちろん僕がアップロードしたものではないです

ゲームのジャンルは「ローグライク」、つまり不思議のダンジョンシリーズです。この時点で最高ッッッ!

diablo-adventure-screenshot-4

自分が動くまでまわりの世界も絶対に動かない。天才的なゲームシステムです。

僕はゲームの開発はからっきしですが、素人目線でも不思議のダンジョンってシステム的にめちゃめちゃ難しそうなのは容易に想像がつきます。シレンシリーズをはじめローグライクは大ファンですが、開発者たちもいつも「難易度調整は発売ギリギリまでやってた」とか言ってます。※「風来のシレン2 公式パーフェクトガイド」の「四方山話」より

furaino-shiren-2-official-perfect-guide-yomoyamabanashi

しかも昔は発売したら基本的に仕様を変えることなんてできなかったわけだからねえ…。今はアップデートに甘えて初期版が色々杜撰なことも珍しくないですよね。

とにかく、超高品質なプロクオリティのローグライクゲームが無料で遊べる、しかもジョジョファン仕様ということだけ分かってもらえればOK!

ディアボロが主人公とはいえ、別に5部の世界しか描かれないわけではなく、むしろジョジョに関するあらゆるネタ(ときにはジョジョ以外まで)がふんだんに盛り込まれています。

diablo-adventure-screenshot-9

というか、アイテムをはじめジョジョのネタが絡んでいないものは全くないと言ってもいい。しかもそれが不思議のダンジョンの要素に全てかかっているので素晴らしい。

diablo-adventure-screenshot-8

ヘブンズ・ドアーの罠。

すんごい細かいネタがいっぱいあるので、ファンである人ほど楽しめるのは間違いない。ジョジョファンは多いのに同人ゲームってことで知名度はまだまだ低いはずなので、ぜひ多くの人に知ってもらいたい!

 

実は実際に遊んでいたのは10年以上前で存在すら忘れていたレベルでした。ひょんなことから思い出して「うおおお!」ってなり、色々調べていたら想像以上に興奮してしまって今回記事にしたという経緯です。

というわけで細かいところは忘れていたり間違ったこと言ったりしてるかもです。時間あったらまた遊びたい。とても。

 

…。

 

実はこの記事を書くのそっちのけで少し遊んでた(小声)

diablo-adventure-screenshot-5

1stダンジョンはプレイ1回目でクリアできた。このゲームは全然ですが、不思議のダンジョンはシレンで鍛えられているので腕には結構自信があります。

このゲームの素晴らしいところ

まずこのゲームのポジション、コンセプトが秀逸です。

ゲームを始めるとゴールド・エクスペリエンス・レクイエムのラストシーンの描写から始まります。

diablo-adventure-screenshot

このあとディアボロは永遠に死に続ける、いや死にすら到達できない運命に陥るわけですが、この「∞に死に続ける」というストーリー展開と不思議のダンジョンシリーズのコンセプトがかかっているわけです。燃えません?笑

diablo-adventure-screenshot-3

僕も10年ぶり以上にこれを見ましたが、ドット絵でちゃんと見下ろし視点で表現されていてすげえポイント高い。

動画で見たい方は下記YouTubeがナイスな編集でおすすめ。

熱心なファンなら気付くと思いますが、上の動画で編集に使われている声優とBGMはPS2で発売された5部のゲーム「黄金の旋風かぜ」のもの。

↑値段超高くてびっくりした。一部のファンが好きなくらいかと思っていたら、けっこうな人気でプレミアみたいになってるのね…。

僕はこのゲームの声優さんもサントラもかなり好きだったのですげえ良い。ジョルノは朴璐美さんが一番好き。

BGMの話が出たので。

このゲームの最も特徴的な部分だと言ってよいのが「スタンドの装備」というシステム。

diablo-adventure-screenshot-6

アイテムとして落ちている「ディスク」を拾うと、それを装備して該当するスタンドの能力を使えるようになります。そう、言わずもがなプッチ神父のスタンド能力「Disc」から来てます。

でね、でね。
このディスクを装備すると、そのスタンドの元ネタであるアーティストの曲にBGMが変わるのよ!やばくない!?

diablo-adventure-screenshot-7

僕は子供の頃にこのゲームをプレイしていたんですが、おかげで洋楽にめっちゃ詳しくなれたんですよ。おかげでイタい洋楽かぶれの時代を数年過ごすことになったけど

ちなみに音源はWindowsの初期MIDI再生音源である「Microsoft GS Wavetable SW Synth」のサウンドで作られたもの。海外サイトから丸コピしてきたものらしく、著作権的には余裕のスリーアウトです。

ディスク装備以外のシーンでもこのシステムはあります。

diablo-adventure-screenshot-11

モンスターハウスではDeep PurpleのHighway Starが流れたり…。

diablo-adventure-screenshot-12

自分のホームとなる「ヴェネチアホテル」では、Eaglesの「Hotel California」が流れたり。国違うけど。笑

あとはタイトルではキンクリの代表曲「In the Court of the Crimson King」、死んだときは「Epitaph」などなど。

マジで楽しい。これって同人ゲームでしかできないこと。インディーズゲームでも無理です。

しかし「この曲好きだからこっちのディスクを装備したい」みたいになっちゃって、ゲーム的にはやや困ることも。笑
※BGMの再生はOFFにできる

という感じで、「ジョジョの世界設定とゲームのシステムがとにかく上手くリンクしまくっている」という最高のゲームなんですよ。

ほら、プレイしたくなってきたでしょ?

ゲーマーなら普通にハマる

単なるファンゲームに留まりません。

不思議のダンジョンはその高い難易度と永遠に楽しめるゲーム性が魅力ですが、それはこのディアボロの大冒険でも健在です。

僕ももうよく覚えてないんですが、いわゆる「クリア後ダンジョン」も豊富で、難易度は青天井という感じです。もちろん「もっと不思議のダンジョン」もあります。

しかも今回初めて知ったんですが、当初の開発者の手からはもう離れて、今は別の有志によって開発が続いているそう!

本家開発(ver.0.13)までとそれ以降は、現在は明確に区別されているというのが現状のようです。本家は今の状態をあんまり快く思ってないみたいだけど…、しょうがないね。

不思議のダンジョンが好きな人は絶対楽しいのは間違いないし、なんとなく敬遠していた人も自分の好きなメディアコンテンツ(ジョジョ)がメインならやってみたくなりませんか?おすすめ。

ただいかんせん知名度がまだまだなので(本開発は10年以上前に止まってるけど)、コミュニティがあまり広くないのはデメリットかも。もっと色んな人と楽しめたり、もしくはネット通信なんて実装されちゃったりしたらどうしよう!?(誰か作って)

おわりに

フリーのPCゲームでここまでハマったのは後にも先にもこれだけでした。

そりゃもちろん、このクオリティならハマるのも当たり前って感じです。時間忘れて遊んじゃった記憶が懐かしいなあ。

こういう掘り出し物、これからも見つけていきたい。

短いですがおわりっ!

みるみ
\ Follow Me! /
みるみ

1歳でコントローラーを持つ。ゲームを芸術作品として楽しむのが大好き。最近はインディーズゲームにお熱です。

ブログ「みるめも」を運営、他の人には書けないであろう独自性のある要らねぇ情報をお届けしています。

初めての方はみなさん はじめましての10記事 を読んでらっしゃいます。おすすめです!

みるめも
関連しそうな記事

この記事へのコメント

  1. BVE より:

    これで、みんなが言う ディアボロの大冒険を知れて
    良かったです。これからもやってください。

    • みるみ より:

      ありがとうございます!
      ダウンロードもギリできる状態なのでぜひ遊んでみてください笑