みるめも

幸福度は無駄なスペース量と比例する:部屋は広くしてモノは減らそう

幸福度は無駄なスペース量と比例する:部屋は広くしてモノは減らそう
みるみ
\ Follow Me! /
みるみ

ブロガー、エンジニア。

文章を書くのが好きです。

なんかうまいことを言いたげなタイトルですが例によって大した記事ではない。

生活の中で感じられる幸福感って、無駄なスペース(=心の余裕度)と比例しているんじゃないかなーって最近気付いたのでシンプルに記事ネタにしてみます。

みなさんの意見もぜひ聞いてみたいっ!

なんの話?

これまで自分の中では2つの考え方が同居していました。

  1. 自宅の広さなんて必要な分が確保されていればいい
  2. 超ゴージャスで広々とした家に住んで「自宅には何でも揃ってる!」という環境を目指したい

これらは矛盾しているようにも思えるし、現在と将来という意味で時系列が違うのなら正しいようにも思えていました。

 

…なんか真面目な調子で書くのがアホらしくなってきたんでフランクモードでいきますね。

 

いや、普通にさ、ヒカキンみたいな豪邸住みたいじゃん???

「別に興味ない」とか言ってる人はどういうことなの?妬み?自己防衛?現実からの逃避?住めるなら広くてリッチな方がいいじゃんかよ!!!!!!!(半ギレ)

 

というわけで(?)、フロイトの防衛機制のごとく「今の僕にはこれで十分なんだ…」と色々な感情を押し込めて生活していた中、ちょっとした片付けや不要品の整理をしていたときにある気づきがありました。

床が見える量が多くなるとなんか心に余裕ができる

そう、同じ家のはずなのに、モノがないスペースが増えると広々感じるんだよね。当然のことのように思えるけど、これをいつも見ている自宅の風景で改めて突きつけられると新たな感覚を覚えました。

これに気付いたあとは色々合点がいった。

例えばホテル。旅館でもいいかな。

あの空間は、不便だけど居心地が良いですよね。もちろん「普段行かない特別な場所だから」という精神的な側面はあるにしろ、あの言葉にできない幸せ感は間違いなく余計なものがなにもないからだろうと感じていました。

今回の気づきはこれと同種のものです。

要らないものは持たないし、部屋は広い方がいい

これ。マジでこれ。

結局は

  • 部屋が片付いていること(=見えているモノが少ないこと)
  • 空間は狭いより広い方がいい

というごく単純な要素を2つ合わせただけなんですが、これによって生まれる無駄なスペース自体が自分の余裕を生んでくれるとは思ってもみませんでした。

さらに嬉しいことは、「今後の方針を自分の中で超明確にできる」ということ。

つまりね、

  • モノは減らせばいい
  • 部屋は広くすればいい

これだけなんだよ。

この2つをそれぞれ独立してどんどん推進させていくだけで、結果として心の余裕度もぐぐぐっと上がっていく。これが素晴らしい!

要らないものはこれまで通り捨てていき、本当に毎日使うもの以外は全て収納する。見えるものは雑多で商品感のある包装などではなく、統一したシンプルなデザインに。

床にモノは置かず、そこにある家具は本当に必要かを考える。ライフスタイルチェンジの機会があれば頑張って広い家に住む!

など。

少なくとも僕はこれで精神衛生上かなりラクになるな~と思ってるんですけど、みなさんのご意見はどうでしょう??

おわりに

本当は写真ありで記事を書きたかったんですけど、自宅全公開はさすがに憚られるのでご勘弁を。それはヒカキン邸を手に入れてからで…(無理)

実際はね、狭い部屋で細かいモノに囲まれてわちゃわちゃしたいとかは今でもあるんですよ。職場の実験室とかは本当にそういう感じだし、その雰囲気が好きでものづくり業を選んだ的なところもあるからね。

でも工具とか電気製品に囲まれるというのはまた別種の体験で、「寝泊まりする自宅ではどうなの?」という点に限定するとやっぱり今回のような結論かなーと今は思ってます。

これは個人ごとでかなり意見が割れそうな部分なので、この記事のコメント欄で色んな人がバチバチに戦ってくれたら面白い!!笑

ではでは~

関連しそうな記事

この記事へのコメント

  1. 匿名 より:

    今年の外出できない日が続いたとき小さい部屋に住んでる人のほうが気分の落ち込みが激しかったとか…(Twitterで見かけた情報なのでアレですが)

    • みるみ より:

      あーやっぱり!!笑
      それは大いにありそうですね。普段から外出が前提で暮らしている人(=家なんか寝られればいいの人)からするとその空間にいるのはツラいはずです…。
      おかげで僕は毎日しあわせでしたが。笑

  2. じゃふ より:

    お久しぶりです。
    わちゃわちゃもスッキリもどっちも欲しかったので、自宅を建てたときに家人とそれぞれ1畳半の個室をつくって、そこだけわちゃわちゃにしている人です。家族と言えど手出し厳禁の聖域。
    特に広いわけではない我が家ですが、おかげさまでリビングその他はそれなりに綺麗に保たれております。メリハリをつけたのは良かったな〜と思います。

    • みるみ より:

      1畳半ですか!!
      なかなか想像できない部屋ですが、なるほど「誰も手出ししてはいけない聖域」という考え方は面白そうです。自分の将来のためにも覚えておきたい工夫だなー!と思いました。

      実際のところ自分も「ねこ部屋」と呼んでいる部屋は物置きも兼用させていて、そっちは掃除もおざなりでひどいものです。ただ「普段自分がいなくて見えない場所」ならまあとりあえずいいかなって思ってるんですよね。おかげでリビングは綺麗、というのもじゃふさんと同じ状態な気がします。

      今回も有意義な情報共有となりました!ありがとうございますm(__)m