「ココナラ」で外注!Twitterのオリジナルアイコンを手数料無料で!

「ココナラ」で外注!Twitterのオリジナルアイコンを手数料無料で!

「外注」って言葉、かっこいいじゃん?(唐突

「たとえばTwitterのアイコンを用意したいな」と思ったとき、著作権フリーの画像とはいえ、ネット上の “ありもの” で作るのはなんだかオリジナリティがなくてちょっと嫌ですよね。

そんなとき、プロ・アマ問わずイラストレーターやデザイナーとして活躍している人に直接アイコン作成を頼めたらどうでしょう?しかも格安で

個人で直接やりとりするのは色々面倒で敷居も高いですが、 ココナラ というサービスを利用すればお手軽&簡単にスペシャリストに仕事を発注できちゃいます。

あなたも手軽に色んな作業を安く外注してみましょう。

「外注化」によって嬉しい2つのこと

今回こういう記事を書こうと思ったきっかけというか、軽い導入をお話しておきます。

1.「適材適所」という考え方

kokonara-skill

一番のメリットは言うまでもなくここ。

自分が持っていないスキル・技術を、それを得意とする人たちにやってもらえるということです。

自分が得意じゃないものをやってもらえるだけでも「ありがたや~」って感じなのに、ましてやそれのスペシャリストで、かつ楽しんでやってもらえるなんてとっても幸せなことだと思いませんか?(実際に楽しいかは知らんけど

あと、当然ですが自分の時間を一切使わなくて済むというメリットも孕んでいます。自分の時間をお金で買うわけです。time is moneyなんですな。

2.プロと関わるという「刺激」

business-pro

たとえ相手が趣味でやっているものだとしても、事実ココナラで出品されている以上金銭取引が発生するので、それは紛うことなき「プロ」です。

普通に会社員生活していたら、個人でプロに仕事をお願いすることなんてまずないと思います。

彼らと行うやりとりはそれ自体が自分の資産になるはずだし、「そこで関わり合った人たちとは今後も良いお付き合いができる」と考えたら自分の成長にとって良いところはたくさんありそうですよね。

しかも、「なんだかプロに発注しているオレかっこいい」みたいな自尊心まで満たされるおまけつき。

今回は例として「Twitterのアイコン作成」を取り上げてみます

twitter-icon

ちょっと話が逸れるんですが、僕たち一般の個人が手軽に仕事を外注できるサービスっていうのは、実は他にもあります。

有名なのが以下の2つ。

「ココナラ」がこれら2つと徹底的に違う点は、圧倒的に気軽に使えて、かつ価格相場も文字通り桁違いに低いというところです(本当にゼロ1つや2つレベルで安い)。
※上記2つは記事執筆の外注などに向いています。今後記事にします~

ここまで読んだあなたは、

「安くて気軽ってことはその分質も低いんだろ」

と思われていることと思います。半分あたり、半分はずれ。

こと今回に限り、正式な堅苦しいやりとりなしに手軽に使えることはメリットでしかなく、それと引き換えになる「質」は一概に低いわけではないんです。

ちょっと回りくどくなっちゃいましたが、要は気楽に使えるのに驚くほど高クオリティなものを作ってもらえますよ、しかも格安で。っていう感じです。

ココナラでは、発注する側が払う手数料などは一切ありません。それぞれ買いたい出品の価格ぽっきりで利用できます。料金体系も分かりやすくていいですね。

最も多くの人が身近に頼みたいことって、やっぱりTwitter

twitter-icon2

とは言っても、多くの人は

「お金払ってまで知らない人に頼みたいことなんかないわ」

ってな感じでしょうから、それに対する良い案の1つとして今回僕が取り上げるのが「Twitterのオリジナルアイコンの作成」だよ、という流れです。

個人アカウントでもネット上で活動する用のアイコンでも、とにかく「自分」を表現するアイコンはこの世に2つとないオリジナルなものがいいですよね。

アイコンイラスト1つなら単価も安いし(ピンきりですが500円や1000円くらいならいっぱいあります)、「とりあえず使ってみる」という用途にも最適かと思います。

「ココナラ」に登録&アプリも入れておきましょう

kokonara-skill-twitter_icon2
coconala.com

とりあえず登録してみましょ。支払い方法の登録だとか、そういうめんどくさいのは最初に入力する必要はありません。

上記URLから公式サイトへ行ったら、↓から会員登録へ。

kokonara-skill-twitter_icon3

登録の途中なり登録後に色々細かい情報入力を促されますが、仕事を発注する側はなにも登録しなくてもほぼ問題ないので、気楽にクリック連打しちゃってOK。

それと、スマホのアプリもあります。

ウェブ上でも使えますが、発注後(「サービスの購入」と呼びます)のやりとりなんかのプッシュ通知をしてくれたり、そもそもスマホから使うならブラウザよりもなにかと便利なのでぜひ入れておきましょう。

ココナラ 得意を売り買い スキルのフリマ coconala

ココナラ 得意を売り買い スキルのフリマ coconala

coconala, Inc.posted withアプリーチ

ちなみにメールで来る通知と被るものは好きな方をオフにできます。その他うるさい通知等はありません(気になるようなら細かく無効化が可)。

ココナラの簡単な使い方

kokonara-2

今回は「得意な人へかっこよく(←ここ重要)外注する」っていうこと自体を伝えたい記事でしたが、最後に簡単に使い方も紹介しておきます。

1.好きな出品者 / サービスを探す

kokonara-skill-twitter_icon4

自分が探している「仕事」や「作って欲しいもの」で検索をしてみましょう。「ある1人の出品者が複数のサービスを出品していることがある」ので、人から探すのもありです。
(例:Aさんが「Twitterのアイコン作成」と「Twitterのヘッダーカバー画像作成」を出品していたりする)

例えば「アイコンイラスト 作成」などで検索してみてもいっぱい出てくるのが分かります。

kokonara-skill-twitter_icon-5

ここで出てくるひとつひとつを「出品サービス」と呼んでいます。

ポイントとしては、実際に自分が気に入るものと成果物のクオリティは比例しないので(好みがあるから)、フィーリングで選ぶくらいがちょうどいいです。

実際、作ってくれるもの自体で条件の絞り込みなどはほぼできないのですが、その「気楽さ」がココナラの利点だと思います。

まあ、作って欲しいものがアイコンイラストなら好みの絵柄を探すだけですからむしろ簡単だと思うけど。

2.良さげな人を見つけたら、事前に内容の相談をする

kokonara-skill-twitter_icon-6

ココナラの基本的な仕組みとして、「1つの出品サービスには500円単位の価格設定が1つあるのみ」で、その他「オプション」という追加料金によって最終的な価格を決める出品者の方が多いです。

つまり、自分が求めるものによって料金はかなり動的に変化します。要は見積もりが必要だということ。

その「事前見積もり」をするためにも、いきなり出品サービスのページから購入するのではなく、まずは出品者とコンタクトを取りましょう。

相談方法は主に2つあります。

  • ダイレクトメッセージ
  • 「見積り・カスタマイズの相談をする」ボタン
kokonara-skill-twitter_icon8

左が「ダイレクトメッセージ」、右が「見積り・カスタマイズの相談」

区別はよく知らないけど、僕は基本的に「見積り・カスタマイズの相談」ボタンの方です。文字数や画像添付など、より詳しく正式に相談できる感じ。

ここで送った内容によって、相談が続くか、もしくは相手方から自分の希望を叶える見積もりが提示されるので、そこから直接購入しましょう。

3.取引はメルカリの「取引メッセージ」のようなイメージ

kokonara-skill-twitter_icon9
※この画面は実際に購入をしないと開くことはできません。また、プライバシーのため色々塗りつぶしたりぼかしたりしています。

実際のサービスを購入したあとは、「トークルーム」という出品者と購入者だけが見られる専用の場所でやりとりを継続します。

相談やカスタマイズの進行具合によっては追加料金が必要になることがありますが、その場合は「おひねり」という形でいつでも追加支払いが可能です。

kokonara-skill-twitter_icon10

それと、完全にクローズな場所なので安心してください。注意書きもされていますが、個人情報の記載やリアルでの接触の誘いは禁止ですよ。

「メルカリのような」と言っていますが、ココナラの民度は相当高いので(ちょっと言葉を選ばずな感じですみません)、決して相手に失礼のないように、誠心誠意の対応を心がけましょう。

相手はプロです。仕事を頼むんですから、上も下もありません。対等に、良いお付き合いをしましょうね。

購入してからでも、相手が許す限り何回でも修正の要望が可能です。

もともと「この期間では◯回まで」と出品者自身が決めている場合がほとんどです。出品ページをよく確認した上で、相談に乗ってもらいましょう。

4.完成

みるみ

契約時に相談した制作期間ののち、完成したものが納品されます。

※僕はアイコンイラストを発注したことはないので上の画像はただ載せてみただけです、あしからず。。
えっ?じゃあこのアイコンはなんなんだって?僕が手書きした天才的なデザインアイコンですよ。ライオンです。いいですか?異論は認めません。ライオンなんです。

…こういうことにならないために、「ココナラ」は素晴らしいというわけです(無理やり

 

お礼はしっかり伝えましょうね。その後もお世話になることがきっとあると思いますから。

あとがき

今回はちょっとビジネスよりな話だったかなと思います。

でも、記事中で紹介した「クラウドワークス」や「ランサーズ」よりはずっと手軽に扱えるのは本当です。

その証拠に、個人間でのちょっとしたイラストやデザイン系の取り引き数はココナラの方が活発なイメージです。

それでいて価格がゼロ1つか2つ違うくらいで頼めちゃうので、なんともおトクです。しかもイラストって、自分が気に入ることができれば価格と品質のバランスなんて関係ないし。

そんなわけで、みなさんもご自分の色んなアイコンをまずは発注してみましょう!世の絵師さんたちもきっと喜びます。

ココナラ公式サイト

それではまた。

関連しそうな記事  もうひとついかが?
みるめも

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ