みるめも

営業の経験がある人におすすめな技術職。「技術営業(FAE)」という仕事が最適かも

営業の経験がある人におすすめな技術職。「技術営業(FAE)」という仕事が最適かも
みるみ
\ Follow Me! /
みるみ

大手電機メーカーで技術職をやっています。専門はデバイス制御系。

こういう背景があり、このブログでは技術職の魅力を多くの人に知ってもらうべくリアルな情報を色々書いています。

次の転職先に技術職を考えている人、つまり今の仕事が技術職以外の人で最も多いのは「営業」じゃないでしょうか。

今みなさん自身も「技術職からは一番遠い仕事だよな…」と思っているかもしれませんが、そんなことは断じてありません。

「技術営業」というポジションががあり、これも立派な技術職の1つです。決して社内で肩身が狭いなんてこともないです。

僕自身は技術営業をやったことはありませんが、かなり近く(席が隣の人)が同じようなポジションで仕事をしているのをよく見てきたので、今回はこれを紹介してみます。

技術営業(FAE)とは?

技術営業とはあくまでも技術(開発側)の姿勢でありつつ、お客さんと対話し適切なビジネス獲得を目指していく職です。

他のサイトの汎用的な説明を読んだり想像で意味を考えていたみなさんからすると、

「専門知識を有してはいるけど結局は営業なんでしょ」

というイメージが強いでしょう。事実そういう説明をしているメディアは多いです。

しかしそれは「単なる営業」です。僕ら業界の人間が呼ぶ「営業」はあくまで営業であり、お客さんのところへ行って会社説明や商品説明をしたりするあの仕事、それがメインです。

一般的な「技術営業」の説明

僕が今回紹介したいのはこれではありません。

僕がみなさんにおすすめしたい「技術営業(まさにFAE:Field Application Engineerという意味合い)」というのは、あくまでも技術職です。技術側、つまりは開発側などにいる人間で、お客さんとの接点を持つことになるポジションです。

「そんな職種あるの?っていうかそれが営業じゃないの?」

って思いました?いいえ、それは現実的な思考が少し足りていません。

リアルに考えてみてください。

全ての開発組織にしっかりと紐付いた営業が常にスタンバってて、なおかつお客さんからの技術的な対応にいつでも返事できるように開発と営業が密にリンクしている…。こんな状態が想像できますか?

しかもさ、よくよく考えてみると、技術の話なら技術の人間が対応できた方がいいに決まってるじゃないですか。分業のせいでそうなりかけているのであって、実際に開発に携わっているメンバーがお客さんとやり取りできた方がお互いWin-Winなはず。

how-about-fae-technical-sales-true

というわけで、人数は少ないし貴重なもののそういう意味での「技術営業」というポジションはメーカー(製造業)にはホントに実在します。

この仕事に現場の人でもないのに転職前から着目できているとなると相当なアドバンテージがあると思いますよ。

なにしろ理論上はいないはずの「偶然生まれちゃってる仕事」に対して「私は適任です!」って主張できるんだから。

なので友人が「技術職ってなにやってんの?」みたいな話をしてきたとき、そいつが営業職なら僕はいつもこの話をしています。だいたい「めんどくせぇ…」って言って興味なくすんですけどw

 

ただし想像がついているかもしれませんが、これは一般的な会話の中で通用する感覚ではないと思います。

例えば、転職活動中に転職エージェントの人に「技術営業がやりたい」と言ったらおそらく前者、普通の営業の仕事のことだと捉えられるでしょう。

一般的な「技術営業」の説明

こっちだと思われるはず。

「じゃあ実際の転職では希望がないじゃん!」

というあなたには、僕が思うちょっとしたアイデアを最後に紹介していますのでぜひ最後までお付き合いください。再現性は保証できませんが実経験に基づいた意見ではあります。

技術営業の魅力

技術営業の最大の魅力は技術職なのにお客さんとのやり取りのスキルを発揮できること、これに尽きます。

技術(理系)の人間っていうのは、得てしてしゃべるのが苦手で嫌いです。笑

僕みたいにこうやって「文章書くのが好き!」とか言っているヤツはホント異端児です。大抵は人前に出たがらないし、プレゼンはしたくないしお客さんとも話したくない。

でもさ。

そんな中で「技術に詳しい営業スキルバリバリの人」が現れたらどうです?めっちゃ重宝されると思いません?

僕が元営業の人に技術営業を勧めるのはこれが理由なんです。
一人勝ちできる可能性を秘めているんですね。

 

この状態になったら完璧に「手に職がついた」と言って良いでしょう。

なぜなら「あなた以上にその技術を魅力的に説明できる人はこの世で他に存在しなくなるから」です。これ以上ないスキルです。飯を食っていくのには困らないと言っていいでしょう。

ただし話はそんなに甘くはなくて、当然技術的な話題に介入できるだけの「技術スキル」が必要になるのは言うまでもありません。

最初に言った通り「技術側の人間から偶然生まれてくる」くらいのポジションなので、当然エンジニアとしての背景が必要なくらいの知識量が必要です。

しかしここを不安に思う必要はそこまでないでしょう。みなさんの持ち前の「営業力」で転職の成功率をぐっと上げることができると僕は思っています。次へ。

営業の経験を活かして技術営業へ転職をしたいあなたへ

さっき後回しにした「実際に営業職からホンモノの技術営業を狙うテクニック」ですが、これは通常の営業(僕が比較対象として最初に説明した方)へ転身してからメキメキと技術側を狙っていくというものです。

「なんだよ普通じゃねぇか」

と思わせてしまったらごめんなさい。身も蓋もないですが、それも当然です。良い仕事にありつくための裏技なんかあるわけないですから。地道にやれることをやっていくしかないです。

しかし。

これをお読みのみなさんは他の人より卓越した営業力をお持ちのはず。転職エージェントよりも。

しかも通常なら襲いかかるさらに現実的な問題としてそもそも技術職になるための技術的理系スキルがないという点を、営業側から技術職へと切り込めるなら大いにがあるわけです。どうです?かなり魅力的では??

そうと分かったらとりあえず感触を掴みに行きましょう。

やることは マイナビジョブ20's のような若い世代の転職に強い転職エージェントに登録するだけ。

mynavi-jobs-twenty-s

マイナビジョブ20'sに無料登録してみる

最後まで一切お金はかかりません

勝手にエージェントの方から連絡してきてくれますから、あとはみなさんの営業スキルを彼らにぶつけてやるだけ。「自分はこういう仕事をしていて、技術営業という仕事も知っている。自分なら適任だと思うが、欲しい企業はたくさんあるんじゃないか?」と自分自身を売り込むわけですね。

このパターンで転職に成功した例を実は知っていて、それはうちの会社に来た技術営業の人でした(冒頭で言った「隣の人」ではないです)。

最初は扱うものが技術的製品や概念であるものの、仕事内容としては一般的な営業と変わらないため難なくこなしているように見えました。確実に前職を活かせてますね。

その後どんどん技術的な知識がついていったのを見て、異例の技術側チーム内にいる営業というポジションを勝ち取ったんです。

ただし実際の開発スキルがあるわけではないので、あくまでそのプロジェクト(製品)の技術的説明ができる人、というところに今は落ち着いているみたいです。でも、夢広がりますよね。

こういった経験諸々を鑑みて、今回はみなさんに「技術営業」という職種をおすすめしてみました!

おわりに

「技術職」というものが語られるとき、大半は「開発」や「設計」がフォカースされがちですが、いくら良いものを作ってもそれを買ってくれる人がいないと意味がない、つまり売る人がいなきゃだめなんですね。

営業のみなさんに言っても耳に念仏でしょうけど、これを実際の技術スキルと一緒に磨いていけるというのは相当な価値があると思います。僕もこのブログをはじめマーケティングにはとても興味を持っているので、技術の視点を持ちながらのマーケティングスキルというのには超価値を感じてます。

 

転職エージェントの登録は最後まで無料でお金がかかりませんから、とりあえず登録しておかないと損です。なおかつ複数の案件を取りこぼしなくチェックするためにいくつか登録しておくのが定石です。

マイナビジョブ20'sの登録がまだの方はもちろん、type転職エージェントなど他企業のサイトにも登録しておきましょう。

ではみなさん、ぜひその営業スキルを活かした転職を成功させてみてください!!
良い報告が聞けたりしたら僕はめっちゃ嬉しいな…。

お待ちしてます~!

みるみ
\ Follow Me! /
みるみ

大手電機メーカーで技術職をやっている人。専門はデバイス制御系、最近はプログラムばっかり書いてます。

ブログ「みるめも」を運営、技術職の魅力を多くの人に知ってもらいたいと思い、リアルな情報を色々まとめています。

ブログ自体に興味を持っていただけた方は はじめましての10記事 から読むのがおすすめ!

みるめも
関連しそうな記事