みるめも

Teamsが重い/遅いときにまず試すべき3つのこと

Teamsが重い/遅いときにまず試すべき3つのこと
みるみ
Follow Me!
みるみ

朝起きてから夜寝るまでPCしか触っていない人。

Micr◯s◯ft製のソフトウェアが死ぬほど嫌いなことで有名。

このブログでは日常的にディスらせていただいておりますが、Micr◯s◯ftさんが運営しているTeamsというアプリケーションおよびそれに付随するSharePointなどが吐き気をもよおすほどのストレス誘発剤なので皆様も辟易としておられることと思います。

特にTeamsが重くて困っている方が多いようなので、とりあえず試すべき3つの作業をまとめておきます。

この記事はどんどん追記して増強していきたいと思っているので、有効な施策をご存知の方はぜひコメントください!

1.GPUハードウェアアクセラレーションを切る

あまり効果は大きくないかもしれませんが、Teamsに限らず一般的な対策なのでまずやっておきましょう。

Teamsの右上のアカウントアイコンをクリックして[setting-icon設定]から設定画面を開きます。

teams-settings-menu

ここ。

あとは[GPハードウェアアクセラレータを無効にする]のチェックをONにするだけです。

2.Teamsのキャッシュなど不要ファイルの削除

次はキャッシュの削除を試みます。ダントツで効果があります。

Teamsは使い物にならないものばかりなくせに多機能で色んなことができるので、その分アホみたいにデータを溜め込んでいきます。一掃しましょう。

  • 起動中は削除できないのでTeamsを完全に終了させる必要があります。タスクバー右下の通知領域からTeamsのアイコンを右クリックして[終了]してください。
  • 僕は何度も消しているので大丈夫だとは思いますが、万が一ってこともあるので一応「削除」ではなく「移動」などをおすすめしておきます。
  • [ユーザー名]フォルダの「AppData」フォルダは隠しファイルです。表示されていない方はエクスプローラーの[表示]タブから[隠しファイル]のチェックをONにしてください。

削除していいものは、

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Teams

フォルダにある

  • blob_storage
  • Cache
  • Code Cache
  • databases
  • GPUCache
  • Local Storage
  • Service Worker
  • tmp
  • logs.txt
  • old_logs_xxxxxxxxxxxxxx.txt(xxは日時で複数存在する可能性あり)

です。最後のtxtファイル2つ以外は全てフォルダですが、フォルダごと削除して大丈夫です。起動すれば勝手にまた出来上がります。

また、IndexedDBフォルダより下の階層にある.ldbファイルも削除してOKです。

僕の場合は

IndexedDB\https_teams.microsoft.com_0.indexeddb.leveldb

というフォルダ内に.ldbファイルがありました。

teams-indexeddb-cache

.ldbファイルの例。「.ldb」ではなく「.db」があった場合も削除してOKです。

とりあえずこれらキャッシュ削除をしたあとはものすごく体感速度が上がります。まず試そう。

みるみ
みるみ

これは常にやっておきたいのでキャッシュ自動削除ツールを作りたいくらいだ…!

チャットのキャッシュなども消えるので(履歴は消えませんので安心してください)、各画面の最初の表示時のみ少しロード時間が発生します。でもそのあとはかなり速いはず。

 

また、アプリのアンインストール→再インストールだけではキャッシュは削除されないことがあるので注意してください。

再現性がなく詳しい仕様が僕にもよく分かってません。Teamsは特に組織レベルで導入される可能性が高いアプリケーションなので、その企業によって細かい環境パターンは無限に存在すると思います。

可能ならキャッシュ削除に加えてインストールし直すのが最も確実です。

3.資格認証情報をリセットする

Windows内で扱われるリソースは「Windows 資格情報」という管理システムによって制御されている場合があり、ここは不要なものが放置されていきやすいです。

資格情報マネージャーの実体はOSレベルの暗号化可能なキーストアです。重要なパスワード文字列などを平文で保存しないようにし、マルウェアなどのアクセスも拒否します。

基本的には各種お掃除系の操作の対象にならないので一応リセットしておきましょう。

大事なファイルなどが削除されることはないですが、ログイン情報のようなものなので一応TeamsやOfficeに関わるIDとパスワードは覚えている上で作業すべきです。

みるみ
みるみ

とはいえ、資格情報のクリアでID/パスワードの再入力を求められたことは僕は一度もないです。一応ご参考まで。

Win+Rキーを押し、ダイアログボックス内に

control.exe /name Microsoft.CredentialManager

と入力します。

exe-that-asign-file-name-windows

「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスです。

この中で消してよいのは

[Windows 資格情報]→[汎用資格情報]の中にあるmsTeamsから始まるもの

です。

windows-qualification-info-manager

[削除]をクリックして消すだけ。

なお、この資格情報はTeams起動中でも削除可能です。

おわりに

こんなアホみたいなソフトを使わざるを得ない環境が恨めしいわけですが、まあ「次世代Office」みたいに考えたらメール時代よりはまだマシに思えます。

本当は全部Slackでまとめられたりしたら一番良いんだけどね…。

みるみ
Follow Me!
みるみ

仕事と趣味と副業がプログラミングとブログでごちゃまぜになっている人。

このブログ「みるめも」が初めての方ははじめましての10記事がおすすめ。もやってます。

みるめも