みるめも

【iOS/Android】Twitterクライアントアプリ(無料/有料)14個を比較!おすすめ決定戦!!

【iOS/Android】Twitterクライアントアプリ(無料/有料)13個を比較しておすすめを選ぶ!
みるみ
Follow Me!
みるみ

Android 2.3くらいの頃からのカスタマイズオタク。

2020年にiPhoneデビューしたのでiOS寄りの記事も書き始めました。

他にTwitterを見る手段があるなんて夢にも思ったことがない方たちへぜひ届けたいこの記事…!

iPhoneとAndroidで使える有名Twitterクライアントアプリを手当り次第インストールして使い勝手を確かめてみました。数は14個、選択基準はテキトー。有料版も全部買ってます。

そして例によって僕の主観的な意見しか書いていないのでよろしくです。

あと、各アプリのスクショ画面のデザイン設定とかはほぼデフォルト状態じゃないです。

  • 標準のクリーンな状態で使う人は珍しい
  • カスタマイズの幅のイメージも伝えたい
  • このブログのいつものコンセプト的にまっさら状態の紹介はありえない

などが理由です。
基本暗い画面が多いのでホワイトテーマ好きの方には申し訳ないです…。笑

記事の構成は

  1. Android/iPhoneどっちでも使えるもの
  2. Androidだけのもの
  3. iPhoneだけのもの

の3部仕立て。

ではいく!!!

0.僕の判断基準

人によってアプリの選択基準が変わるのは当然なので、先にそれをまとめておく。

  • アカウント切り替えがワンアクションできること(マルチアカウント対応は言うまでもない)
    • 2タップや2スワイプ、どちらもダメ。息をするように閲覧するタイムラインだからこそワンアクションでできることに意味があるのだ
  • 端末独自のミュート機能があること
    • 公式本体と同期しているミュートは使いたくないので(理由は割愛)独立したミュート機能を持っていてほしい、その他フィルタ機能が充実しているとなお良い
  • ダークテーマがあること
    • 洗練は暗闇に宿る()
    • 真面目な話、表示時間長いし電池消費量的にも有利(有機ELとIPS式の液晶の場合だけね)
    • 普通に眩しいの苦手、白い画面ツライ
  • 他の機能はどうでもいい
    • 通知類は公式クライアントに丸投げしてサードパーティクライアントでは利用しない(APIの開放レベルの問題(リアルタイム性とか)、仕様変更が多すぎる問題、通知形態を拾って各種自動化したりしたいときにいちいちめんどい問題など)
    • 検索だとかブックマークだとか実用的な機能は全部PCから使うので存在すらしなくていい(スマホではTLが見られればOK)

ご覧の通りだいぶ偏ってますが、有名そうなやつはだいたい全部触ってみたはずなのでみなさんにも何かしらお役に立てるはずです。はず。はず…。

1.Android/iPhoneどっちでも使えるもの

このパートは5個。

twitcle plus

twitcle plus

twitcle plus

kazuki yoshiokaposted withアプリーチ

主な有料版との違い・有料版オンリー
有料版の価格・iPhone  :610円
・Android:350円

たぶん多くの人にとって最適解になり得るアプリ。iOS/Android両対応でインターフェースもほとんど変わらない点も嬉しい。よくある「見た目が同じでも機能差がヤバい」というパターンでもありません。

  • 好きなリスト、コンテンツを置ける自由なカラム設定
  • 文字サイズや画面の色など見やすいUIに自由に設定できるカスタマイズ性
  • ツイートに対するアクションの表示方法とできることの多さ

この辺りだけでもう他の追随を許さない便利さがあります。

Android時代でも一番長く使っていたのがこれでした。
というかカラムでアカウント管理がまともにできるものはこれともう一つ( 後述する「Twidere」)しかなかった。

android-screenshot-twitcle plus

デザイン設定(というか "見栄え" という意味での本質的でない部分)も他と比べると低レベルに思えるところもありますが、洗練された見た目より使いやすさとしてのUIを重視したいので全く問題は感じていません。

ツイートがちょっとだけやりにくいですけど、冒頭で書いたようにTLを見る以外の機能は僕は公式アプリを使うので問題ない(そもそもスマホからつぶやくことほぼない)。

iphone-twitcle-plus-screenshot

iPhoneでの最適解はこれか後述の「Tweetlogix」かで決勝戦でした。これは最近の僕の中で起きた僅かな趣味趣向の変化が原因なので多くの方にはどうでもいい話。しかしTweetlogixも素晴らしいアプリなのでこのあとの登場をお楽しみに。

iPhone版だとツイートに対してスワイプアクションを設定できるようになっていて(まさかのiOS版の方が多機能というパターン)、その場合もカラム切り替えは2フィンガースワイプで実用性が損なわれません。

僕は610円は安いと思った。Androidの350円は言うまでもない。

Echofon for Twitter

Echofon for Twitter

Echofon for Twitter

Ubermedia, Inc.posted withアプリーチ

主な有料版との違い・広告なし
有料版の価格・iPhone  :610円(Pro版で別アプリ)
・Android:520円(Pro版で別アプリ)

全体的にUIが古臭くてTLも読みにくいというのが第一印象。特筆すべき機能もないのでわざわざこれを選ぶ理由はないかなーという感じです。

iphone-echofon-screenshot

iPhone版のスクショですが、設定項目もこれだけしかありません。「多ければ良い」というわけではないけど必要なものがないのはやはりNGだと考えます(例えば読みづらさの改善として行間調整や部分ごとのフォントサイズ調整などはあるべきと思っている)。

iphone-echofon-screenshot-2

これがツイート表示UIの例。メニューの構造も分かりづらく、体感的な移動と操作ができません。

で、Android版の購入はもっとおすすめしない。

iPhone版よりさらに設定できる内容は減り、インターフェースも英語オンリーです。TLの読みづらさもだいぶ厳しい。

android-screenshot-echofon

公式ツイッターもAndroid版はやる気がなくなったらしく、ストアのレビューもわりと低めな状態になっていました。実際の使ってみた感想とも(僕の中では)比例します。

Hootsuite

Hootsuite

Hootsuite

Hootsuite Media Inc.posted withアプリーチ

主な有料版との違い・登録できるSNSアカウントが3個→10個
・その他予約投稿数アップなど
有料版の価格・iPhone  :3,200円/月、26,800円/年など
・Android:3,200円/月、26,800円/年など

Twitter用のクライアントというより、複数のSNSサービスを全体的に統合して使えるクライアント。だいぶ有名だと思います。

今まで何度も試してきていますが、毎度「微妙…」と思って結局アンイストール、というのを繰り返してました。今回も一応Twitterだけに絞って再確認してみます。

android-screenshot-hootsuite

昔使ったときよりだいぶ "今っぽい" UIになってました。何かに似てる気がする、なんだろう。Slack?

見やすい気はしますけど、Twitterという「ほぼどうでもいい情報ばっかりがダラダラ流れるもの」に対してこの余白の大きさとかはミスマッチな気がします。これすなわちスクロール量も増えるってことですし。

iphone-hootsuite-screenshot

なんかメインのTL以外の使い勝手が全体的に分かりづらくて、やりたいことに対してどこをどう操作すればいいか全然分からなかった。iPhone版の設定画面にたどり着くのムズすぎる(ちなみにできることほぼない)。

なんかもともと「予約投稿ができる」ということがウリだったっぽいんだけど、「いやそんなの今ならTwitter公式でもできるし…」とかあるし、総じて残念な感じがありました。

Pro版のアホみたいな価格を見る限り、おそらく企業向けのサービスなんじゃないのかなーと今回思いました。にしてもこんなのに毎月3,000円も払うか?という気はする。

僕はFacebookも普段全く見ないし選択肢には全くあがりませんが、他のSNSと統合して使いたい方には需要があるのかも。良い点があったら教えてください。

Fenix for Twitter(Fenix 2 for Twitter)

Fenix 2 for Twitter

Fenix 2 for Twitter

Matteo Villaposted withアプリーチ

主な有料版との違い・有料版オンリー
有料版の価格・iPhone  :370円
・Android:640円

Android版だけ名前に「2」が入ります。iPhone版のものと中身は同一っぽいです。

雰囲気はすごく良くて、iPhone/Androidともに初期状態で十分に見やすいタイムライン。

iphone-fenix-screenshot

なんだけど、カラム化/タブ化できるのが1アカウントのTLのみで、複数アカウントを手軽に切り替えるのは無理。左下から3タップで切り替えられるのでまだ他よりマシだけど、僕のこだわり的にはこの時点で候補から外れた。惜しい…!

android-screenshot-Fenix2

UIとデザインはとても良いと思うんだけど、ちょっと簡素すぎて単純に情報量が色々足りない感じもある。ほとんどの人は買う必要ないのでは、と思います。

あと日本語化はできなそうです。

Friendly For Twitter

Friendly For Twitter

Friendly For Twitter

Friendly App Studioposted withアプリーチ

主な有料版との違い・広告無し
有料版の価格・iPhone  :210円
・Android:210円

Twitter表示の見た目とだいぶ近い。これならダークテーマにこだわらない方向もありかもw

ただしUIが公式と似ているということで、アカウント切り替えに関しては上部のボタンを何度かタップしないと無理。複数のアカウントをスムーズに使い分けたい人には公式と同じくあまりおすすめできない。

iphone-friendly-t-screenshot

というかこれひょっとしてWebViewかなんかでTwitter公式を開いているだけ…?
似すぎっていうレベルじゃないですよね。まあその分動作や機能は保証があるという見方もできるのかな。

android-friendly-t-screenshot

Android版はなんか動作が怪しいしかなり重たかったけどたぶん僕の環境だけです。あまり参考にならなくて申し訳ないです。

設定の観点含めできることは少ないですが、APIがTwitter標準らしいので、タイムラインや通知形態は純正と同じ仕様を得られます。これまで多くのサードパーティ製クライアントでは使えなかったアンケートも上図のように正常に表示されました。

2.Androidだけのもの

このパートは5個。

Twidere

Twidere for Twitter/Mastodon

Twidere for Twitter/Mastodon

Dimension 🙂posted withアプリーチ

主な有料版との違い・下書きなどのデータ同期
・ツイート予約機能
・GIF動画の検索、共有が可能に
・これら含むその他の機能は、広告を意図的にONにすることで無料で利用できる
有料版の価格・Android:170円

今のところ個人的に最強と思っているのがこれ。

何が最強かというと、1つのタイムラインに複数アカウントのタイムラインを統合できるという点。つまり「アカウント切り替えすらせずにただ1つのTLをダラダラスクロールするだけでOK」ということ。これは素晴らしい。

android-screenshot-Twidere

他人様のツイートを掲載するのはちょっと憚られるのでTLのスクショは載せられないですが、アプリの画面はこんな感じ。わりと標準的です。リプライ/RT/いいねのアイコンや数字も見やすいです(ここだけ妙に使いにくいクライアントが多いのでわざわざ書いてます)。

昔は複数アカウントのTL統合ってもっとあった気がするんですが、今のところ見つけられたのはiOS/AndroidともにこのTwidereだけ。複数アカウントを使う人にはまずおすすめしたい!

Androidアプリおすすめ記事でもこれを紹介しています。

その他

  • 機能に関する全体的な設定
  • UIやデザインなどの設定

なども豊富で、細かい使い勝手含めかなり心地の良いアプリでした。見つけたときの感動は今でもよく覚えています。おすすめ。

脳死で課金しましょう。

twicca

twicca

twicca

Tetsuya Aoyamaposted withアプリーチ

主な有料版との違い・忘れました…
有料版の価格・Android:不明

このアプリを現在紹介する意味は全くないのですが、広報や自分の記録も兼ねて記載しておきます。

twiccaはおそらく開発とサポートは完全に打ち切られています。

Twitterのサードパーティ製クライアントはTwitter社が公開しているコロコロ仕様が変わるから迷惑で有名なAPIを利用することで動作しています。これらにはそれぞれのAPIごとに利用回数制限があり、ユーザーアカウントごとの利用回数制限とは別に開発者側もサポートを続けるための処理が必要です。twiccaはこれが完全に止まっており、アプリをダウンロードしても最初の利用許諾をOKするところで突っぱねられます。

Playストア、開発者のTwitterアカウントも完全に応答がなく、今後の復活もおそらくないでしょう。

twicca-screenshot-on-play-store

※Playストアのもの

ではなぜ紹介したかというと、僕が始めて使ったサードパーティ製クライアントアプリだったから。

たしかtwitcle plusとかなり近いような使い心地だったはずで、見た目の雰囲気が古いこと以外不便なポイントは特になかったと思います(当時では古くないけどね)。

みるみ
みるみ

ツイートの絶対時間表示とかTL逆読み込み(更新後上に登っていく)は当時では珍しかったはず!

今では似たようなクライアントが多く出てきているのはこの記事の通りですけど、この時代では素晴らしいアプリだったように思えます。悲しいけど忘れたくないなーという感じでした。

Owly for Twitter

Owly for Twitter

Owly for Twitter

Arthur Ivanetsposted withアプリーチ

主な有料版との違い・広告なし
・使えるデザインレイアウトやテーマ、UIタイプ数が増える
有料版の価格・Android:310円

Androidアプリとは思わせないような一級品もののUIを楽しめるアプリ。お金を払う満足感が感じられます。

使いやすさという意味での見やすさも良いんだけど、複数アカウントの切り替えが全くスムーズではないので、この時点で選択肢からは外さざるを得ない。たぶんそういうニーズは想定していないと思います。

android-screenshot-Owly

設定によりますけど、比較的余白が多めの傾向があるので「追うTLのツイート数が多い人」などは前述したようにちょっと合わないかも。各操作やメニュー系は感覚的で良いと思います。

無課金状態で使えるデザインはあまり選択幅がないので、見た目重視したい方はとりあえず310円を払う必要があります(↑のも有料デザイン)。が、Playストアの返金はチョロいので使って気に入らなかったらすぐ返してもらえばオッケーです。

1アカウントでしか活動しない人にとっては最高のアプリになる可能性があると思います。

Talon for Twitter

Talon for Twitter

Talon for Twitter

Luke Klinkerposted withアプリーチ

主な有料版との違い・有料版オンリー
有料版の価格・Android:330円

全体的にはすごく良さそうなのに、なんかよく見るとどれもが中途半端で色々惜しいなあと感じたアプリ。

読みやすくて質感のあるUIも情報量の少なさが目立ったり、デザイン性でも前述のOwlyに勝っているわけでもなく、ちょっと掴みどころがない感じになっちゃってます。

android-screenshot-_Talon

絶対時間表示やギャップ読み込み後の移動場所指定などなど、現代で必要と思われる機能も一通り揃ってはいます。が、やっぱりこれも複数アカウントのTLカラム化はできない…。Twitterのアカウントなんて複数持ってて当然の時代だろうに、なんでこういう需要に対応しているものが少ないんだろう???

なのであまり書くことがない。これは3日くらいしか使いませんでした。

惜しい…。

ついっとぺーん

ついっとぺーん for Twitter(R)

ついっとぺーん for Twitter(R)

Panecraft, Inc.posted withアプリーチ

主な有料版との違い・広告なし
・アンケートや固定ツイート表示ができる
・マルチアカウント数増加(3→5)
有料版の価格・Android:800円

色々なものが上手くいっており、着々とユーザー数を伸ばしているアプリ。「見た目だけではなくUXをちゃんと追求したサービスは伸びる」というのを体現している気がします。

しかも複数アカウントのタブカラム化も可能。数少ない僕の希望を満たしうるクライアントです。

android-screenshot-twitpane

でもなー、フォント含めデザインや設定の項目数はいいんだけど、いかんせんベースのデザインが野暮ったいのよなー。あまり使っていたい感じはしないんだよね。どうしても他のもので条件が合わない場合にはありかなという感じです。

ただユーザーの要望をかなり細かく拾ってちゃんと機能追加アップデートをしているっぽいので、これからの未来という意味では将来性があります。

あと細かいところで言うと、「ツイート時のアカウントも今アクティブなアカウントに応じて自動切り替えされる」のもグッドでした(これクライアントによって仕様形態が全然違うので注意してください。実名アカウントと併用している人は身バレリスクもあるので絶対慎重に。)。

ミュートもこのクライアント独自のミュート(フィルター)があるのを確認しました。

あとアンケート表示はどうやっているんだろう。外部APIはないと思っていたのだけど。
 →少し前(2020年8月)に刷新されたv2というAPIが公開され、その利用次第ではアンケート機能も普通に使えるみたいです(ソース)。

噂によるとこの「ついっとぺーん」、前述した「twicca」の意思を継いでいるらしい。メニューにも「twiccaプラグイン設定」という謎の項目がある(使用方法は不明)。

3.iPhoneだけのもの

このパートは4個。
iOSオンリーはやはり数が少なめ(Androidは使えそうなものだけ絞ってるけどiPhoneは全体の母数が少ない)。

Tweetlogix

Tweetlogix for Twitter

Tweetlogix for Twitter

Onloft Software LLCposted withアプリーチ

主な有料版との違い・有料版オンリー
有料版の価格・iPhone  :610円

何度か話に登場した僕が今iPhoneで常用しているクライアント。

第一印象は「広くユーザーを募っていない&ギークな人だけが見つけてムフフで使ってそう」な感じ。一般受けする要素を入れるわけではなく、ただ淡々と良いものを作っている感じです。

秀逸な点は

  • これまで欲しかった機能は全部ある
  • 動作がiOSネイティブ感があり最も使いやすく感じる
  • デフォルトで色々なもののバランスが最高レベル(面倒くさくてまとめた)
  • アカウント切り替えが楽

など。

iphone-tweetlogix-screenshot

基本はダーク含むテーマ選択が4種類程度、雰囲気はこんな感じです。

また、

  • オール英語
  • 細かいデザイン設定があるわけではない

という普通ではマイナスになるような要素も、必要なポイントを抑えた上で全体の視点も大切にされているのでプラスに作用していると思っています。

僕は基本的に日本語ってダサいと思っているので(表記の話ね)、UIが英語っていうのは助かりました。デザイン設定も、「必要な要件が満たされていれば際限のない自由な設定は不要」ということを改めて認識させてくれた感じです。個人の意見だけど。

あと、「iOSネイティブっぽい動作」は絶対に推しておきたい。

例えばTLの画像を開いたあとに戻るとき、下に軽くスワイプするだけで戻れるかというのはめちゃ重要視してました。

iphone-tweetlogix-screenshot-2

一番最初に紹介した「twitcle plus」ではなくこの「Tweetlogix」を選択している理由はこの辺りにあります。なんというか "モダン" なのかな。使ってみれば僕が言いたいことは全部分かると思います。

で、みなさんはお気づきだろうか。「僕が今メインで使っているはずのこいつのアカウント切り替えが2アクションである」ことを。

冒頭で偉そうに書いた判断基準とやらを全無視していたことに自分でも今気付きました。。

ただ真面目なフォローをすると、これはその他に有り余って選択したくなる魅力があるということだと自分で思いました。無理に言っているように聞こえるかもしれないけど本当!

あと「2アクション」といっても組み合わせによっては全く苦ではないというのも今回の発見。

「左側からのスワイプ→1タップ」なんだけど、僕が左利きであること、アプリのレスポンスが良いことなどが理由で「動作を2回行っている気はしない」感じでした。

とにかくこれはおすすめしたい。「良いアプリを探すのが好きな人」にはハマるはず。

feather lite for Twitter

feather lite for Twitter

feather lite for Twitter

covelline, LLC.posted withアプリーチ

主な有料版との違い・広告なし
・マルチアカウント数増加(2→∞)
・正規表現サポートなど充実なミュート機能
・その他諸々(後述)
・Lite版のこのアプリでは、広告が表示されるが動画を見て消す方式(有効期間3日)
有料版の価格・iPhone  :610円

よくよく見直してみたらかなり高いポテンシャルを持っていることに気付いて最近ちょっとワクワクしているアプリ。

まずアカウントのタブ化ができること、

  • 絶対時間表示あり
  • スワイプアクションあり
  • 起動時自動更新あり

など欲しい機能が意外にもちゃんと網羅されており、それでいながら余計なものはない感じでかなり良い。第一印象はパッとしなかったけど使ってみるとこれはなかなか…!「ギャップ更新後に古いツイートに移動」はPro版のみなのでご注意を(よく分かってるな…笑)

iphone-feather-twitter-screenshot.png

これはたぶん僕みたいなよく分からん謎のこだわりを持っているわけでもない限り、十分に第一候補になるでしょう。Androidシリーズでいうところの「ついっとぺーん」の立ち位置に近い気がする。

とはいえこれまで紹介した他のアプリを抜いてスタメンに入れるレベルかというとイマイチ決め手にはかけるかも。いいねRT数表示が絶対欲しい人とかは選択肢に入ると思います(僕はない方が好きなので「Tweetlogix」がやっぱり合っている)。

どうでもいいけど「610円」というよく見る数字はカルテルでも組んでるの?笑

Tweetbot for Twitte‪r‬

Tweetbot 6 for Twitter

Tweetbot for Twitter

Tapbotsposted withアプリーチ

主な有料版との違い・投稿系機能の開放(無料だと閲覧が主目的になる)
・v2のAPIが使える(アンケートなどの新機能、その他改善)
・(広告はもともとない)
有料版の価格・iPhone  :100円/月
・iPhone  :650円/年

堅実にバージョンアップを重ねてきている老舗(?)iOSクライアント。この記事の執筆時点(2021年3月)でバージョン6、アプリ名にも本当は "6" が入ってます。

「必要なものが揃いつつ見た目のクオリティ感も両立している」という一番goodなタイプです。公式と大きく異る点もないので初めに使う外部クライアントとしては優秀かも。

iphone-tweetbot-twitter-screenshot-2

そして見てくれこの配色テーマ…!
いつも無条件で黒系を選択する僕もこの手のカラーには弱い。笑(ブログのテイストと似てるでしょ)

ただなぁ、アカウント切り替えは上部アイコンのタップだけ(長押しも可)なんだよな…。この時点で僕のメインからは外れてしまうので惜しかった。ただデザインは本当に気に入りました。

追記 (2021/5/24) :コメントにて「上部のバーを右から左にスワイプすることで登録したアカウント順にユーザー切り替えが可能です!」とのご指摘をいただきました。

あとサブスク課金というのが正直微妙。
常用するものにはお金を払いたいとはいえ、これからずっとかかるとなるとTwitterのTLを見るごときに◯千円かけるのかという観点では「?」という感じ。

ちなみに僕はサブスクに対してはかなり肯定派ではあります。でもTwitterはちょっと違うよね、他に良い選択肢はたくさんあるんだし。

「サブスクか買い切りか?」という話は、 の記事でアンケート&結果考察というちょっと変わったことやってます。Amazonギフト券も抽選でプレゼントしてますのでぜひ。

あとね、細かいことなんだけどね、アイコンのデザインがかわいくないからあんまり好きじゃない…。笑
(そのくせなぜか「アプリアイコンを変えられる」というレアな機能は実装されている…!!)

iphone-tweetbot-twitter-screenshot

さては開発者、狙ってやっているな…?

Twitterrific

Twitterrific: Tweet Your Way

Twitterrific: Tweet Your Way

The Iconfactoryposted withアプリーチ

主な有料版との違い・広告なし
・ヘルプサポート
有料版の価格・iPhone  :100円/月
・iPhone  :1,100円/年
・iPhone  :3,680円/買い切り

たぶんこれは僕じゃないみなさんでもチェックする必要はない。
既に料金設定から不穏さを感じとってはいると思いますが、一応紹介しておきます。

とりあえず身も蓋もないことを言うと、取り柄がない。

なぜこのアプリを使うのか?という理由をちょっとでも挙げてみようと思って考えてみたんですけど、1つも思いつかなかった。使う理由がないのにお金を払うとはこれいかに。

iphone-twitterrific-screenshot

そしてまさかのタブアイコンが上。うっそだろおい。
(設定で下にできた)←小さく書くのがあくどい

超強いて言うなら、「ツイートをワンタップするといいねRT数やアイコンがトグルで出る」というのは他にはない仕様でいいかもと思いました。僕としては別になくていいので、スワイプアクションとかあったほうが全然嬉しかった…。

で、広告解除だけなのにサブスク(もしくは買い切り3,680円というブラックジャックみたいな値段)という料金設定がトドメ。他にもっと素晴らしいアプリはたくさんあるというのに…。

おわり!

最後に僕が今使っているものを改めて発表しておきますけど、

です。上記リンク先はそれぞれこの記事の該当部分になってますので見返すのにどうぞ。

最後になりますが、散々お見せしたTwitterのスクショついでにフォローもお願いします(直球)
みるみのTwitterアカウント

おわり。

みるみ
Follow Me!
みるみ

Android 2.3の頃からいじり倒している10年超えのオタク。2020年にiPhoneデビューしたのでちょっとずつiOS寄りの記事も書き始めてます。

このブログ「みるめも」が初めての方ははじめましての10記事がおすすめ。もやってます。

みるめも

この記事へのコメント

  1. 匿名 より:

    TwidereはAPIをTwitter公式のものに偽装して使い続けてますね。アンケートとかの機能が使えるので重宝してます。

    • みるみ より:

      そういえばAPI変えられましたねあれ!忘れてました!!笑
      (前に設定変えたらよく分からん環境になってしまっていじるのやめたのも思い出しました…)

      アンケート、答えなくても選択肢が見られないのはちょっとやきもきしますもんね。分かります。

  2. じゃふ より:

    こんばんわ、じゃふです。
    短いiPhone時代に使っていたTweetlogixがイチオシされていてニンマリしました。もう記憶が曖昧ですが、線が少なくて好きなデザインだった覚えがあります。

    記事を拝読していて思ったのは、Twitterアプリは単垢/複垢でもそうですが、発信する人/ROM専でも相当需要が異なるのかもしれないなーということです。
    ちなみにわたしはROM専なので、フォローせずにTL作れるよ的なアプリばっかり、目的(ジャンル)別に4つ入れてます。(一応アカウントはひとつ存在していますが、使い方的にもはや無くてもいいのでは…?とは常々思っていますw)

    • みるみ より:

      こんばんわ と こんばんは の違いについてしばし考えておりました。引き続きお世話になっております!

      すごい、同じアプリを気に入っていたんですね。なんかコメントいただくたびに親近感が増していきます。勝手に親近感を覚えられても気持ち悪いと思いますが…。
      「線が少ない」というのはなるほど!です。その表現が的確な気がしますね。

      >発信するかROM専か
      なるほどたしかにそうですね。完全にこの考え方は気付いていなかったです。ただまあ僕もTLを追うだけでツイートはしない(PCのみ)なので近いんですかね?
      「フォローしせずにTL作れる」なんてものがあるんですね!!
      考えてみればできそうだし需要もありそうですが、思いつきもしなかった…。また新しい世界知れて嬉しいです。ありがとうございます!

      • じゃふ より:

        こんにちは、じゃふです。
        普段は意識して「は」のほうを使うのですが、昨晩はアルコールを摂取した状態でコメントしていましたことを白状致します。おさけこわいですw

        「線を少なく」はわたしの強い拘りのひとつなので、マイ基準をデフォルトでクリアしてくれる製品への愛着はひとしおです。アプリ名とアイコンだけで思い出せたのだから、わたし、相当気に入っていたんでしょうねぇ…。

        わたしはTwitterを「最小単位のニュースサイトの集まり」として使っているのですが、SNSとしてのお作法(お別れはブロックで/リムーブでとかいうあれです)に気を遣えない性質なので、一律で姿を隠している次第です。自分が変な使い方をしているので、せめて皆さんの気分を害したくはないなぁと。
        功を奏しているかどうかは不明ですが、わたしなりに気は遣ってますよという、免罪符的な意味合いが強いかもしれません。

        • みるみ より:

          お酒飲んでらしたのですねw
          「予測変換的にそんなこと起こり得ないんじゃないか?」みたいな野暮なツッコミは置いておきます。ちゃんと入力してくださっているということで。

          SNSは登場したときと今では全く趣旨の異なるプラットフォームになっちゃいましたよね。
          僕もお作法なんて全く気にせず使ってはいるつもりですが、見る人が増えてくると色々気になり始めるというジレンマはたしかにあります。(実はそれはこのブログでも感じ始めていたりして…)

          なんでもオープンになり始めている時代なので、いかにして自分とまわりをシャットアウトするかという観点は今後とても大切になってくると思います。
          進みすぎたものはだいたい1回逆方向にも発展していくので、これからはじゃふさんみたいな方のニーズを拾うサービスも登場してくるかもしれないですね。

  3. 匿名 より:

    いつも読んでいて楽しい記事をありがとうございます。自分が使っているアプリが取り上げられるとなんだか嬉しいです。

    iPhoneではTweetlogixからtwitcle plusに移行、Androidはツイタマ+とtwitcle plusを併用しています。
    リツイートを非表示にしてリスト内のTL?を追うのがメインです。空中リプライなどがあるときはtwitcle plusやツイタマの前後のツイートを参照できる機能をよく使います。
    ツイタマは特定のユーザーを1時間など、指定した期間内だけミュートできるのが便利でした(実況などで大量にツイートが流れてくるときとかに使ってました)

    Tweetlogixのところで開いた画像を「下に軽くスワイプするだけで戻れるか」という部分は今twitcle plusを使っていてものすごく違いを感じてます…w

    • みるみ より:

      いつも読んでくださっているんですね!!ありがとうございます!!

      まず「あちゃーツイタマ忘れてた!!」と思いました。笑
      まあいいか…。

      リストって僕あんまり使っていないんですが、リストの使い方1つでクライアント選びはだいぶ変わりそうですね。僕の主観的記事とはいえ、その辺りはごっそり抜け落ちてましたね。。
      指定期間内ミュート、いいですね!それはちょっと便利そう。

      画像を下スワイプの件、共感してもらえてめっちゃ嬉しいです!
      Tweetlogixのあとにtwitclw plus使うと画像開きたくなくなりますよね。笑

      • 匿名 より:

        Twitterの方で公式アプリは広告だらけと呟かれているのを見かけました。
        記事の内容からは脱線しますが自分は広告ブロッカーを使用している状態でSafariやChromeのTwitterをホーム画面に追加してプロモツイートを回避してます。
        トレンドもノイズが多いので広告ブロックのルール追加で非表示にしたりアカウントの国設定をTwitterの利用者が少ないアルメニアなどに変更して消してます…
        非公式アプリだと検索したい時に不便なのでWeb版も使うことが多いですね。

        • みるみ より:

          Twitterもご覧いただいているんですね、ありがとうございます!!

          そうですね、たしかにやり方次第では公式アプリでもちょっと特殊なミュートフィルタを追加したりするだけで随分スッキリしますし、広告ブロックが効くWebを使うのもよくある選択肢かと思います。
          トレント防止のために国設定を変えるというのは僕もエヴァの件で最近知りましたが、やっている方いるんですね。笑

          検索はたしかに外部クライアントだと不便ですね~
          僕もTL見る以外の作業は全部PC(Web版)でやっているのでお気持ち分かります。ちなみにTweetDeckはやめました。

  4. 匿名 より:

    Tweetbot for Twitterについてなんですが

    " ただなぁ、アカウント切り替えは上部アイコンのタップだけ(長押しも可)なんだよな…。"
    とありますが、上部のバーを右から左にスワイプすることで登録したアカウント順にユーザー切り替えが可能です!
    既にご存じでしたら申し訳ないですが、参考になればと思います!!

    • みるみ より:

      なんと!そうなのですね!
      こういう隠された操作に自分で気付けたりすると「うおおおおお!」ってなりますよね。笑

      記事にも修正を入れておきます~
      ありがとうございました。