【ソフト配布してます】カエレバリンクをもしも経由で従来通りに使う方法

【Excel配布してます】カエレバリンクをもしも経由で従来通りに使う方法

2019年の1月23日からAmazonのPA-APIの規約変更があり、事実上「カエレバ」や「Rinker」の従来どおりの運用は不能となりました。

“従来どおりの” とは、Amazon経由で商品検索をしつつ、アフィリエイトリンクは「もしもアフィリエイト」のコードを利用することを指します(小差あると思いますが、だいたいここに集約されると思っています)。

で、色々調べまわり検討した結果、今までと全く同じ形態、見た目、システムのまま「カエレバ」を利用できるようにするツールを作ったので、紹介させてください(かっこいいこと言ってますが大したことはなんにもしてません)。
※「Rinker」をご使用の方は今回の話は対象となりません。商品リンクを「詳細ページ」にして、なおかつ「もしもアフィリエイトは仲介させられない」条件だけを飲めば、売上が極端に少なくない限りRinkerの使用は継続できます。

困っている人はたっっくさんいると思うので、この記事を読んでいただいた方はぜひシェアしてください!よろしくお願いします!!→Twitterでシェア

なにが問題か

細かい説明は抜きにして、現状で問題になっている点を要約します。

  • 「カエレバ」では、Amazon公式サイトで検索した結果からそのままカエレバリンクコードを作成できなくなった。=商品画像と商品タイトルの取得元、さらにその2つのリンク先をAmazonにすることができなくなった。
  • 「Rinker」では、「Amazonから直接検索」の機能に大きな制限が設けられた。もしもアフィリエイトを経由しなくていいなら、通常利用の継続も問題なく可能(少しでも売上があって、商品リンクを貼りまくっていない場合)。
  • どちらのサービスでも、もしもアフィリエイトを経由して収益を得ることが事実上無理or相当制約がある状況となった(例えばカエレバでも、楽天から作ったコードで「Amazonのショップリンク(検索ページ)」がクリックされれば収益が入る可能性はある)。

要は、Amazonからラクラク作成~♪がだめ & もしもアフィリエイトは使えないみたいな感じです。
(何度も言いますが断定発言ではありません。細かい抜け道はいっぱいあると思います)

とっても困ります。色んな意見があると思いますが、僕は意地でもAmazonをベースにしたいです。

どうすればいいか

とにかく、物販の売上は一本化したいので「もしもアフィリエイトは仲介させる」は絶対に達成したい条件です。

欲を言えば、運用方法(リンクの作成方法)も従来と変更がない方がサイト設計的にもメリットが盛りだくさんのはず。cssも継続、既存のリンクも変更なし、などなど。

で、色々調べていて、僕もそもそも勘違いしていたというか気付いていなかったことがあったと分かりました。

商品情報を取得するリクエストが送れないだけで、商品へのアフィリエイトリンクは当然いくらでも貼れるし、画像も取得できるのです。

「商品情報を取得するリクエスト」とは、カエレバならAmazonのページ上でブックマークレットを起動することを指し、Rinkerなら「Amazonから検索」をしてリンクを作成するところまでのことを指しています。

あれ、じゃあカエレバのコード体形のテンプレだけ流用して、リンク先だけ自動でもしもアフィリエイトに置き換えられれば全部解決では?(あとで気付きましたが検索ワードもです)

と思いつき作成したのが今回のExcelファイルです←色々な環境下で不自由する関数を使わざるを得なかったのでExcelでの公開は断念し、フリーソフトの形を取ることにしました。
ショップリンクの順番もAmazonが一番始めに来るような設定にしました。

「リンク置き換えツール」を作成しました

ダウンロードは以下のボタンから。
exe形式の実行ファイルですので、Macオンリーの方はBoot CampやEasyWineなりで頑張ってください。ブロガーのみなさんなら問題ないはず…

Download

僕の環境でもウィルスソフトが誤検知して反応しましたが、誓って怪しいことはしていません。個人レベルのソフトでの誤検知はよくあることらしく、みなさんでも多く反応があったら対応するつもりです。
 →(参考)http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/1496678.html

追記

2019/5/19:ウィルスソフトのクイックセキュリティスキャンをパスできるようになりました。ただし僕の環境でしかまだ確認できていないので他の方のご報告をお願いします(ウィルスソフト名と併せて)。

結果的にはどんな環境でも多くの方に使っていただける形態になったと思います(まだ相当機能は限定的ですが)。

中身

ダウンロードしてきた「kaereba-link-tool.zip」を解凍すると「Release」というフォルダの中にファイルが3つ入っていますが、使うのは

  • ###kaereba-link-default###.txt
  • kaereba-link-tool.exe

のみです。

kaereba-link-tool_package

「み」という僕のサイトアイコンが付いている方がソフト本体で、上のテキストファイルは一番初回のみ準備に使います。

準備(初回のみ)

先ほどのテキストファイル「###kaereba-link-default###.txt」に、なんの商品のリンクでもいいので楽天市場から作成したカエレバリンクを全て貼り付けて上書き保存してください。

リンクの作成条件は、

  • 「デザイン」は「amazlet風-2(cssカスタマイズ用)
  • 「商品キーワード」には「***」と入力(半角のアスタリスク3つ)
  • ショップリンクには「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」の3つにチェックを入れる(現在この3つのみ対応です、2でも4でもだめ)
  • 「Amazon」と「楽天市場」のショップリンクには全て「もしもアフィリエイトのアフィリエイトID」が設定されていること、「Yahoo!ショッピング」のショップリンクにはバリューコマースのsidとpidが設定されていること(※)

です。ここの制約が最も非汎用的なので、使ってくれる方がもし増えてきたら対応を検討します。

※本当はYahoo!ショップリンクのショップリンクももしもアフィリエイトかバリューコマースかで好きな方を各自で選択できる方がベストだとは思っていますが、同じ商品でもしもアフィリエイトの報酬料率が0.77%なのに対してバリューコマースは1.00%ですので、正直選択の余地はないかなとも思っています(もしもにするメリットは売上の一本化くらいだと思います。このあとの操作方法もなにも変わりません)。
まだバリューコマースに登録していない方はこの機会にこちらからぜひどうぞ。

再度になりますが、商品自体はなんでもOKです。

kaereba_link-create-example-tool

3つの変更の後に[更新]ボタンのクリックを忘れずにしてください(昔から1度だと反映されないことがあるので僕は普段から2回押してました)。

ここで指定している以外の要素(「~で見る」や「rel=”nofollow”」)はちゃんと反映されますので、今までの設定通りご活用ください(nofollowのみ商品画像と商品タイトルに適用できないのが既知の問題ですので、要望が強ければ近い内改善いたします)。

ちなみに、SEO上の観点から「rel=”nofollow”」を付与した方がいいケースというのはほとんどないというのが最近の見解です。それ以外にも注意点がありますのでカエレバ公式ページから引用しておきます。

rel=”nofollow”は、ユーザーからの希望で付けられるようにしました。自己責任でご利用下さい(各ASPの利用規約に抵触することがあります)

その他、画像サイズ等はなにを選んでも関係ありません。

kaereba-link-tool-how-to-use4

貼り付けてそのまま上書き保存する

この作業は初回のみ実施すれば良いので、一度上書き保存したテキストファイルがそこにある限り以降この作業は不要です。

リンクを作成するまでの全体的な運用方法

お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、Amazonの公式HP上からリンク作成に漕ぎ着けるのは現状無理なので、もしもアフィリエイト経由のAmazonページへのURLを取得するには「もしもアフィリエイト自体のリンク作成機能」を使わざるを得ないです。

とは言ってもやることは簡単ですし、作業手順もほぼ増えていません。

やたら丁寧にというか、画像を多くして細かく説明しているのですごくややこしく見えますが、やっていることは超簡単で一瞬で終わります。手順も1回で覚えるはずです。

1.Amazonで紹介したい商品を探す

amazon-search

いつも通りAmazonにアクセスして紹介したい商品を探してください。実際には詳細ページまで開く必要はありません。

※ちなみに、最初から楽天で探した商品を紹介したいときは普通にカエレバを利用すればOKです。

2.見つけた商品のタイトルをもしもアフィリエイトのリンク作成機能にコピペ→リンク取得

探してきた商品のタイトルをコピーして、もしもアフィリエイトのAmazon→商品リンク作成→商品名検索欄にペースト。

amazon-item-title-copy

moshimo-item-link

この手順で言いたいのは、「Amazonで探していた自分が思っている製品と違うリンクを作成してしまうことを防ぐ」ということです。商品名をコピペして1つに絞ることでミスを無くしています。

見つかればいいので、実際にはわざわざきれいに全部コピーしなくても大丈夫です。ダーッとやっちゃってください。ダーッと。

その後通常通りリンクを取得します。必ず「画像サイズ」は「大」にしてください。

moshimo-item-link-create-copy

最後は出来上がった「ソース」をコピー

3.「カエレバリンク置き換えツール」に入力

コピーしてきたコードを、「カエレバリンク置き換えツール」の「もしもアフィリエイトリンク貼り付け場所」に貼り付けてください。

kaereba-link-tool-how-to-use

その後好きな「検索ワード」を「各ショッピングサイトでの検索ワード」に入力してください。検索ワードとは、例えば楽天やYahoo!ショッピングなど、Amazon以外のショップリンクボタンを押したときに開かれる画面で入力されているワードのことです。

kaereba-link-tool-how-to-use2

ここで入力したキーワードが、

rakuten-keyword

こうなるイメージです。
また、今までのカエレバでいう、↓の部分ということです。

kaereba-item-keyword

さっきここには「***」と入力してしまっていますが、ちゃんとツール側で入力した検索ワードに設定できます。

4.出来上がったコードをブログ作成ツールに貼り付けて完成

「Go!」ボタンを押すと「出力結果に置き換えが完了したコードが表示されるので、コピーします。ちなみに隣の「コピー」ボタンで全てコピーできます。

kaereba-link-tool-how-to-use3

これをWordPressなどのCMSに貼り付ければ完了です。

tool5

見慣れたカエレバの出来上がりです。もちろんcssも今まで通り動きます。

※最初にわざわざAmazonから商品タイトルをコピペしてこなくても、もしも内で直接検索するのが嫌じゃない方はさらに手順が減ります(この場合は似たような別の商品と間違えないように注意)。

注意点

現状分かっている注意点です。見つかり次第追記していきます。

通常のカエレバより1行減る

AmazonのAPIを使っていないので「発売元や発売日が表示されていた部分」は取得されず、cssのクラス名でいうと「kaerebalink-detail」の中身は空になります。

tool7

ここは今後表示されない

商品画像と商品タイトルのみ「rel=”nofollow”」が適用されない

上でも書きましたが、商品画像と商品タイトルのみ aタグの「rel=”nofollow”」は適用されない状態です(下記赤枠部分)。

tool__6

ショップリンクの3つは問題ありません。

※この情報提供をはじめ、主婦リスさん(@shufurisu)には動作検証等をたくさん手伝っていただきました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。本当にありがとうございます。

さいごに

Amazonの担当者はかん吉さん(カエレバの作者さん)と今までにもずっと連絡を取り合いながらやってきたとのことですが、おそらく会社の意向自体がもう「アソシエイトは縮小傾向にしよう」ということなんだと思っています。売上ありそうなのになあ?

そこはもうしょうがないですが、今まで使えたものが使えなくなるのは実に、実に 困ります。

そんなわけで色々調べてみたんですが、分かってみれば簡単でした。

作成したソフトをぜひ使っていただいて、みなさんのご感想をお聞きしたいです。利用される方が増えれば改良もしたいと思っています(他のカエレバテンプレート対応、ショップリンクの順番変更、ヨメレバ等他の姉妹サービスの対応などなど…)。

もともとも自分用に作ったものなので超万人向けじゃないですが、使ってみた感想などあればぜひコメント等お待ちしています!

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ

  1. 匿名 より:

    はじめまして。
    私は Mac ですが、EasyWin e経由で試してみましたが、起動しませんでした。
    どんな感じかみたかったのですが、残念です。

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。

      なんと…。EasyWineはだめなのですか…。
      現在諸事情あってMacが手元になく、僕自身で動作確認ができていないのを心配していたんですが、大変失礼いたしました。

      恐縮ですがお時間ありましたらどのような状態になってしまうのか、気が向いたときにでもご連絡いただけませんでしょうか…。

      よろしくお願いします。

  2. ogapon1043 より:

    はじめまして
    こちらのツールをツイッターで見つけて利用させていただきました
    PA-API経由での売上にはこだわるのはあきらめて、今まで使っていたカエレバのAmazonの画像&リンクをベースにしたアフィリエイト広告を作りたかったので、とても助かりました
    私の場合は、カエレバでシンプルにamazlet風-3で使用していましたので、こちらのツールでそのまま貼り付けるだけではできませんが、ちょっと試行錯誤した結果、見た目はamazlet風-3のように表示させることができました(もしもで画像(中)を選び ツールでできたコードをちょっとだけ編集)
    カエレバが使いづらくなってしまって、どうしたもんかと途方に暮れていましたので、本当に感謝です♪

    • みるみ より:

      コメントありがとうございます。

      現状カエレバのテンプレートを「amazlet-2風(cssカスタマイズ用)」にしか対応できていないのは課題だとは思っている反面、おっしゃる通りちょっとのカスタマイズで各それぞれで従来の雰囲気に近づけられるのはメリットだと思っています。

      たくさんお声をいただけるようになったら、優先順位の高いものから順次改善を予定しています。これからもどうぞよろしくお願い致します!