【詐欺サイト注意】ジャストアンサーという企業は万死に値する

【詐欺サイト注意】ジャストアンサーという企業は万死に値する

先日、母が詐欺サイトの被害に遭いました。

サイト(企業)の名前は「ジャストアンサー」。どうやら似たような事例は相次いでいて、かなり悪名高いらしい。

結果的に被害額は1円もなかったから良かったものの(母ナイス!)、今回僕は腸が煮えくり返るほどの怒りを覚えました。

みなさんへの注意喚起の意味も込めて、このブログにその体験を残しておきたいと思います。

ジャストアンサーとかいうゴミみたいなサイト

just-answer-is-scam-site-2

僕のブログの評価にも影響があるし、みなさんへアクセスさせるわけにもいかないのでリンクは貼りませんが、「ジャストアンサー」というサイトがあるんです。

※真面目な話、例えで言っているのではなく「SEOという観点で信頼性のないサイトへのリンクはするべきではない」という事実があるのでご了承ください。興味ある方はググれば簡単に見つけられます。

オンラインチャットでなんでも質問できて、それ以降も専門家がずっと質問に答えてくれるというサービス。本社はアメリカにある。

試しに入力してみるが…。

just-answer-is-scam-site-3

※撮影用にチャットボックスを広げてます

どう見ても定型文の返信。まさか専門家じゃないし、そもそも画面の向こうには人間すらいない。もちろんいつアクセスしても名前もアイコンも内容も変わらない。

そもそもこのイメージキャラクターのおっさんも日系の顔立ちじゃないし(日本向けにこのページが表示されている模様)、リテラシーがある方からすればおかしいと思う箇所がいくつも発見できると思います。既に怪しさMAX。

しかしそれでも被害は多いんです。ここについては次で書きます。僕が一番怒りを覚えた部分でもあるので。

で、何度かやり取りをするとこうなる。

just-answer-is-scam-site-4

※東芝のメモリにはなんの恨みもないです

ははーん。ここでそのまま答えてくれるわけではないのか。
いいだろう、「続行」を押す。

just-answer-is-scam-site-5

はい。
こういうわけです。

このサイトの全容は「とりあえず今質問したい1件は500円を払えばすぐ答えるよ」ということにするけど、実際は「毎月3,800円の課金も契約させて、解約できないようにする」というものらしいです。

just-answer-is-scam-site-6

一応それなりに目立つところに書いてあるけど、以前はこの表記すらなかったらしい。

しかし僕の母は「クレジットカードを入力した直後にサイト内の全操作が不能になり、問い合わせもなにもできなくなった」らしく、僕も最初ここだけを連絡されたので最悪クレカのスキミング→多額の不正請求という流れも想像してしまいました。

今回起きた問題の概要

みなさんからしたら単なる世間話程度かもしれませんが、必ず同じようなケースがあるだろうと確信しているので、細かいですが経緯を全部書いてみます。興味ない方は読み飛ばしてください。

 

僕の母は一人暮らしです。

そうなると当然、電気製品の扱いは大変。僕も頻繁に困っていることはないか聞いたりしていますが、気を遣ってあまり言ってこないことも多い。

今回の件の前日、「パソコンからテレビに繋いでいたら音が出なくなった」とヘルプ要請がありました。僕はというと連絡を受けたのが運悪く忘年会の一次会と二次会の途中で、「あとで返事する」としてそのときは中身について考えもしませんでした。怒りのうち何割かはこのときの自分へもある。

しこたま飲んだ翌日。
「たぶん音声の出力先がHDMIになっていないんだろうな」と考え、その旨を連絡しました。そしたら「詐欺に遭ったかもしれない」となり、ジャストアンサーの件を話されました。

「僕があのときすぐに返事をしていたら」

と思う気持ちがあったのはもちろんなんですが、それよりなにより、人が困っているところに付け込んで悪事を働こうとするその姿勢が憎くて憎くて仕方ありませんでした。

今まで「そんなのに引っかかるやつがアホだ」とか思っていたわけですが、自分が気にかける人がその被害に遭って悲しみに暮れているのを目の当たりにすると、とてもじゃないけどそんなことは思えませんでした。皮肉ですよね。自分の一貫性のなさにも苛立ちがある。

幸いすぐにクレジットカードを止めたらしいし、仮に止めるまでのその僅かな数分間に高額な不正請求があったとしてもそれはクレジットカード会社が補償してくれるはずなので絶対大丈夫だよと強く伝えました。

というわけで、今回の一件は以下のような感じだった。

  • トライアルの500円はたぶん返ってこない(ここは同意の上という名目なのでまあ仕方ない)
  • サブスク契約の3,800円も契約させられている可能性が強いが、カードは止めたので大丈夫
  • クレジットカード番号以外の情報は一切入力していない(ここが意外でしたが、入力していなくて本当に良かった)
  • 止めるまでの数分間にスキミングなどもっと大きな犯罪被害に遭っている可能性は残っている

で、結論から言えば、冒頭でも言ったように被害額は0円でした。クレジットカード会社にも請求の履歴はないし、500円すら支払われていなかったとのこと(請求の痕跡はあったらしい)。

それと、あとで気付いて不安に思ったのが「クレジットカード番号を入力しているときに通信が傍受されていなかったか」ということ。

というわけで実際に僕もそこまで行ってみたけど、

just-answer-is-scam-site-7

良かった、SSL化はされていたみたいだ。これなら今回これ以上の問題が出ることはないだろう。

心理的なダメージは母に残ってしまったものの、実利的な被害がなかったのはやっぱり一安心という感じでした。

ジャストアンサーがいかに極悪企業か

このあと少しジャストアンサーについて調べてみた。

まあググれば分かるんだけど、リスティング()以外で公式サイトはヒットしないし、「詐欺」だの「怪しい」だの不穏なワードしか見えない。

just-answer-is-scam-site-8

リスティング:Googleなどの検索結果の最上部に表示されるようにお金を払うこと。つまり広告費として自サイトに流入を促せる。今回だと一番上にある「ジャストアンサー公式」がそれに該当している。

もう明らかに同様の事例が頻発していそう。

しかも消費者生活センターの人たちもよく知っていて、なんならクレジットカード会社のコールセンターのお姉さんにすら知られているという有名っぷりだった。ちなみにアメリカの本社がクレカ(のたぶん国際ブランド)と提携しているせいで契約を切れないんだと。

一番殺意が湧いたのは、「Microsoft サポート」や「wuinfo@microsoft.com」のような本当に困ったときに検索するときのワードでリスティング出稿しているということ。

つまりね、

  • しっかりと大手メーカーの公式のサポートを受けたい
  • サポートのメールアドレスやURLだと思ってアドレスバーに打ち込む

みたいに思って検索してきたユーザーさんたちを狙い撃ちしてるんですよ。なに食って生きてきたらこんな非道なこと思いつくの?

僕の母も「SHARPだかなんかのサイトから行ったから安心してしまった」と言っていて、真偽は分からないけど色んなところに広告を貼ったりしているのだと思われる。本当に死んでくれ。

極めつけはWikipedia。

just-answer-is-scam-site-9

※クリックで拡大

天下の中立マスターWikipediaが、ジャストアンサーについての日本語記事はこの有様。語調といい内容といい明らかに恣意的すぎる。

まあ誰も知らないし興味もないから直されていないんだと思いますが、こんなところにまで手を伸ばしているんだとするなら文字通り万死に値しますね。

ITリテラシーが「ある」方が珍しいという感覚を知っておくべき

今回僕が強く思ったことが1つあります。

それは「一般の人は想像以上に、本当に想像以上に、ITリテラシーを持ち合わせていない」ということ。

分かってはいました。

自分を棚に上げたり過大評価したりするという意味ではなく、一般層よりそっち方面での知識や経験は比較的ある方だと自覚した上で、「そういうことを分からない人も多いだろうな」とは思っていたんです。

でも甘かった。

しかも今回のように緊急性や困っているシーンにつけ込むようなパターンだと、コロっといっちゃいやすいんでしょう。だからムカつくんだよなあ。

just-answer-is-scam-site-2

僕のブログを読んでくださるみなさんなら、この画面を一瞬見ただけで香り立つその怪しさに気付けると思います。その他にも、検索でヒットしない感じやアドレスバーのURLなど、色んな点が目に付きます。もうでページ閉じますよね。

でもその感覚が、やっぱり多くの人には伝わっていない。

これをなんとかしたいなあと思っていて、なんか記事にまとめてみようと画策中です。
→書いてみました。

 

しかしみなさん、今回の件は「一応最初の500円は同意の上だし、以降の数千円のサブスク契約も(今は)明記がある」ので、確認不足と思われてしまった場合はこちらにも非があることになってしまうので十分に気をつけてくださいね。
もちろんそれでも、解約の申し出に応えないとかそもそも解約申請が見つからないとか問題は山ほどあるわけなんですけど。

ネットでの被害報告も、意外と

  • そもそもサブスク契約に気付いていなかった
  • 最初の回答はちゃんともらった(質はともかく)
  • 返金したい旨を頑張って伝えたら一応対応してくれた

など書かれているものがあり、それなりに10:0じゃないケースもありそうです。

ただし母の今回の件は、原因は不明だけど「クレカ番号入力直後に操作不能になった」などかなりの異常が見えたので、イレギュラーもあるかもです(逆にこれがなかったら疑ってなかったかもと思うとゾッとする…)

単なる1件の記録でしたが、氷山の一角に過ぎないです。

みなさんも、他人事と思わず、ほんとーーに気を付けてくださいね。

おそらくこの記事を読んでくださっている方自身は大丈夫なはずなので、ぜひご自分の周りの方に気を配ってあげてください。僕らにできることはきっとあるはずです。

関連しそうな記事  もうひとついかが?
みるめも

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ

  1. ジャストアンサー日本語サポート より:

    ジャストアンサーの日本語サポートデスクで働いていました。コールセンターはフィリピンに有ります。電話が繋がりにくいようにわざと絞って繋いでいます。請求日から30日以内なら全額返金してくれます。60日以内でも一切サイト利用してなければ返せと強く言えば大丈夫です。熊谷で在宅勤務して居る小林さなえ(本名かどうかわからないけど)という女が30日を超える返金の基準を恣意的に決めています。彼女の口癖が「返金と言われるまで返すな」であり「引っかかる方が馬鹿」です。彼女が辞めない限り不幸な犠牲者は増え続けます。本人は目つきが悪く滑舌の悪いかなりのぽっちゃりさんです(笑

    • みるみ より:

      なんと。本当かどうかはさておき(失礼でしたらすみません)、関係者の方からコメントをいただけるとは。

      まあそこで働いている人すべてが悪だとは僕も思ってません。その女性が何者かは置いておくにしても、僕が責めたいのは経営者とかなので。
      いずれにせよ情報の提供ありがとうございました。

MENUみるめも
書いている人PROFILEこのブログについてABOUT
とじる