【実例つき】詐欺に遭わないために。怪しいサイトを見分ける7つの方法

詐欺や犯罪に巻き込まれないために。怪しいサイトを見分ける7つの方法

先日、こんな記事を書きました。

母が詐欺サイトに遭遇したという話。

これを受けて僕は「こういった方面に理解がある自分たち自身からなにか働きかけをして、少しでも被害に遭う人を減らせないだろうか」と考えました。

まあそんな大層なことができるわけではないんだけど、とりあえずパッと思いついたこととして「怪しいサイトかどうか見分けるためのTIPS集」を作ってみようというのがありました。

なにも「今回挙げる7つに毎度照らし合わせるようなチェックリスト」を狙っているのではないんです。こういった内容を知ってもらうことで「危険だ」と感覚的に感じられるようになってほしいというのが願いです。

冒頭の記事の中でも言っているんですが、僕は別に何かに突出したスペシャリストでもなければ専門家でもないです。でも、多くの一般層と呼ばれる人たちよりはコンピュータやITのリテラシーがある方だと自覚はしています。ITに関わる詐欺の被害が一向に減っていないことがなによりの証拠で、それは僕ら側からきっと助けてあげられるんじゃないか?と思ってます。

じゃあ前置きはこれくらいにして。

重ねて言いますが、今回はいつもみたいに特別な内容や僕オリジナル情報があるわけではないです。読まれるみなさん自身は、言語化したことはなくともきっと感覚的に理解されていることばかりなはず。ぜひお近くの人にシェアなどしていただけると嬉しいです。

1.日本語が自然ですか?

ほとんどの怪しいサイトはこれで弾けます。

イメージは「Amazonでのサクラレビューを見分けること」とまったくもって変わらないんですが、その一言で片付けてしまってはこの記事の趣旨とは合わないので、もう少しだけ実例を出しつつ踏み込んでみます。

助詞が変

ways-determined-which-dark-site-2

例えばこんなの。

よくある典型的パターンはいくつかに絞られますが、そのうちの1つである「助詞がない/おかしい」というもの。

外国のかたが日本語を勉強するときにも大きな壁になるのが助詞です。それゆえネイティブな日本人を囲い込んでいるわけでもない限り、ここはしばらく突破されないだろうと予想してます。

読点(、)が多い

※すみません、例を探すのがめちゃめちゃ難しくてお見せできない…!

必要以上に「、」が多い文章。その不自然さには一瞬で気付けるはず。

これも僕の勝手な考えですが、自動翻訳などを使って文章を打ち込んでいる場合「伝えたい内容を適切に短く切る」というスタイルが取れない結果こうなっているのではと思ってます。なのでこれもしばらく残りそう。

注意点として生粋の日本人なのに病気のように「、」を打ちまくる人もいるにはいるので気をつけてください。笑

疑問文が変/名詞で文章が切れてる/その他意味不明なもの

ways-determined-which-dark-site-12

なんというか僕も一般的なカテゴライズができなくて困るくらいなんだけど、要は意味不明な日本語すべてです。

問題なのは、それでもこういうところに目が行かず、その不自然さには気付けない人がやっぱりいるということ。

ここはもうどうやって伝えたらいいのか分からない…。まず「サイト内の文章はちゃんと読みましょうね」からなのかな…?

 

分類化してたくさん例を挙げたかったけど、思ったより難しかった。というより「変」なのはもう全部一緒なんだよな。

まずは「新しいサイトに訪問したら、書いてあるテキストをしっかり読む」ということを意識付けさせるのがやっぱり先決なのかもしれません。

2.サイトのURLは意味不明なものではありませんか?

目が一瞬で受ける印象として僕が相当大きな要因だと思っているのがこれです。

ways-determined-which-dark-site-3

URLとはもちろんこの「アドレスバー」に表示されるhttp(s)://~で始まる文字列のこと。

まず注目すべきはその「長さ」です。

ways-determined-which-dark-site-4

長いURLというものは得てして実利的な意味がなく、ユーザーにとって役に立たないものが多いです。それどころか怪しい処理に使われる情報(クエリパラメータといいます)だったりすることがほとんどで、特に後半に呪文のようなものが含まれているURLだった場合は訝しんだ方がいいです。

例えば決済処理やネットバンクなどではこういった技術がよく使われているので、もちろん長いものが全てNGというわけではないです。ショッピングサイトの注文確定画面などのURLを見てもらえれば、その長さに気付けるはず。

もう一点注目するとしたら、http(s)://の次から1つめの/まで」です。「ドメイン」といいます。

domain-structure

上図のように、「◯◯.△△」という「.(ドット)」を挟んだ構成になっています。僕のこのブログ「みるめも」だと、「milmemo.net」という部分がそれに値しますね。

ここの

  • ◯◯がちゃんと意味の分かる文字列であること
  • △△がなんとなく見覚えのあるものであること(.jpとか.comとか.netとか)

この2点は大きな判断材料になります。ふわっとしてますがここはこれで良いです。

理由が技術的な話になってしまうので割愛しますが、なんとなく「訳の分からなさ」を感じたらちょっと危険アンテナの感度を上げるべきでしょう。

3.サイトのURLはSSL化(http[s])されていますか?

同じくURLの話ですが、ここは別枠としています。

さっきから「http(s)」と「s」をカッコ書きしていますが、この「s」がある状態は通信が安全に保護されていて、誰かに盗み見られたりすることがありません。

https-ssl-secure

この緑色の鍵マーク(Microsoft edgeなどブラウザによっては色がない鍵アイコンもある)が出ていることも同じ意味です。

この状態にすることを「SSL化」と言います。

まともな商業サイトなら、100%に近い確率でSSL化されていると思ってください。色んな背景があるんですが、ちょうど2019年は個人サイトでもSSL化がめちゃくちゃ推進された年でもありました。にも関わらず企業が運営するサイトがSSL化されていないというのは異常と考えてもいいくらいなわけです。

https-ssl-secure-my-milemo

もちろん僕のこのブログ「みるめも」も対応させました。

そのサイトに対する運営者の姿勢を量る指標にもなるので、「新しいサイトを開いたらアドレスバーを見る」という癖はおすすめです。僕も無意識に必ずやってます。

4.やたら実績系の数字が並んでいませんか?

ここからちょっと実践的な内容。

ways-determined-which-dark-site-5

ways-determined-which-dark-site-6

ways-determined-which-dark-site-7

これらを見て、「あー笑」って思った方けっこういません?

悪質サイトではなくても中華・台湾系サイトなどでは特にこの傾向が顕著です。

フリーソフトなんかはほぼこのフォーマットが使われてますね。リアルタイムで増えていく「異常な多さのダウンロード数」とか。

ways-determined-which-dark-site-8

絶対嘘やろ

もちろんこれ自体が悪ではないですし、マーケティングとしては至極真っ当なので判断はやや難しめです。一材料として考えてみてください。

5.出どころ不明なやたらポジティブなクチコミがたくさん並んでいませんか?

さっきののAmazonサクラレビューじゃないですが、ポジトーク(良いこと)ばっかり書いてあるものは不審に思ってかかるべきです。

このご時世、「おいしい話には裏がある」という意識は自分を守るために必須と考えます。

※すみません、ここも良い例がなかった…。

相当しつこく並んでいるのを見たときは、「ちょっと変かも…」と思える感覚が養えるととても良いと思います。でもこれも、「どこまでが変じゃないか」が感覚的に分かるようになるためにはやっぱり経験が必要だろうとも思います…。

もちろん、企業のトップサイトはその宣伝のためにあるので悪いクチコミを掲載していることは稀でしょう(商品ページなら別)。

しかし「その押し付けがましさ」を見抜くことはできるだろうということでした。

6.サービスのメリットと、それに対する対価が容易に確認できますか?

先日の詐欺サイトでも思いましたが、悪意あるサイトはとにかくその場でお金を払わそうとしてくるんです。

緊急性や困りごとを利用してくるわけですが、「本当にそのサービスを使うことにメリットがあって、そのうちのどこにお金を払うのか」は絶対に冷静に確認するべきです。

さらに言うと、その確認が簡単にできるのなら比較的安全と考えて良いです。

が、探そうと思っているのにまともな情報がすぐ見つからない場合は警戒レベルをグッと上げるべきです。つまり見つからないようにしているってことですからね。

これは「解約方法を見つけるのが難しい」というお決まりの事象とも同じ話です。

7.デザインや写真など全体的なUIの雰囲気に違和感はないですか?

最後はその他というか、全体的な雰囲気のおまとめ項目。口で説明するのは難しいので分かりにくいのはご容赦くだされ。

just-answer-is-scam-site-2

使いまわしで恐縮ですが、例のサイトです。※クリックで拡大

この画面、見たときに怪しさを感じましたか?

怪しいと思えた方はたぶん今後も詐欺サイトなどに引っかかる可能性は少ないでしょう。

主に注意するべき点を箇条書きしてみます。

  • 「人」の写真がある場合、日本人ではないアジア人の場合は注意する
  • 画像や写真の画質が悪い、妙にブレている、テキストであるべき場所が画像になっている(※1
  • 「実名」や「リアルタイム性」など、現実感を出そうとする不自然な表現がやたら多い
  • 実績の数字をこの場でも必要以上に出そうとしている(「266名の満足した利用者」や「5名の専門家が待機」など。例によって日本語も不自然)
  • フォントがおかしい、旧字になっていたり中国語の漢字になっていたりするものがある
  • すげえ過剰な良いことばかり書いてある(回答者は専門資格者「のみ」みたいな無駄な強調など)
  • 今回ならチャットツールなど、スクリプトがちゃんと動いていない(※2

にしても、やっぱり説明が難しいですね。「リアルな数字」の件とかは、別にこれだけを考えたら怪しいサイトの要素とは思えないと僕でも思うんだけど、やっぱりなんだかなあ…、絶対不自然なんだよなあ。伝わります…?

補足をちょっとだけ。

※1:よくあるのはサイトロゴがやたら画質が悪いもの。経験則ですが、総じて変なサイトが多いです。あと、会社概要や住所がテキストに見えるような画像扱いになっているものは超要注意です。十中八九変なサイトと思っていいです。

ways-determined-which-dark-site-11

とても分かりにくいですが、これはテキストじゃなくて画像です。拡大して少し文字が滲んでいるのを確かめてみてください。

こういうこと。理由は簡単で、住所などをコピペで簡単にググられて素性がバレないようにしにくくするためです。手打ちして検索するとだいたい存在しない雑居ビルとかが出てくる。笑

※2:僕が常用しているブラウザでは、このジャストアンサーというクソサイトのチャットツールは正常に動作しませんでした。こういう風に、初期状態で何らかの機能がちゃんと動いてないものは疑ってかかった方がいいです。でも今回対象としているような方って、そもそもそういうのを防御できないIEとか使ってるのがほとんどなんだよなあ…(IEだと動いたw)。

また、「特定の環境で開いたときに画像が一切表示されない現象」を見かけたら同じく注意するべきです。

ways-determined-which-dark-site-9

また同じサイトですが、この背景もなんか変だし(たぶん何か表示されているはず?)、チャットツールなんか中身真っ白です。怪しいですよね。

ways-determined-which-dark-site-10

別のサイト。初期状態で表示がおかしいし、何が何だか分からない。こんなところで7,980円も払うわけにはいかないので早々に退散すべきですね。

 

しかし最も注意してもらいたいのは、落ち着いてみると違和感に気付けるが、いざ焦っているときに遭遇した怪しいサイトにはかなり気付きにくいということ。

僕の母も、「後になって見てみたらなんか変だとは思っていた。でもすぐに解決したくて判断が鈍った」と言っていました。おそらくみんな同じことを言うのだとは推測しますが…。

ネットでは自分が何かをするまで何も起きません。どうかみなさん、落ち着いて。
(不思議のダンジョンみたい)

おわりに

この記事が実際にどれだけ役に立つかは僕も “怪しい” と思ってますが、口を動かす前にとにかくこうやって手を動かしてみるのが大事かなとも思ってます。ブログ書くのって動かしてるのは口みたいなもんだけど。

それと、今回みたいに「今まで感覚的にやっていたことを明文化してみる」という作業は楽しかったし、けっこう価値を感じました。「他では絶対に読めない僕オリジナル情報を書く」というこのブログの趣旨とも意外と合っているのかな?

というわけで、またいくつか記事ネタも思いつけたので今回はこれで良しとします!

ご家族などお近くの方にシェアしていただけるという方は↓に並ぶ各ボタンからぜひ。

関連しそうな記事  もうひとついかが?
みるめも

この記事へのコメント  皆様もぜひどうぞ

MENUみるめも
書いている人PROFILEこのブログについてABOUT
とじる