眠りに落ちるときの5つのサイン(僕オリジナル)

眠りに落ちるときの5つのサイン(僕オリジナル)

多くの人は夜ベッドに入ってから少しの間しか意識がなく、気付いたら翌日の朝になったりしていることでしょう。

が、それではおもしろくない!

睡眠へ興味が湧いてくると、自分の意識の浮き沈みに関してもすごく敏感になれます。記憶すらなくなるようなあの感覚を、第三者的に俯瞰して楽しめるというか、そういう感じ。

そしてなにより、眠りが近いかどうかを知れることは明晰夢や体外離脱を目指すのにとっても便利です。

今回はそんな「眠りが近いことに気付くためのサイン」を集めてみました。全部僕の経験を元にしたものです。

1.身体が宙に浮く感覚がある

body-float

個人的に一番分かりやすいのがこれだと思ってます。

なんとなく「身体がふわ~っと上がっていくような感じ」が急に来て、如実に「あ、眠りに向かい始めたな」と意識できる。

「身体の重さの感じ方が変わる」という方がピンと来る人が多いかも。

これが起きるときは意識の鮮明度もかなり残っていることが多くて、考え事をしていたらいきなりこの感覚がやってきて「あ、考え事タイムは終わりだな」とシームレスに睡眠モードに入れます。

ただ、この自覚自体が最初は難しいと思います。

というのも、これを意識するようになったのはわりと最近なので、最初はこんな感覚があることにすらたぶん気付けていなかったんだと思います。

気付ける確率もズバ抜けて高いのがこれなので、明晰夢や離脱を狙ったりするときはこの感覚が来たら色々作業を始めるのがおすすめ。
(他の人にこの感覚が伝わっているのか、そもそも他の人にもある感覚なのかは永遠に謎だけど…)

2.特に足のあたりからジーンとする感じが来る

sleep-signal-foot-vivrate

1番とあわせてやってくることが多い。

体重の感じ方が変わったと同時に、主に下半身を中心として「なんかジジジジみたいな感じ」が来ている気がする。笑

ふわ~っとしつつ、脳が眠るときのぼわーっとする感じが身体中に広がるというか、超説明が難しいんですがそんな感じです。

注意してほしいのは「振動とは違う」というところ。

体外離脱の合図でも「身体のバイブレーション」というキーワードは頻繁に登場しますが、それらとは全く違う感じです。「ブルブルブルブル」ではない。

3.ふっと頭が(身体が)落ちる感じがする

sleep-fall

これは寝落ちするときに実際に頭ががくっとなるあのことを言っているわけではないです。

「脳みその中身がふっと落ちる(いや、「上がる」の方が近いかも笑)」感じで、これが一定の間隔を空けて何回も発生します。睡眠へと深くになるにつれその頻度は上がっていき、最後はだいたい記憶もないです。

1回発生すると、「意識を落とそう!」と思うと意図的に発生頻度を上げることもできるようになってきました。

コツは「一瞬記憶を自分で飛ばす感じ」です(なんの修行

4.一瞬記憶がなかったことにあとから気付く

film-movie-dream-cut

これはたぶん多くの人が気付いている定番のやつです。

「あ、今記憶なかったな」

とふと気付くアレです。

もし車に乗っているときにこれが起きたら今すぐにでも運転を中止するべきですね。高速なら文字通り死亡かも。

僕の持論ですが、これが起きるときはかなり眠りへの降下スピードが急なときです。身体が疲れているときなどに起きやすい印象。そうでない場合は1番の「身体が宙に浮く感覚」や2番の「ジジジジ」ような感覚が正常に認識できるはずなので。

で、もっと言うと、これが1回でも発生しちゃったときは離脱とかはほぼ諦めてます。単純に身体が眠気に勝てない状態なので、意識の鮮明度をいい具合に保ちつづけるのが難しいからです。

まあ睡眠に関して調べ物をしたりしないほとんどの人はここすらも通過して眠りに落ちているとは思います。夜の就寝時にこれに気付けるだけでもかなりイイ線いってますよ。

5.考え事をしていたときの情景が、いつの間にかムービーになっている

movie-video-player

「ムービー」とは「自分で思い描いていない映像を受動的に見るもの」というニュアンスで僕が使っている言葉で、つまりは寝ているってことです。笑

目を瞑って考え事をするときは目の前にその情景が描かれていることと思いますが、気付くとそれが「ムービー」になっている。

つまりこれはさっきの4番のケースと一緒になっていることが多いという意味で、「ムービーになっていることにあとから気付く」というのがほとんどだと思います。

が、意識すればムービーになった瞬間に自覚することもできます

ここは普段からの意識の訓練次第で、「睡眠に入りそうになったら気付くようにするぞ!」と強く思い込んでおくだけでも十分可能。

似た話で、例えば僕は睡眠中寝返りを打ったときに「あ、今寝返りを打っているな」と気付くことができます(実際にはほとんど寝ているんだけど)。このとき「あ、体外離脱しよ!」と思ってふっと抜けることもできるようになっちゃいます。

あとがき

軽めの記事でした。

明晰夢を見たり体外離脱をしたりするために必要な情報は色々あると思ってますが、

「これからできるようになりたい!」という人が欲しい情報はなんだろう?

と改めて考えたら、こういう睡眠まわりのちょっとした体験談や経験なんかはけっこういいヒントなのかなと思って書いてみました。

あとは、内容自体ではなくてこういうのを読むだけでなにかインスピレーションが湧いたり良いきっかけになったりするかもなとも思ってます。

思いつき次第こういう記事も増やしていくのでぜひどうぞ~

関連しそうな記事  もうひとついかが?
みるめも

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ