このブログについて

文章を書くのが好きでした。

でした、というのは、そうだったんだけど自覚していなかった、みたいな感じかな。

とあるブログを読んで、「自分の興味ある内容について”良い文章”を読んでいるだけで、それ自体を楽しめる」ということに初めて気が付いた。そして自分がこういう文章を提供できるようになれたらもっと楽しいだろうな、とも思ったという感じなんです。

「ブログというものが、文章というもの自体がひとつのコンテンツとなるんだ」

と意識し始めたのがこのときで、文章の魅力に深い感銘を受けて「自分も発信する側に回りたい」と思ったのが立ち上げのきっかけです。

もともとブログなんか読んだ経験なんてほぼ皆無だし、もちろん有名人のものやネット上の知りもしない人の考えなんかおよそ興味がありませんでした。まあそこは今でもあんまり考えは変わっていないんだけれど…。

そんなとき、さっき言ったとあるブログに突然出会い、「おお」と思った。

「知りもしない誰かの思っていること」を受信したりするメリットを今までは感じられなかったんだけど(ここはブロガーでも重要なテーマですよね)、間違いなく良質なコンテンツを一定量提供している人たちがいる、とようやく気付き、自分にも変化が訪れたわけです。

ここで言っている「彼ら」は、自分の得のために活動しているわけじゃない人だったんだけど、そういう意味では「職業としてのブロガー」というか、アフィリエイターに近い人たちとはちょっと毛色が違うかな。

僕はこのブログではそういうものは目指していません。

もともと人前で話すのが大好き、面接も大好き、プレゼンも大好きみたいな人間なので、とにかく自分の経験や思いを発信する場を創り上げられたことが嬉しいんです。

だからこのブログの趣旨にもあるように、「1万人に1人しか検索しないような内容」みたいな需要のない事柄でもどんどん書いていきたいのです。

とあるツールを紹介するのなら、僕はただ使い方だけを事務的に説明するようなことはしていません。必ず「僕自信が良いと思った点」などに主軸を置いて全力で紹介します。

仮にその情報が多くの人に需要がなかったとしても、1万人に1人のその人が僕を「おもしろいやつだな」って一瞬でも思ってくれたら、僕はもう人生の承認欲求として大満足です。極論は自己満ですが、そんなに嬉しい体験ってそうそうできるものではないでしょう。

 

っていう感じで誕生したのがこのなんでもブログです(それなりにカテゴリはまとめているように見えると思いますけど)。どれか1記事でも誰かの検索に引っかかって読んでもらえたらなと思って書いています。逆に僕の全記事をおもしろがって読んでくれる人がいたらそれは僕とすごく近い人間ということで、だいぶ変な人だろうと思う。

プロフィールページも含め、あまり自分の情報や、ましてや顔写真とかを公開したりはしていないんだけど、ここは色々考えてバランスのいいところを模索しているつもりです。

「すごく興味深い人だな」とか「尊敬できそうな人だな」と思っていた人が、実際に会ってみたり会話をしてみたらひどく残念な印象を持ってしまったという経験、きっと僕だけじゃないはず。

それを防ぐためというと安易というかただ殻にこもっているだけの感じになっちゃうのだけど、「ネット上でなんかおもしろいことを書いている人もいるんだな」って、なんとなくぼやーっと記憶に残ってくれるくらいの方がちょうどいいのかなって思っているから、今はこうしています。

ただ、なにか文章を読んでいるときって、それを書いている人のイメージがより湧きやすい方が中身が頭に入ってくるし、著者像がはっきりしているほど親近感を覚えるというか、斜に構えずリラックスして読めるとは思っているから「キャラクター」みたいのは大切にしたいと思っています。

 

そんなわけで、この文章を読んでいただけたのも何かのご縁だと思いますので、なにか1つでも興味のありそうな記事を読んでいってくだされば跳ねて喜びます。

それでは。

みるめも